芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

謎に包まれた妖艶の芸妓。明治・大正・昭和を生きた「富菊」のオーラが、時代を超えている

芸妓「富菊」> 大正〜昭和初期の小説家・長谷川時雨の「明治美人伝」によると、"三都歌妓の代表として最も擢 (ぬきんで )ている女であろう" と語られ、京都で最大の花街「祇園甲部」が主催する舞踊公演「都をどり」に度々登場した記録から、その舞は相当のものだったと推測される

「俗・偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

「俗・偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)> 日本舞踊家 > パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家・永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。

藤蔭静樹(ふじかげせいじゅ)> 日本舞踊家 > パリでも絶賛された美しき日本舞踊家。気軽に近づけないようなオーラを感じる。小説家・永井荷風と大恋愛して、くっついたり離れたりしたことでも有名だ。永井荷風が亡くなった後、藤蔭静樹は、彼の命日である30日にきまってカツ丼を食べるようになった。カツ丼は、永井荷風の最期の食事だったからだそうだ。

ただ共感を得られることを目的とせず、当たり前に思っていた価値観を崩壊させ、考え方やモノの見方を一変させる。そんなこころ揺さぶる「危険な読書」体験、してみたいと思いませんか?  文筆家、小説家、書評家、詩人、ミュージシャンなどが、小説、エッセイ、ルポタージュとフィクション・ノンフィクションとりまぜて、一冊まるごと「危険な読書」について語り尽くすします。“日本で最も危険な作家”、筒井康隆の特別インタビューも。あなたの人生変えちゃうかもしれない1冊に出会えます。 No.838 CONTENTS features 020 10代で読んでおきたい異常本。 026 特集 危険な読書 028 我々は何者なのか? 032 荒唐無稽を味わう。 034 危険な作家 ①蓮實重彥/②井田真木子 036 文学の副作用。 040 自分の中の“怪物”に出会う。 042 思考する美食。 046 危険な作家 ③手嶋龍一/④上野 瞭 048 ジム・トンプスンとアメリカ犯罪小説。 052 世界の奇書・珍本。 056 危険な作家 ⑤藤木TDC/⑥木下古栗 058 DIY的ハッキング読書術。 084 最も危険

Brutus No. 838

ただ共感を得られることを目的とせず、当たり前に思っていた価値観を崩壊させ、考え方やモノの見方を一変させる。そんなこころ揺さぶる「危険な読書」体験、してみたいと思いませんか? 文筆家、小説家、書評家、詩人、ミュージシャンなどが、小説、エッセイ、ルポタージュとフィクション・ノンフィクションとりまぜて、一冊まるごと「危険な読書」について語り尽くすします。“日本で最も危険な作家”、筒井康隆の特別インタビューも。あなたの人生変えちゃうかもしれない1冊に出会えます。 No.838 CONTENTS features 020 10代で読んでおきたい異常本。 026 特集 危険な読書 028 我々は何者なのか? 032 荒唐無稽を味わう。 034 危険な作家 ①蓮實重彥/②井田真木子 036 文学の副作用。 040 自分の中の“怪物”に出会う。 042 思考する美食。 046 危険な作家 ③手嶋龍一/④上野 瞭 048 ジム・トンプスンとアメリカ犯罪小説。 052 世界の奇書・珍本。 056 危険な作家 ⑤藤木TDC/⑥木下古栗 058 DIY的ハッキング読書術。 084 最も危険

=============== こんばんは!ayaです。 今夜は奈良・高畑町にある 陶器と雑貨のお店 「あんず舎」のご紹介です。 =============== 少しずつあたたかな春の匂いが感じられるこの季節。 今月15日に20周年を迎えられる「あんず舎(あんずや)」さんにお邪魔しました! 出迎えてくれたのは店主 山下弘子さんと看板猫のベーコちゃん。 山下さんのほんわかとした優しい雰囲気をそのままカタチにしたような居心地の良い店内です。 あんず舎があるのは奈良・高畑町の志賀直哉旧居のほど近く。 志賀直哉と同じ時代を生きた小説家 室生犀星が書いた「杏っ子」から屋号をつけられたそう。 人々に長く愛読された小説と同じように、いつまでも愛されるお店でありたいとの願いがこめられて...

=============== こんばんは!ayaです。 今夜は奈良・高畑町にある 陶器と雑貨のお店 「あんず舎」のご紹介です。 =============== 少しずつあたたかな春の匂いが感じられるこの季節。 今月15日に20周年を迎えられる「あんず舎(あんずや)」さんにお邪魔しました! 出迎えてくれたのは店主 山下弘子さんと看板猫のベーコちゃん。 山下さんのほんわかとした優しい雰囲気をそのままカタチにしたような居心地の良い店内です。 あんず舎があるのは奈良・高畑町の志賀直哉旧居のほど近く。 志賀直哉と同じ時代を生きた小説家 室生犀星が書いた「杏っ子」から屋号をつけられたそう。 人々に長く愛読された小説と同じように、いつまでも愛されるお店でありたいとの願いがこめられて...

11.レイ・ブラッドベリ(1920年 - 2012年) 小説家  頭で考えてはいけない。思考は創造の敵だ。  それは単なる自意識で、自意識は始末に負えないものだ。  何かをしようとするのではなく、ただやらなければならないだけだ。

11.レイ・ブラッドベリ(1920年 - 2012年) 小説家 頭で考えてはいけない。思考は創造の敵だ。 それは単なる自意識で、自意識は始末に負えないものだ。 何かをしようとするのではなく、ただやらなければならないだけだ。

【特別公開】町田康『スピンク日記』「私はスピンクといいます。犬です。小説家の主人・ポチと楽しく暮らしています」(町田 康) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

【特別公開】町田康『スピンク日記』「私はスピンクといいます。犬です。小説家の主人・ポチと楽しく暮らしています」(町田 康) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

俺は一松。似たような作風ばかりでネタに息詰まったゴミクズ小説家だ

俺は一松。似たような作風ばかりでネタに息詰まったゴミクズ小説家だ

BG0jEwVCAAA4VBu.jpg:large (640×960)

BG0jEwVCAAA4VBu.jpg:large (640×960)

「偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

「偽恋愛小説家」森晶麿 表紙イラスト/平沢下戸 表紙デザイン/川谷康久 朝日新聞出版

Pinterest
検索