日本の大切なモノコトヒトを見つめなおすカルチャー誌『YUCARI』。第4号の特集は「月」。規則的に満ちては欠けるリズムで夜空に浮かぶ月は、「暦」として人々の暮らしを支え続けてきました。政治や祭祀、そして農業や地域のイベントを司ってきたのも「月」。中国やアジア諸国と同じく、日本でもまた「月」が常に生活の中心にありました。 日本に西暦が取り入れられたのはたったの140年前。1872(明治5)年に西暦が採用されるまで、日本人は月の暦を中心に暮らしてきました。祭祀や政治、農業や製造業にいたるまで、規則的に満ちては欠ける月のリズムをモノサシに、ありとあらゆる行いを決めてきたのです。 ...

日本の大切なモノコトヒトを見つめなおすカルチャー誌『YUCARI』。第4号の特集は「月」。規則的に満ちては欠けるリズムで夜空に浮かぶ月は、「暦」として人々の暮らしを支え続けてきました。政治や祭祀、そして農業や地域のイベントを司ってきたのも「月」。中国やアジア諸国と同じく、日本でもまた「月」が常に生活の中心にありました。 日本に西暦が取り入れられたのはたったの140年前。1872(明治5)年に西暦が採用されるまで、日本人は月の暦を中心に暮らしてきました。祭祀や政治、農業や製造業にいたるまで、規則的に満ちては欠ける月のリズムをモノサシに、ありとあらゆる行いを決めてきたのです。 ...

pin 9
heart 2
テラフォーマーズ 1【楽天ブックス】「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

テラフォーマーズ 1【楽天ブックス】「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

pin 1
再發號的粽子。the best in its category, hands down.

再發號的粽子。the best in its category, hands down.

pin 2
平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:煉瓦橋(横河原線・第26号溝橋)(れんがばし(よこがわらせん・26ごうこうきょう)) 受賞理由:ネジリマンポ工法等の工夫がある明治中期の煉瓦造りの橋であり、120年経った今なお現役でその姿が松山市民に愛されている橋である。 支部:四国支部 所在地:愛媛県松山市 竣工年/和暦(西暦):明治25年(1892年)ごろ

平成24年度土木学会選奨土木遺産 対象構造物:煉瓦橋(横河原線・第26号溝橋)(れんがばし(よこがわらせん・26ごうこうきょう)) 受賞理由:ネジリマンポ工法等の工夫がある明治中期の煉瓦造りの橋であり、120年経った今なお現役でその姿が松山市民に愛されている橋である。 支部:四国支部 所在地:愛媛県松山市 竣工年/和暦(西暦):明治25年(1892年)ごろ

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

pin 1
heart 2
12809795_999125633495024_719724231579410934_n

12809795_999125633495024_719724231579410934_n

pin 21
heart 4
Ski Boy!  買いました

Ski Boy! 買いました

pin 62
heart 10
holographic foil, print finish / by Studio South:

holographic foil, print finish / by Studio South:

pin 1.6k
heart 375
マガジンワールド | ブルータス - BRUTUS | 738 | 立読み

マガジンワールド | ブルータス - BRUTUS | 738 | 立読み

干净+通透

干净+通透

pin 204
heart 52
Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索