芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

pin 150
heart 7
「俗・偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

「俗・偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

pin 40
heart 4
希代の小説家が愛した海の宝石箱。

希代の小説家が愛した海の宝石箱。

小説家のほしおさんに声をかけていただき、小説コラボブローチを来年販売予定ですが、皇帝ペンギンの赤ちゃん、難しいなあ〜! ピンガーですよ。色と形は。

小説家のほしおさんに声をかけていただき、小説コラボブローチを来年販売予定ですが、皇帝ペンギンの赤ちゃん、難しいなあ〜! ピンガーですよ。色と形は。

8月30日(金) 今月初めの日経アートレビューに、小説家・平野啓一郎が先般の梅佳代展に引き続いて、また美術展を紹介しているのが目に止まった。 アンドレアス・グルスキー展(7/3~9/16)。ドイツ現代写真を代表する写真家だそうだ。日本でも何度か作品が紹介されてはいたが、個展は...

8月30日(金) 今月初めの日経アートレビューに、小説家・平野啓一郎が先般の梅佳代展に引き続いて、また美術展を紹介しているのが目に止まった。 アンドレアス・グルスキー展(7/3~9/16)。ドイツ現代写真を代表する写真家だそうだ。日本でも何度か作品が紹介されてはいたが、個展は...

藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)> 日本舞踊家 > パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家・永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。

藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)> 日本舞踊家 > パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家・永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。

pin 41
heart 3
「偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

「偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

pin 27
heart 2
【mage.0128】さんのInstagramをピンしています。 《〈ぼくの家族〉  ぼくは就職してから三年目を迎えていたが、恥ずかしながら親に甘え、実家暮らしであった。  家に帰ると夕食を作っている母が「どーだったの?」と聞いてきた。  ぼくは「とりあえず薬をもらってきたよ」とだけ返事をして自分の部屋に入った。  ぼくの家族は自慢できるほどではないが、世間一般でいう“いい家族”なんだと思う。  両親も仲が良く、よく二人で出掛けたりしている。  ぼくも両親が大好きだ。 (マザコンとかファザコンとかではないよ!) でも、だからこそ、絶対にぼくの病気については話せなかった。 心配をかけたくなかったのも理由にあるが、  一番の理由は、 今まで両親に本音を話したり、感情を表す姿を見せたことがない。からだ。  #小説 #エッセイ #気持ち #幸せ #辛い #悲しい #読書 #日常 #感情 #病気 #読書好きな人 #繋がる #思う #すき  #嫌い #海 #正直 #桜  #くらげ #記憶 #緑 #自然 #小説家》

【mage.0128】さんのInstagramをピンしています。 《〈ぼくの家族〉 ぼくは就職してから三年目を迎えていたが、恥ずかしながら親に甘え、実家暮らしであった。 家に帰ると夕食を作っている母が「どーだったの?」と聞いてきた。 ぼくは「とりあえず薬をもらってきたよ」とだけ返事をして自分の部屋に入った。 ぼくの家族は自慢できるほどではないが、世間一般でいう“いい家族”なんだと思う。 両親も仲が良く、よく二人で出掛けたりしている。 ぼくも両親が大好きだ。 (マザコンとかファザコンとかではないよ!) でも、だからこそ、絶対にぼくの病気については話せなかった。 心配をかけたくなかったのも理由にあるが、 一番の理由は、 今まで両親に本音を話したり、感情を表す姿を見せたことがない。からだ。 #小説 #エッセイ #気持ち #幸せ #辛い #悲しい #読書 #日常 #感情 #病気 #読書好きな人 #繋がる #思う #すき #嫌い #海 #正直 #桜 #くらげ #記憶 #緑 #自然 #小説家》

150924 #hassdiary #2015 #ほぼ日手帳 #hobonichi #イラスト #illust #drawing #読書 #reading #村上春樹 #murakamiharuki #職業としての小説家 やっぱり #安西水丸 先生は偉大 #1時間

150924 #hassdiary #2015 #ほぼ日手帳 #hobonichi #イラスト #illust #drawing #読書 #reading #村上春樹 #murakamiharuki #職業としての小説家 やっぱり #安西水丸 先生は偉大 #1時間

pin 1
「Science and Invention」のカバーイラスト。  SF小説家、発明家、編集者であったヒューゴー・ガーンズバックが1925年に発明し、自身が発行する出版雑誌に掲載した集中力を高める器具が表紙になっている(関連記事)。

「Science and Invention」のカバーイラスト。 SF小説家、発明家、編集者であったヒューゴー・ガーンズバックが1925年に発明し、自身が発行する出版雑誌に掲載した集中力を高める器具が表紙になっている(関連記事)。

pin 1
Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search