Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

パース市街の散策 (パース) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

パース市街の散策』 [パース]のブログ・旅行記 by アルプ・グリュムさん 近代的なビルの横に古い英国調の建物が随所に残っ

商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション

元店舗物件をリノベーション。武骨な鉄骨や、天井のデッキプレートの形状が、鉄と木で作る空間の世界観とマッチ、住居として蘇った。

pin 88
heart 5

Aoyama apartment, Tokyo Japan

pin 73
heart 4

Shinbashi, Tokyo, 1968. Looking to Kasumigaseki Building/ 昭和43年当時の新橋駅付近。左奥に霞が関ビル(東京都) (1968年04月撮影) 【時事通信社】

pin 86
heart 3

仕事と暮らし/フォトアルバム MUJI meets IDEE | 無印良品

pin 32
heart 1

青山同潤会アパート 13 もっと見る

pin 61
heart 2

浜松市の古いビルの1室にできた、宙に浮かぶベッドルーム! Airbnbで宿泊可能

古いビルの1室につくられた宙に浮かぶゲストルーム。403architecture [dajiba] vol.4|「colocal…

江戸城 常盤橋門 edo castle /the gate of Tokiwa

pin 44

古いビルだったレンガ

heart 1

<p>ビルの2フロアを住居にリノベーション。躯体むき出しの床壁天井、古いスチールサッシの窓がインテリアとして効いてます。</p>

ラ・グランダ・ファミリオ中崎町 La Granda Familio 中崎町

ニューヨークの隠れ家 ! ビルの屋上にあるペントハウスまとめ

都心の人口増加により、アパートの狭小化や家賃の高騰が、深刻な問題となっているニューヨークシティ。 そこで、土地がないならビルの屋上に家を建てちゃえ ! という人も多いようで、屋上に一戸建てを持つことは憧れの的でもあるよう …

T様邸、マンションリノベーション事例。かっこ良く朽ちる家。「廃墟とか古いビルとか、かっこ良く朽ちてる建物が好き」 というT様の希望を受け、漆喰や素地の鉄、むき出しのコンクリートなど、時とともに味がでる素材を使った無骨な住まいへ。 スパイスやツールが全部オープンに収納された業務用キッチンは、「片付けが苦手なので、よく使うものは全部だしっぱなしにしておきたい」というラフなライフスタイルを引き立てます。

ニューヨークの隠れ家 ! ビルの屋上にあるペントハウスまとめ

house600

服部時計店 - 戦後の銀座通り Ginza Street 銀座通り 昭和30年代絵葉書 カラー

ニューヨークの隠れ家 ! ビルの屋上にあるペントハウスまとめ

RooftopMeadow-3-of-3

ニューヨークの隠れ家 ! ビルの屋上にあるペントハウスまとめ

Rooftop-House-NYC-Upper-West-Side-77th-Street-78th-Street

OLD PHOTOS of JAPAN: 銀座の服部時計店ビル 1910年代の東京

pin 21

仕事と暮らし/フォトアルバム | MUJI meets IDEE | 無印良品

pin 26
heart 4

浜松市の古いビルの1室にできた、宙に浮かぶベッドルーム! Airbnbで宿泊可能

古いビルの1室につくられた宙に浮かぶゲストルーム。403architecture [dajiba] vol.4|「colocal…

浜松市の古いビルの1室にできた、宙に浮かぶベッドルーム! Airbnbで宿泊可能

古いビルの1室につくられた宙に浮かぶゲストルーム。403architecture [dajiba] vol.4|Page 2|「colocal…

どこ向いてるんですか 高層ビルがバンバン立ち古い建物がどんどん取り壊されているタイバンコク... 三列一礼するビルがあるってご存じでしたか 方向音痴な僕が推測すると一礼している方は王宮を向いている感じです #散歩 #仏教 #高層ビル #発見 #会話ネタ #タイ #バンコク #thailand #bankoku #cocoacana

商店だった建物を大改装倉庫を改装したロフトのようなクールな空間にリノベーション

古いビルをリノベーションした室内は、鉄や木が持つ素材感を大切にしたインテリア。

エジプト、猛暑のカイロ市。その日は普段となんら変わらない日でしたが、道行く人の頭上では信じられないことが起こっていました。この街で活動を行なっているアメリカの動物愛護団体、NPO法人SNARRのスタッフも、こんなひどいケースは見たことがありませんでした。彼らが連絡を受けて現場へ行くと、そこには古いビルの3階のバルコニーから犬がぶら下がっていたのです。 SNARR 建物へと入った救助スタッフが発見したのは、バルコニーに固定されたクサリに繋がれていた大型の雌犬でした。赤く錆びたクサリは、犬の首に危険なほどまでに深く食い込んでいましたが、同時に犬の命を繋いでいたのです。飼い主は不明。どうして犬がこんな状態でそこにいたかは、分からずじまいでした。 SNARR 絶望から犬が自ら飛び出たのか、それとも何者かに押されたのか。 SNARR 首から鎖が解かれましたが、一歩遅ければ危ない状態でした。SNARRのスタッフ、ローレン・コネリーは「彼女は恐らく5時間以上、あの状態でぶら下がっていた」と話しています。鉄の首輪は、ゆっくりと肉を切るギロチンだったのです…。 SNARR…