肥後金工と古田織部 | 武士道

肥後金工と古田織部 | 武士道

古田織部

古田織部

天下一の茶人「古田織部展」松屋銀座で開催 - 桃山時代の茶道具も

天下一の茶人「古田織部展」松屋銀座で開催 - 桃山時代の茶道具も

‘織部扇面形蓋物’(桃山時代 17世紀初期) ‘織部州浜形手...

銘「老僧」 豊臣秀吉、古田織部、水戸徳川家伝来 藤田美術館蔵 高さ7.7~8.2cm 口径14.2~14.9cm 高台径6.2~6.5cm

銘「老僧」 豊臣秀吉、古田織部、水戸徳川家伝来 藤田美術館蔵 高さ7.7~8.2cm 口径14.2~14.9cm 高台径6.2~6.5cm

黒織部沓形茶碗(桃山時代、高さ8.0cm/径13.4×10.7cm、池長孟コレクション)。うつわの口辺を成形後に押さえ、日本古来の木沓を連想させる形にした織部口の茶碗。胴部を漆黒の釉で巻き、口辺に渋い地釉をかけまわしている。高台は、勢いのある箆目を残して削られ、無釉、土見がある。「ヘウゲモノ」と宗湛が評した古田織部(1544~1615年)好みによる瀬戸茶碗のひとつで、伝世例は極めて少ない。「剽げもの」とは、端正な形に対して、作意的にいびつさを造形し、茶碗に個性と諧謔味をもりこもうとしているところから出た印象。胴部にくぎ彫りで「*」の文様が加飾されており、キリストの名前の最初の2文字、ギリシア文字のXとPによる「XP」のモノグラムと見る説があるが、確証はない。

黒織部沓形茶碗(桃山時代、高さ8.0cm/径13.4×10.7cm、池長孟コレクション)。うつわの口辺を成形後に押さえ、日本古来の木沓を連想させる形にした織部口の茶碗。胴部を漆黒の釉で巻き、口辺に渋い地釉をかけまわしている。高台は、勢いのある箆目を残して削られ、無釉、土見がある。「ヘウゲモノ」と宗湛が評した古田織部(1544~1615年)好みによる瀬戸茶碗のひとつで、伝世例は極めて少ない。「剽げもの」とは、端正な形に対して、作意的にいびつさを造形し、茶碗に個性と諧謔味をもりこもうとしているところから出た印象。胴部にくぎ彫りで「*」の文様が加飾されており、キリストの名前の最初の2文字、ギリシア文字のXとPによる「XP」のモノグラムと見る説があるが、確証はない。

織部鋸歯文茶碗 口径13、9cm 高さ6、6cm 外側に鋸歯文、内底には瓢箪や鳴子が描かれています 古田織部展

織部鋸歯文茶碗 口径13、9cm 高さ6、6cm 外側に鋸歯文、内底には瓢箪や鳴子が描かれています 古田織部展

没後400年 古田織部展 | 取材レポート | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]

没後400年 古田織部展 | 取材レポート | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]

【室町】在銘 古田織部作 黒織部 茶碗 天生時代 徳川美術館 共箱

【室町】在銘 古田織部作 黒織部 茶碗 天生時代 徳川美術館 共箱

岐阜県多治見市の現代陶芸美術館では、武将茶人として知られる古田織部の400年忌にあたる今年、「大織部展」を開催中。織部にまつわる茶碗や道具など、国宝、重要文化財を含む約160点が織部生誕の地・岐阜に集結する。

武将茶人古田織部と、美濃焼の真髄に迫る「古田織部四〇〇年忌 大織部展」。

岐阜県多治見市の現代陶芸美術館では、武将茶人として知られる古田織部の400年忌にあたる今年、「大織部展」を開催中。織部にまつわる茶碗や道具など、国宝、重要文化財を含む約160点が織部生誕の地・岐阜に集結する。

才気あふれた天下の茶人・古田織部が生み出した「織部焼」

才気あふれた天下の茶人・古田織部が生み出した「織部焼」

Pinterest
検索