053         拾遺・巻十四  Shui(waka)-shu, vol.14     恋  love        入道摂政(兼家のこと)まがりたりけるに門(かど)をおそくあけければたちわづらひぬといひて入りて侍(はべり)ければ──右大将道綱母...

053 拾遺・巻十四 Shui(waka)-shu, vol.14 恋 love 入道摂政(兼家のこと)まがりたりけるに門(かど)をおそくあけければたちわづらひぬといひて入りて侍(はべり)ければ──右大将道綱母...

▼858 藤原良房 摂政就任(清和天皇) ◎ばんごはん 良房食べて 摂政に

▼858 藤原良房 摂政就任(清和天皇) ◎ばんごはん 良房食べて 摂政に

高村光雲作で、№52「聖徳太子像(摂政像) 法隆寺/祈りとかたち展 - トーキング・マイノリティ

高村光雲作で、№52「聖徳太子像(摂政像) 法隆寺/祈りとかたち展 - トーキング・マイノリティ

91.きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む 	きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ 	Kirigirisu nakuyashimoyono samushironi koromokatashiki hitorikamonen 	後京極摂政前太政大臣 ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん 	Gokyougokusessyou sakino dajyoudaijin

91.きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ Kirigirisu nakuyashimoyono samushironi koromokatashiki hitorikamonen 後京極摂政前太政大臣 ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん Gokyougokusessyou sakino dajyoudaijin

東福寺の三門です。東福寺は西暦1255年に摂政九条道家が造営した当時京都最大の仏教寺院です。

東福寺の三門です。東福寺は西暦1255年に摂政九条道家が造営した当時京都最大の仏教寺院です。

平清盛ダイジェスト 第32回「百日の太政大臣」 今から900年前、貴族政治が行き詰まり、混迷を極めた平安末期、武士として初めて日本の覇者へと登りつめた男、平清盛の物語。    第32回「百日の太政大臣」  仁安元年、清盛(松山ケンイチ)は武士として初めて大納言にのぼった。前代未聞の出世に、貴族たちは反発するが、摂政・基実(忠通の子:上杉蝉之介)をうしろだてとした清­盛の勢いはとまらない。後白河(松田翔太)はそんな清盛の動きをけん制する。一方、伊豆の頼朝(岡田将生)は、豪族・伊東祐親(峰竜太)の娘、八重姫(福田沙紀)と恋仲に­なっていた。祐親は、大番役で京の清盛のもとに仕えており、その留守の間のことだった。そんな時、八重姫が頼朝の子を宿していることがわかる。頼朝は命にかえても八重姫と­その子を守り抜くことを誓うが、それは更なる悲劇の始まりであった。京では清盛がさらに内大臣に就任、清盛はさらなる高みにのぼろうと、五節の会にて舞姫の舞を献上するこ­とを思いつく。そして五節の会の当日、貴族のいやがらせで返された舞姫の代わりに、清盛と後白河上皇の前に現れたのは、乙前(松田聖子)だった。

平清盛ダイジェスト 第32回「百日の太政大臣」 今から900年前、貴族政治が行き詰まり、混迷を極めた平安末期、武士として初めて日本の覇者へと登りつめた男、平清盛の物語。 第32回「百日の太政大臣」 仁安元年、清盛(松山ケンイチ)は武士として初めて大納言にのぼった。前代未聞の出世に、貴族たちは反発するが、摂政・基実(忠通の子:上杉蝉之介)をうしろだてとした清­盛の勢いはとまらない。後白河(松田翔太)はそんな清盛の動きをけん制する。一方、伊豆の頼朝(岡田将生)は、豪族・伊東祐親(峰竜太)の娘、八重姫(福田沙紀)と恋仲に­なっていた。祐親は、大番役で京の清盛のもとに仕えており、その留守の間のことだった。そんな時、八重姫が頼朝の子を宿していることがわかる。頼朝は命にかえても八重姫と­その子を守り抜くことを誓うが、それは更なる悲劇の始まりであった。京では清盛がさらに内大臣に就任、清盛はさらなる高みにのぼろうと、五節の会にて舞姫の舞を献上するこ­とを思いつく。そして五節の会の当日、貴族のいやがらせで返された舞姫の代わりに、清盛と後白河上皇の前に現れたのは、乙前(松田聖子)だった。

昭和天皇 - Wikipedia

昭和天皇 - Wikipedia

②そしてしばらくして息子に摂政(せっしょう)をゆずり、自分は後見人として力を保ちます。天皇が成人すると、息子は「関白(かんぱく)」となって天皇を補佐(ほさ)し続けます。自分の一族を重要な役職につけることで大きな権力をにぎったのです。摂政と関白が天皇に代わって政治をするこのしくみを、「摂関(せっかん)政治」といいます。天皇との結び付きを強くして、自分に権力を集中させた道長。かれには、だれもさからうことができないほどの大きな権力が集まりました。 「この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば」。この歌は、「この世は私のものと思える。なぜなら、私の力は満月のようにまったく欠けたところがないのだから」という意味です。実はこの歌、帝(みかど)、つまり天皇に娘(むすめ)をとつがせたときのお祝いの席で道長がよんだ歌です。この結婚(けっこん)でさらに大きな権力をにぎった道長は、自分の最高の気持ちをこの歌に表したのです。

②そしてしばらくして息子に摂政(せっしょう)をゆずり、自分は後見人として力を保ちます。天皇が成人すると、息子は「関白(かんぱく)」となって天皇を補佐(ほさ)し続けます。自分の一族を重要な役職につけることで大きな権力をにぎったのです。摂政と関白が天皇に代わって政治をするこのしくみを、「摂関(せっかん)政治」といいます。天皇との結び付きを強くして、自分に権力を集中させた道長。かれには、だれもさからうことができないほどの大きな権力が集まりました。 「この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば」。この歌は、「この世は私のものと思える。なぜなら、私の力は満月のようにまったく欠けたところがないのだから」という意味です。実はこの歌、帝(みかど)、つまり天皇に娘(むすめ)をとつがせたときのお祝いの席で道長がよんだ歌です。この結婚(けっこん)でさらに大きな権力をにぎった道長は、自分の最高の気持ちをこの歌に表したのです。

Murasaki Shikibu Nikki Emaki

Murasaki Shikibu Nikki Emaki

昭和天皇

昭和天皇

Pinterest
検索