Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

玄関 結界

山陽新幹線・新山口駅や山口宇部空港より車で1時間ほど。長門湯本温泉はJR美弥線に沿って流れる音信川の山間部に位置しています。 伝説に彩られた湯の町は、街のシンボルである公衆浴場「恩湯(おんとう)」の風情も加わり、懐かしさが漂います。   温泉街を音信川に沿って上流に抜けると国道316号線と合流するあたりで、それまでの風情と異なる大きな温泉宿「大谷山荘(以下:本館)」が見えてきます。 中国地方、九州北部では著名な温泉宿ですが、今回はその左翼側に佇む「別邸 音信(以下:別邸)」をご紹介しましょう。 本館もハイクラスな宿として知られていますが、別邸はエクスクルーシブとも言える、さらなる高みを目指した宿として2014年にオープンしました。   欅や黒御影などが美しく調和したエントランスから玄関を抜けると、日本寺院とも、バリニーズテイストのリゾートホテルとも思える不思議な空間が現れます。 大きな水盤をコの字型に囲む回廊を儀式のようにぐるりと渡りロビーへ至ると、ここが日常と非日常の結界となっているのだと解ります。  …

1

山陽新幹線・新山口駅や山口宇部空港より車で1時間ほど。長門湯本温泉はJR美弥線に沿って流れる音信川の山間部に位置しています。 伝説に彩られた湯の町は、街のシンボルである公衆浴場「恩湯(おんとう)」の風情も加わり、懐かしさが漂います。   温泉街を音信川に沿って上流に抜けると国道316号線と合流するあたりで、それまでの風情と異なる大きな温泉宿「大谷山荘(以下:本館)」が見えてきます。 中国地方、九州北部では著名な温泉宿ですが、今回はその左翼側に佇む「別邸 音信(以下:別邸)」をご紹介しましょう。 本館もハイクラスな宿として知られていますが、別邸はエクスクルーシブとも言える、さらなる高みを目指した宿として2014年にオープンしました。   欅や黒御影などが美しく調和したエントランスから玄関を抜けると、日本寺院とも、バリニーズテイストのリゾートホテルとも思える不思議な空間が現れます。 大きな水盤をコの字型に囲む回廊を儀式のようにぐるりと渡りロビーへ至ると、ここが日常と非日常の結界となっているのだと解ります。  …

山陽新幹線・新山口駅や山口宇部空港より車で1時間ほど。長門湯本温泉はJR美弥線に沿って流れる音信川の山間部に位置しています。 伝説に彩られた湯の町は、街のシンボルである公衆浴場「恩湯(おんとう)」の風情も加わり、懐かしさが漂います。   温泉街を音信川に沿って上流に抜けると国道316号線と合流するあたりで、それまでの風情と異なる大きな温泉宿「大谷山荘(以下:本館)」が見えてきます。 中国地方、九州北部では著名な温泉宿ですが、今回はその左翼側に佇む「別邸 音信(以下:別邸)」をご紹介しましょう。 本館もハイクラスな宿として知られていますが、別邸はエクスクルーシブとも言える、さらなる高みを目指した宿として2014年にオープンしました。   欅や黒御影などが美しく調和したエントランスから玄関を抜けると、日本寺院とも、バリニーズテイストのリゾートホテルとも思える不思議な空間が現れます。 大きな水盤をコの字型に囲む回廊を儀式のようにぐるりと渡りロビーへ至ると、ここが日常と非日常の結界となっているのだと解ります。  …

結界 - フォト蔵は簡単に写真を投稿・共有できる無料のフォトアルバムサービスです。スマートフォンやデジタルカメラで撮った写真をみんなに見てもらったり、友達や家族でお互いの写真を見せあったりすることができます。

1

Instagram media by chen.weichueh - ⛩⛩A torii is a traditional Japanese gate most commonly found at the entrance of or with in a Shinto shrine. #torii#tranditional#japanese#gate#鳥居#とりい #神社#神域#人間#結界 #入口 #門#⛩ #伝統的な#shinto #shrine #japan #日本 #日本の文化 #japaneseculture#tokyo #東京 #高尾山薬王院 #薬王院

つくばい(蹲踞、蹲)とは日本庭園の添景物の一つで露地(茶庭)に設置される。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの。手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がある。元は茶道の習わしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが始まりである。茶事を行うための茶室という特別な空間に向かうための結界としても作用する。

15
3

山陽新幹線・新山口駅や山口宇部空港より車で1時間ほど。長門湯本温泉はJR美弥線に沿って流れる音信川の山間部に位置しています。 伝説に彩られた湯の町は、街のシンボルである公衆浴場「恩湯(おんとう)」の風情も加わり、懐かしさが漂います。   温泉街を音信川に沿って上流に抜けると国道316号線と合流するあたりで、それまでの風情と異なる大きな温泉宿「大谷山荘(以下:本館)」が見えてきます。 中国地方、九州北部では著名な温泉宿ですが、今回はその左翼側に佇む「別邸 音信(以下:別邸)」をご紹介しましょう。 本館もハイクラスな宿として知られていますが、別邸はエクスクルーシブとも言える、さらなる高みを目指した宿として2014年にオープンしました。   欅や黒御影などが美しく調和したエントランスから玄関を抜けると、日本寺院とも、バリニーズテイストのリゾートホテルとも思える不思議な空間が現れます。 大きな水盤をコの字型に囲む回廊を儀式のようにぐるりと渡りロビーへ至ると、ここが日常と非日常の結界となっているのだと解ります。  …