Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
佳子さま、ティアラ姿で初めて「新年祝賀の儀」に出席【画像】

佳子さま、ティアラ姿で初めて「新年祝賀の儀」に出席【画像】

【送料無料】「英国王室からの輝き」カリナンIIガーネット×ローズカットダイヤペンダントトップ(チェーン無し)【smtb-m】

【送料無料】 「英国王室からの輝き」カリナンiiガーネット×ローズカットダイヤペンダントトップ(チェーン無し)|ベーネ・ベーネ

【送料無料】「英国王室からの輝き」カリナンIIガーネット×ローズカットダイヤペンダントトップ(チェーン無し)【smtb-m】

Léopold Van Strydonckは、1879年〜1884年の間に、ブリュッセルの王立美術アカデミーにて、 Alexandre Robert, Jan Baes, Joseph van Severdonck の元でデザインを学び、ブリュッセルで初めての ジュエリーブティックを開いています。 彼がジュエリーをデザインし、制作は有名なアトリエのWolfersの職人が担当しました。 少しづつ、彼の評判は広まり、アールヌーヴォー期においてもっとも有名なジュエラーの一人となり、 王室へのジュエリーも作るようになります。美しい宝石や天然真珠がメインのジュエリーも美しいですが、このような高価な宝石を使っていない芸術性の高い作品にも勿論心を打つ美しさがあります。 税込価格 8,100€ = 1,094,000円

Léopold Van Strydonckは、1879年〜1884年の間に、ブリュッセルの王立美術アカデミーにて、 Alexandre Robert, Jan Baes, Joseph van Severdonck の元でデザインを学び、ブリュッセルで初めての ジュエリーブティックを開いています。 彼がジュエリーをデザインし、制作は有名なアトリエのWolfersの職人が担当しました。 少しづつ、彼の評判は広まり、アールヌーヴォー期においてもっとも有名なジュエラーの一人となり、 王室へのジュエリーも作るようになります。美しい宝石や天然真珠がメインのジュエリーも美しいですが、このような高価な宝石を使っていない芸術性の高い作品にも勿論心を打つ美しさがあります。 税込価格 8,100€ = 1,094,000円

私がこのブログで作った最初の地位の一人は、コーンウォールの青緑色のデミ-装身具一揃いの公爵夫人の上にいました。当時、私は英国王室の他の青緑色の装身具一揃いにカバーすると約束しました – マーガレット王女のものとグロスターのターコイズの公爵夫人は、固まります。それで、今日、それはペルシャの装身具一揃いのターンです。彼女がただの赤ちゃんであったとき、青緑色の宝石のマーガレット王女収集は始まりました。小さいヨーク妃殿下は、ターコイズと真珠のビーズの列を与えられました – 彼女の姉妹の珊瑚と真珠のビーズへの姉妹篇。彼女の母が彼女に青緑色の宝石の素晴らしい装身具一揃いを与えたときマーガレットが成年に達したとき、彼女のコレクションに最も重要な追加は起こりました、彼女の21回目の誕生日に。最初の装身具一揃いは、ティアラ、ネックレス、マッチするペンダント・イヤリング、大きなスクエアなブローチといくつかの髪部分から成りました。

私がこのブログで作った最初の地位の一人は、コーンウォールの青緑色のデミ-装身具一揃いの公爵夫人の上にいました。当時、私は英国王室の他の青緑色の装身具一揃いにカバーすると約束しました – マーガレット王女のものとグロスターのターコイズの公爵夫人は、固まります。それで、今日、それはペルシャの装身具一揃いのターンです。彼女がただの赤ちゃんであったとき、青緑色の宝石のマーガレット王女収集は始まりました。小さいヨーク妃殿下は、ターコイズと真珠のビーズの列を与えられました – 彼女の姉妹の珊瑚と真珠のビーズへの姉妹篇。彼女の母が彼女に青緑色の宝石の素晴らしい装身具一揃いを与えたときマーガレットが成年に達したとき、彼女のコレクションに最も重要な追加は起こりました、彼女の21回目の誕生日に。最初の装身具一揃いは、ティアラ、ネックレス、マッチするペンダント・イヤリング、大きなスクエアなブローチといくつかの髪部分から成りました。

猫目のように光る不思議な宝石『クリソベルキャッツアイ』。 英国王室では長い間、結婚指輪として愛用されています。 (=^・^=) ウレルでは『クリソベルキャッツアイ』を高価買取! https://ureruyo.com/ho…/nobrand-jewelry/chrysoberyl-catseye/ ☆・。 。・゜☆ライン査定もやってます☆・。 。・゜☆ 不安な時は簡単&便利なラインで楽々査定♪ コチラから⇩ https://ureruyo.com/kaitori/line/ ☆ウレル 大宮店☆ *近隣に駐車場あります! 営業時間 10:00~19:00(定休日なし) 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-5-4F ☆お問い合わせは安心のフリーダイヤル☆ 0120-605-423

猫目のように光る不思議な宝石『クリソベルキャッツアイ』。 英国王室では長い間、結婚指輪として愛用されています。 (=^・^=) ウレルでは『クリソベルキャッツアイ』を高価買取! https://ureruyo.com/ho…/nobrand-jewelry/chrysoberyl-catseye/ ☆・。 。・゜☆ライン査定もやってます☆・。 。・゜☆ 不安な時は簡単&便利なラインで楽々査定♪ コチラから⇩ https://ureruyo.com/kaitori/line/ ☆ウレル 大宮店☆ *近隣に駐車場あります! 営業時間 10:00~19:00(定休日なし) 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-5-4F ☆お問い合わせは安心のフリーダイヤル☆ 0120-605-423

日本語ではマジョルカ島やマリョルカ島とも書かれることがある「マヨルカ島(Mallorca)」。一度は聞いたことがある島ではないでしょうか?マヨルカ島は「ヨーロッパのハワイ」とも言われ、メノルカ島、イビサ島、フォルメンテーラ島…バレアス諸島の中で一番大きい島なんです。年間300日が晴天という温暖な気候で、古くから「地中海の宝石」とも呼ばれています。ヨーロッパ…特にドイツ・イギリス観光客が多い、人気のビーチリゾート。スペイン王室の夏の避暑地としても有名なマヨルカ島の魅力をご案内します♪

スペイン「マヨルカ島」で過ごす、大人の地中海リゾートのススメ

日本語ではマジョルカ島やマリョルカ島とも書かれることがある「マヨルカ島(Mallorca)」。一度は聞いたことがある島ではないでしょうか?マヨルカ島は「ヨーロッパのハワイ」とも言われ、メノルカ島、イビサ島、フォルメンテーラ島…バレアス諸島の中で一番大きい島なんです。年間300日が晴天という温暖な気候で、古くから「地中海の宝石」とも呼ばれています。ヨーロッパ…特にドイツ・イギリス観光客が多い、人気のビーチリゾート。スペイン王室の夏の避暑地としても有名なマヨルカ島の魅力をご案内します♪

「クラウス・ポルト」のラグジュアリーソープは、香りの宝石としてポルトガルの王室に愛され、数々の国際的博覧会で金賞に輝きました。他にはないラグジュアリーな香りと目を引くデザインは、まさに「香りの宝石」の呼び名にふさわしい逸品です。 世界で愛される「クラウス・ポルト」のラグジュアリーソープで、華やかな香りに包まれましょう♪

「クラウス・ポルト」のラグジュアリーソープは、香りの宝石としてポルトガルの王室に愛され、数々の国際的博覧会で金賞に輝きました。他にはないラグジュアリーな香りと目を引くデザインは、まさに「香りの宝石」の呼び名にふさわしい逸品です。 世界で愛される「クラウス・ポルト」のラグジュアリーソープで、華やかな香りに包まれましょう♪

佳子さま、伊勢神宮参拝は白のロングドレス姿【画像】

佳子さま、伊勢神宮参拝は白のロングドレス姿【画像】

佳子さま, Princess Kako

佳子さま, Princess Kako

Crown Princess Marie-Chantal and Crown Prince Pavlos at the christening of Prince Odysseas Kimon

Crown Princess Marie-Chantal and Crown Prince Pavlos at the christening of Prince Odysseas Kimon

Japanese Princess Kiko

Japanese Princess Kiko

佳子さま、ティアラ姿で初めて「新年祝賀の儀」に出席【画像】 JAPAN-ROYALS-KAKO Japan's Princess Kako, the second daughter of Prince Akishino and Princess Kiko, in full dress leaves the Imperial Palace in Tokyo after meeting with the emperor and empress on December 29, 2014. Kako, a granddaughter of Emperor Akihito and Empress Michiko, celebrated her 20th birthday on December 29. AFP PHOTO / Toru YAMANAKA (Photo credit should read TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images)

佳子さま、ティアラ姿で初めて「新年祝賀の儀」に出席【画像】 JAPAN-ROYALS-KAKO Japan's Princess Kako, the second daughter of Prince Akishino and Princess Kiko, in full dress leaves the Imperial Palace in Tokyo after meeting with the emperor and empress on December 29, 2014. Kako, a granddaughter of Emperor Akihito and Empress Michiko, celebrated her 20th birthday on December 29. AFP PHOTO / Toru YAMANAKA (Photo credit should read TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images)

A sweet Japanese royal -- Princess Mako Akishino.

A sweet Japanese royal -- Princess Mako Akishino.

Princess Nagako was born in Tokyo, Japan. She was the daughter of Chikako (1879–1956) and Kuniyoshi, Prince Kuni (1873–1929).

Princess Nagako was born in Tokyo, Japan. She was the daughter of Chikako (1879–1956) and Kuniyoshi, Prince Kuni (1873–1929).

Their Imperial Majesties Emperor and Empress of Japan. His Imperial Highness the Crown Prince and   Her Imperial Highness the Crown Princess. 1993.

Their Imperial Majesties Emperor and Empress of Japan. His Imperial Highness the Crown Prince and Her Imperial Highness the Crown Princess. 1993.

Princess Noriko of Japan and Kunimaro Serge prepare for their wedding ceremony

Princess Noriko of Japan and Kunimaro Serge prepare for their wedding ceremony