Maitraya, Koryu-ji temple, National Treasure of Japan 広隆寺弥勒菩薩半跏像左半面相 国宝

Maitraya, Koryu-ji temple, National Treasure of Japan 広隆寺弥勒菩薩半跏像左半面相 国宝

常楽寺の少し手前辺りから三条通は北西から西の方向を転じ、道沿いに進むと程なく、広隆寺の南大門(楼門)側面が見えて来ます。南大門の右前に「太秦広隆寺」と太く陰刻した寺号標石が建てられています。写真には撮れなかったのですが、この大きな石柱の台座は塔礎石が利用されているそうです。

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 - 遊心六中記 その2

常楽寺の少し手前辺りから三条通は北西から西の方向を転じ、道沿いに進むと程なく、広隆寺の南大門(楼門)側面が見えて来ます。南大門の右前に「太秦広隆寺」と太く陰刻した寺号標石が建てられています。写真には撮れなかったのですが、この大きな石柱の台座は塔礎石が利用されているそうです。

弥勒菩薩半跏坐像-mirokubosatuhankazazou- (maitreya) It is bodhisattva Maitreya who contemplates. The expression of a sad look is  be called "泣き弥勒(Crying Miroku)."  広隆寺(kouryuuji)

弥勒菩薩半跏坐像-mirokubosatuhankazazou- (maitreya) It is bodhisattva Maitreya who contemplates. The expression of a sad look is be called "泣き弥勒(Crying Miroku)." 広隆寺(kouryuuji)

広隆寺新霊宝殿入り口

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 - 遊心六中記 その2

広隆寺新霊宝殿入り口

広隆寺の「泣き弥勒」

広隆寺の「泣き弥勒」

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 | 遊心六中記 その2 - 楽天ブログ

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 - 遊心六中記 その2

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 | 遊心六中記 その2 - 楽天ブログ

嵐電に乗って国宝第一号を...太秦広隆寺とご朱印|愛するご朱印とスターバックス

嵐電に乗って国宝第一号を...太秦広隆寺とご朱印|愛するご朱印とスターバックス

この建物に、広隆寺が所蔵される仏像の大半が収蔵されていて、ここ一箇所で国宝・重要文化財の指定を受けた諸仏像の大半を参拝し、拝見できます。  リーフレットの記載から仏像だけカウントしますと、国宝7件、重要文化財31件になります。  弥勒菩薩半跏思惟像が建物の奥側中央に安置され、四方の壁面前に、大小様々な諸仏が安置されています

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 - 遊心六中記 その2

この建物に、広隆寺が所蔵される仏像の大半が収蔵されていて、ここ一箇所で国宝・重要文化財の指定を受けた諸仏像の大半を参拝し、拝見できます。 リーフレットの記載から仏像だけカウントしますと、国宝7件、重要文化財31件になります。 弥勒菩薩半跏思惟像が建物の奥側中央に安置され、四方の壁面前に、大小様々な諸仏が安置されています

世界文化遺産 法隆寺地域の仏教建造物 国宝百済観音像は、飛鳥時代を代表する仏像で、広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などと ともに、昭和26年に初めて国宝に認定された作品の一つです。  像の高さ2.09m、八頭身の長身で、樟の一本造りで両腕の肘からさきと水瓶 、天衣など別材を継いで造っています。宝冠は線彫りの銅版製で三個の青いガラス玉で飾られています。独特の体躯の造形を有し、杏仁形(アーモンド形)の目や古式な微笑みをたたえる表情は神秘的であり、多数の随筆等によって紹介されるなど、我が国の国宝を代表する仏像の一つです。  本来、百済観音は、虚空像菩薩として伝わっていました。虚空とは、宇宙を意味し虚空菩薩は宇宙を蔵にするほど富をもたらす仏様ということなのです。 その宇宙の姿を人の形に表したのが百済観音だというわけです。

世界文化遺産 法隆寺地域の仏教建造物 国宝百済観音像は、飛鳥時代を代表する仏像で、広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などと ともに、昭和26年に初めて国宝に認定された作品の一つです。 像の高さ2.09m、八頭身の長身で、樟の一本造りで両腕の肘からさきと水瓶 、天衣など別材を継いで造っています。宝冠は線彫りの銅版製で三個の青いガラス玉で飾られています。独特の体躯の造形を有し、杏仁形(アーモンド形)の目や古式な微笑みをたたえる表情は神秘的であり、多数の随筆等によって紹介されるなど、我が国の国宝を代表する仏像の一つです。 本来、百済観音は、虚空像菩薩として伝わっていました。虚空とは、宇宙を意味し虚空菩薩は宇宙を蔵にするほど富をもたらす仏様ということなのです。 その宇宙の姿を人の形に表したのが百済観音だというわけです。

参道は途中で分岐し、講堂に正面から近づく参道が設けられています。  講堂は南面し、五間四面の単層で、屋根は寄棟造り、本瓦葺です。朱塗りの建築で、俗に「赤堂」と呼ばれていたそうですが、いまは朱の面影を残していないように見うけました。永万元年(1165)に再建された建物で、これが現存では広隆寺の最古の建物だといいます。また、現在では京洛最古の建物になるとか

探訪 嵯峨野の神社・寺・古墳を巡る -2 太秦広隆寺 - 遊心六中記 その2

参道は途中で分岐し、講堂に正面から近づく参道が設けられています。 講堂は南面し、五間四面の単層で、屋根は寄棟造り、本瓦葺です。朱塗りの建築で、俗に「赤堂」と呼ばれていたそうですが、いまは朱の面影を残していないように見うけました。永万元年(1165)に再建された建物で、これが現存では広隆寺の最古の建物だといいます。また、現在では京洛最古の建物になるとか

Pinterest
検索