Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

菅田将暉「10代20代なんて、しんどくていい」“究極の無個性”武器に目指す場所は… モデルプレスインタビュー - モデルプレス

【菅田将暉/モデルプレス=10月27日】今、日本で最も女性を熱狂させている俳優のひとり、菅田将暉(23)。2015年に人気が急上昇し、その存在感は日に日に増している。イケメン俳優、ブレイク俳優、実力派俳優、カメレオン俳優、個性派俳優…様々な肩書きで呼ばれているが、彼の1番の魅力はそのどれもしっくりくる究極の無個性にあるような気がする。カテゴライズされない、と言うよりもできない。モデルプレスでは今回、映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)の公開に向けインタビューを実施。そこで菅田が、「何かカッコいいインタビューになってるのが、すごく嫌だ」とポツリとつぶやいた瞬間があった。その言葉は、実に印象的で、彼の目指す先を示しているように感じた。

pin 33
heart 7

可愛さの中にユニークさと上品さを併せ持つ【nul】のプラ板アクセサリー

手描きのプラ板アクセサリーを制作している【nul(ヌル)】。独自の視点で様々なモチーフを表現したアクセサリーは、可愛さの中にユニークさと上品さを併せ持ち、大人の女性に人気を集めています。軽くて付けやすく、つやつやした質感が魅力的な、nulのアクセサリーをご紹介します。

pin 48
heart 7

C4d71cd5e701c0f46a5b4d79dd2c6e66

pin 34
heart 3

Brexitがクリエイティブ業界に与える影響、ファッションはサブカル?、世界アパレル専門店売上ランキング...今週のラウンドアップ(6/26~7/2)

Brexitがクリエイティブ業界に与える影響ファッションはサブカル世界アパレル専門店売上ランキング...今週のラウンドアップ6/267/2

ダイヤモンド ティアドロップ ピアスはオールドハリウッドスター、オードリーヘップバーンの名作映画「ティファニーで朝食を」のダイヤモンドイヤリングのレプリカピアスです。高透明度、高輝度のダイヤモンドCZティアドロップがあらゆる方向から光を集めて輝く、ステイトメントピアス。サイズも18x14mmとエレガントに装える大きさで、このサイズのピアスでは超軽量の3gx2、付け心地も軽やかです。オードリーヘップバーンはこの映画でハリウッド映画界の歴史に残るセレブリティとしてその清楚でソフィスティケイトなスタイルとジュエリーと共に全世界の女性の憧れの的となり続けています。「ティファニーで朝食を」のダイヤモンドピアスは、ブライダルジュエリーや誕生日、記念日等のプレゼントとしても人気があり最高の演出をお約束します。Metal: ブラス・プラチナ仕上げStone: ダイヤモンドCZ 14x11mm (ティアドロップカット) 、 2mm径 (ラウンドブリリアントカット)ピアスサイズ: 18x14mmWeight: 約3gx2★ぺティサイズ11x8mmもございます。

映画『紅の豚』のモデルとなったクロアチアの海!海の壁紙アイデア

pin 6

映画見てきて、たまらず描いたものです(;´∀`) 冬コミの原稿はすすんでませんorz 2011年12月18日付総合デイリーランキング第395位、イラストデイリーランキング第286位、男子に人気第238位にはいりました。閲覧、コメント、評価、ブックマいただきありがとうございますたm(_ _)m

pin 21
heart 4

漫画やテレビドラマで人気の「深夜食堂」が映画化され、県内の映画館で上映されている。この中に新潟県糸魚川市出身の女性が登場し、方言を使ったり、食堂で上越野菜のなますカボチャを使った三杯酢を常連客に試食させる場面が出てくる。ロケこそないものの、なますカボチャの堂々たる映画デビューにな

ブックカバー/FUMIKURA/セリア/クラフト紙/ローテーブル/ヘリンボーン…などのインテリア実例 -2015-04-16 16:31:42

女性で、1K、一人暮らしのブックカバー/FUMIKURA/セリア/クラフト紙/ローテーブル/ヘリンボーン…などについてのインテリア実例を紹介。「まとまりのない本棚をインテリアに馴染ませよう計画を進めてます(๑•̀ㅂ•́)و まずはカラフルな表紙を隠したくて、ネットでシンプルなブックカバーのフォーマットを発見! セリアのクラフト紙に印刷したらシンプルだけどかっこよくなりました ҉٩(*´︶`*)۶҉ 背表紙に題名を入れられるから、カバーをしても探しやすい♪」(この写真は 2015-04-16 16:31:42 に共有されました)

pin 4

強くても弱くても、やっぱり女ってすばらしい!女性が主役の映画

自然歩道のパシフィック・クレイスト・トレイルに挑んだ女性、シェリル・ストレイドの自叙伝を元に描いた映画「私が歩いた1600キロ」は、2015年夏に公開されました。主演は人気女優、リース・ウェザースプーン。自分の人生をリセットするため、1600キロの荒野をたった一人歩き通した女性のありのままの姿を素晴らしい演技で魅せました。

pin 3