Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

2016-02-22-1456137212-103203-.jpg/・・・認知症でも記憶に残り続ける歌 昨年の暮、在宅ケアを受けている認知症の女性患者を訪問したときのことです。その日はインフルエンザの予防接種の日でしたが、彼女は何度も会ったことがある私のことも同行した看護師のことも覚えていませんでした。 「何がなんだかわからない!」 不安と混乱で、普通の会話ができる状態ではありません。注射をする際も「痛い!」と叫び、腕を振り払おうと暴れました。そこで、私は彼女の好きな「浜辺のうた」を歌いました。すると彼女も一緒に歌いはじめ、穏やかな表情で2番の歌詞も続けて歌っていたのが印象的でした。 普段は言葉を見つけるのに苦労する彼女が、落ち着いた様子ですらすら歌えたのはなぜでしょう?思考力は衰えても感情はある 認知症の人は、思考能力は衰えても感情は残っています。自分がどこにいるか、周りの人が誰なのか、何を質問されたのか理解することができないかもしれません。でも、ひとりだから寂しい、知らない人に触られて恐い、話ができないからイライラする、という感情は存在します。

3色のお花を刺繍して立体的なブーケの様に仕上げたブローチです。※在庫がなくなった場合は約8~10日程で制作して発送いたします。お時間いただいてしまって申し訳ございませんがご了承下さい。♦size タテ約4,5cm×ヨコ約3cm×厚み約2cm♦素材 刺繍糸、ビーズ、フェルト、ブローチピンetc…※メッキ加工のアクセサリー作品の場合、金属アレルギーのお客様はご購入をお控えいただきますようお願いいたします。※再販作品の場合、写真と大きさ、形に多少差が出ることがございます。ご理解、ご了承くださいますようお願いいたします。※すべて一点ものの手作り品です。手作りならではの温もりを感じて頂けると嬉しいです。※撮影時の照明やPC環境により多少色が異なって見える場合がございます。※強度に注意し作成していますが、作品によっては無理な力を加えると破損する場合がございますで取り扱いにはご注意下さい。※何かわからない点、ご質問等ございましたらお答えいたしますので、メッセージをお寄せ下さい。

◎抱っこ紐よだれパッド◎ *Wガーゼと4重ガーゼを使用したふんわり、かつ吸収力たっぷりのよだれパッドです *よだれパッドとして使わなくなったら、シートベルトの肩パッドとしても使えるので便利です *お洗濯を重ねるたびに、柔らかさが増してきます♪ *リバーシブルなのでその日の気分で一枚をアレンジできます *素材* 表:Wガーゼ(ブルーきりん) 中:4重ガーゼ 裏:Wガーゼ(ブルー花柄) ボタン:金属アレルギーのお子様にも安全なプラスナップを使用しています *サイズ* 20×22cm ★エルゴの抱っこ紐に合わせていますが、その他の抱っこ紐にもご利用できます ◎ガーゼハンカチ◎ *素材* 表:Wガーゼ(ブルーきりん) 中:Wガーゼ 裏:Wガーゼ(ブルー花柄) *サイズ* 20×20cm ★柔らかいWガーゼを3枚使っているので、 洗えば洗うほど気持ちよくなります。 ★お子さんが使うのに丁度良い大きさです。 ☆自己流ですので、ズレや歪みなど至らない点も多々あるとは思いますが、ご了承ください。…

<五輪体操>男子団体は日本が金 アテネ以来3大会ぶり

pin 1

asuka(@asuka_250)さん | Twitter//・・いちご@DLR ‏@dsnyshe 11時間11時間前 ダウン症の女の子がパレード直前の通りで寝転んじゃってキャストの方止めに行ったのかなって思いきや、一緒に寝転んで何が見える?ってはじめてちょっとほっこりしました☺️女の子すごく楽しそうだった。

「路上」に出て、人の生き様と向き合い、写真を撮るということ。/////臍帯血の注射の後、一度だけ意識を取り戻したらしいが、その時、俺は病院に居なかった。 集中治療室にいる彼の身体に付いた心電図などの各種センサーが、彼の命が徐々に消えていくのを知らせ、彼の母親が最後の挨拶に来た。年老いた母親が別れを告げ病室を出ると強心剤などの投薬を止めてもらった。彼の恋人がすでに冷たくなり浮腫んだ手を握りしめている。 彼女の眼に涙が溜まり、それが頬を伝い、マスクを濡らす。80ミリのレンズを付けたハッセルブラッドでピントの合う最短距離まで寄って、フィルムが無くなるまでバシャッ、バシャッとシャッターを切った。 家に帰り、現像したフィルムを見た時に、俺は報道写真を本気でやらなくてはいけないと思ったのを覚えている。

Lifeanimated

pin 1

わたしと小鳥と鈴と わたしが両手を広げても お空はちっとも飛べないが 飛べる小鳥はわたしのように 地べたを早くは走れない わたしが体をゆすっても きれいな音は出ないけれど あの鳴る鈴はわたしのように たくさんな歌は知らないよ 鈴と小鳥と それからわたし みんな違って みんないい

Kayama