私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

DDN は音楽・映像に関する デジタルアートを中心に情報ミックスを配信中

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景 | DDN JAPAN

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景 | DDN JAPAN

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

あったかギャラリー What we value comes from what we attune to. Now, more than ever, we must awaken our sensitivity to the world. As we ponder, our attention should always be on the humane in humanity.今、我々が取りもどす必要があるもの、それは言葉や価値感の母胎である「感性」です。

19世紀の米国人画家 ロバート・フレデリック・ブラム (Robert Frederick Blum) は、1876年「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱いた。14年後の1890年、上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後3年間に渡って、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本の景色を描き続けることになる。

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

19世紀の米国人画家 ロバート・フレデリック・ブラム (Robert Frederick Blum) は、1876年「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱いた。14年後の1890年、上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後3年間に渡って、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本の景色を描き続けることになる。

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

【タイムスリップ】幕末から明治へ「1800年代末の日本」の臨場感あふれる写真たち

DDN は音楽・映像に関する デジタルアートを中心に情報ミックスを配信中

Robert-Frederick-Blum-02a.jpg

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

Robert-Frederick-Blum-02a.jpg

そば猪口・菊花散らし縦縞文・植山昌昭

そば猪口・菊花散らし縦縞文・植山昌昭

【1863年頃】明治時代の日本の写真が英メール紙で紹介される。→海外の反応www - 世界翻訳工場-海外の反応!

【1863年頃】明治時代の日本の写真が英メール紙で紹介される。→海外の反応www - 世界翻訳工場-海外の反応!

保温機能も無ければ、電気炊飯器もない時代。羽釜で炊き上がったご飯は、おひつへと移し替えるのが当然だった。お風呂のすのこ、まな板、そしておひつ。水周りの生活にまつわる道具の多くに、サワラや檜といった木の物が使われているのには理由があるのだ。木は加工されてからも生きており、常に呼吸しながら適度な水分調整をしてくれる。おひつに関して言えば、暖かいご飯を入れて蓋をかぶせれば、余分な水分を吸収し、ご飯が冷めてくると今度はご飯が硬くならないように水分を補ってくれる。まるでご飯の気持ちが解るかのようなおひつこそは、炊いたあとのご飯の強い味方なのだ。 問い合わせ先/志水木材産業http://shimizumokuzai.jp

【ELLE gourmet】「木曽椹(きそさわら)」の「江戸びつ」|エル・オンライン

保温機能も無ければ、電気炊飯器もない時代。羽釜で炊き上がったご飯は、おひつへと移し替えるのが当然だった。お風呂のすのこ、まな板、そしておひつ。水周りの生活にまつわる道具の多くに、サワラや檜といった木の物が使われているのには理由があるのだ。木は加工されてからも生きており、常に呼吸しながら適度な水分調整をしてくれる。おひつに関して言えば、暖かいご飯を入れて蓋をかぶせれば、余分な水分を吸収し、ご飯が冷めてくると今度はご飯が硬くならないように水分を補ってくれる。まるでご飯の気持ちが解るかのようなおひつこそは、炊いたあとのご飯の強い味方なのだ。 問い合わせ先/志水木材産業http://shimizumokuzai.jp

Pinterest
検索