Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

英語の文字・綴り・発音のしくみ

そうそう、ここが難しいんだよね! 英語を習う上で物凄く共感できるプリント広告 英語の需要がますます高まっている日本。 世界で一番広く話されている英語ですが、英語の習得に四苦八苦している非英語圏は、日本だけではないようです。 本日ご紹介するのは、ドイツの英会話学校のプリント広告です。 大量の豚がひしめくビジュアル。彼らが群がるその中心にあるのは「S」の文字。なぜ「S」なのでしょうか?タグラインを見るとその謎が解けます。 We take care of your [th]-problem. (私たちは、あなたの[th]の発音について、きちんとケアします) どうやら、「S」と「Th」の区別と発音が苦手なのは日本人だけでなく、万国共通のようです。 ここまでくるとだんだん「S」が気の毒になってしまいますが、ここは「Th」の発音を覚えるため、心を鬼にしなければなりません。 共感を得るための広告としてはとてもよい切り口。

男性 フードコート スタイル|おじゃマガジン-20代〜30代女性に人気のアイテム勢揃い-OJAMAGA

1

土曜1時半からの小1クラスです!授業の初めに白紙にアルファベットを書いていきました。覚え始めは線のあるノートではなく、書くことが楽しいと思えるようにわざと白紙を使っています。それぞれ思い思いの大きさで、真剣に文字を書いていました。曲に合わせてフォニックス(この日は母音)も練習しました!歌いながら上手に発音をマネしていました!

水曜日4時半からの年少さんクラス❗️食べ物や飲み物の名前を練習したり、Have some chicken. Thank you. It's yummy. などのセンテンスで会話練習しました!上手に先生の真似をしながら大きな声で発音できました!最後は文字を見ながらのフォニックスをしました。年齢が小さいながら頑張って取り組んでいる様子がとても可愛いかったです!

キンダーの宿題大公開〜♪ ハワイの公立小学校のほとんどはキンダーガーテンから始まります。 日本でいう年長さんの年齢の子供達が通います。 日本の幼稚園でもひらがなを教えてくれる幼稚園も多いと思いますが、 こちらのキンダーでも、毎日アルファベット1文字ずつの宿題が出ます。 大文字小文字を書く練習と、 そのアルファベットが頭につく単語の絵とスペルを書かせるというものです。 今日のアルファベットは「R」 英語がまだあまり分からない5歳の娘ですが「Rainbow」はすぐに思いついたようです。 さすがハワイっ子。笑 ・・・そして発音がこれまたネイティブ並み!!いつの間に・・・。 いやー、子供は本当に早いね・・・。 ::Mama A::

““■ 重要なのは15秒待つこと 誰かに読み上げてもらった単語を、15秒間待ってから、復唱する ● 4つの基本技 1. delayed repetition 聞く→言う  時間差復唱 耳で聞いた情報(たとえば単語や文)を、15秒待ってから、復唱する。 2. delayed dictation 聞く→書く  時間差ディクテーション 耳で聞いた情報(たとえば単語や文)を、すぐに書き留めるのでなく、15秒待ってから、書き出す。 3. delayed copying 読む→書く  遅延写経 読んだ情報(たとえば文字や単語や文や数式など)を、すぐに書き写すのでなく、15秒間待ってから、何も見ずに書き出す。 4. Read & look-up 読む→言う  時間差音読 読んだ情報(たとえば文字や単語や文や数式など)を、すぐに発音/発声するのでなく、15秒間待ってから、何も見ずに唱える。 ポイント ・覚えたい情報を発声しながら読む ・15秒間待つ ・何も見ずに発声しながら書き出す””

2

astromonster:発音ガイド文字が異なるようにそれらを表示ものの「ヒョウ」男、漫画カバー、P.プロダクションはい、「ヒョウ」と「ジャガー」のための漢字は同じです。

ヴィレッジヴァンガードダイナー横浜店でぐでたまカフェやるんだわ…Vの発音はしたくちびるをかむっぽい…

2