くくる(CUCURU)  唐織桃山麗鳥図

【ELLE】ウエディングドレス・着物|エル・オンライン

くくる(CUCURU) 唐織桃山麗鳥図

ハツコ エンドウ ウェディングス(Hatsuko Endo Weddings) 銀座店 朝露が降りたみずみずしい芝草のようすを文様化した露芝。

【ELLE】ウエディングドレス・着物|エル・オンライン

ハツコ エンドウ ウェディングス(Hatsuko Endo Weddings) 銀座店 朝露が降りたみずみずしい芝草のようすを文様化した露芝。

【河合美術織物】特選西陣袋帯「桃山松梅文」金地正絹袋帯名門河合のフォーマル袋帯

【河合美術織物】 特選西陣袋帯 「桃山松梅文」 金地 正絹袋帯 名門河合のフォーマル袋帯|きもの 和<なごみ>

【河合美術織物】特選西陣袋帯「桃山松梅文」金地正絹袋帯名門河合のフォーマル袋帯

絵唐津丸十文茶碗 - 出光コレクション - 出光美術館 桃山時代 ゆったりとして、大らかな茶碗である。腰に丸みをもちながら立ち上がり、口縁はやや外反している。灰青色を帯びた釉が腰まで包み、腰から高台にかけては、赤褐色に焼けた素地をみせる。胴には、太く粗い筆致で、円の中に十を描く。文様の部分は釉が剥がれ落ち、虫喰いとなっている。出光佐三は本作を、その文様から「丸十の茶碗」と呼んで鍾愛した。出光美術館の古唐津コレクションは、この一碗と佐三との出逢いから始まる。

絵唐津丸十文茶碗 - 出光コレクション - 出光美術館 桃山時代 ゆったりとして、大らかな茶碗である。腰に丸みをもちながら立ち上がり、口縁はやや外反している。灰青色を帯びた釉が腰まで包み、腰から高台にかけては、赤褐色に焼けた素地をみせる。胴には、太く粗い筆致で、円の中に十を描く。文様の部分は釉が剥がれ落ち、虫喰いとなっている。出光佐三は本作を、その文様から「丸十の茶碗」と呼んで鍾愛した。出光美術館の古唐津コレクションは、この一碗と佐三との出逢いから始まる。

Japanese washcloth, Tenugui 手ぬぐい 桃 Peachs

Japanese washcloth, Tenugui 手ぬぐい 桃 Peachs

織部沓形茶碗 桃山時代(17世紀) 口径12.4 高6.4 池田コレクション 七尾市美術館

織部沓形茶碗 桃山時代(17世紀) 口径12.4 高6.4 池田コレクション 七尾市美術館

CUCURU  唐織桃山麗鳥図

【ELLE】ウエディングドレス・着物|エル・オンライン

CUCURU 唐織桃山麗鳥図

TESSAI-TOMIOKA IDEMITU museum-TOKYO 出光美術館(東京・丸の内)

TESSAI-TOMIOKA IDEMITU museum-TOKYO 出光美術館(東京・丸の内)

2012年2月7日(火) 普段着の花。人をほっとさせます。 花=木瓜(ボケ) 器=伊賀匣鉢(桃山時代)

2012年2月7日(火) 普段着の花。人をほっとさせます。 花=木瓜(ボケ) 器=伊賀匣鉢(桃山時代)

俵屋宗達作:国宝「風神雷神屏風図」(1624)「風神雷神屏風図」の原本、桃山時代から江戸末期まで250余年続く「琳派」の象徴とも云える絵図(京都建仁寺蔵)

俵屋宗達作:国宝「風神雷神屏風図」(1624)「風神雷神屏風図」の原本、桃山時代から江戸末期まで250余年続く「琳派」の象徴とも云える絵図(京都建仁寺蔵)

Pinterest
検索