反り腰を改善する腸腰筋ストレッチ

反り腰を改善する腸腰筋ストレッチ

ヒップリフト

ヒップリフト

腰が反っている人は、腹筋がとても弱く、お腹がぽこっと出ているのも特徴です。本来であれば、骨盤を正しいニュートラルな傾きにセットするために使われる、お尻の筋肉もなまけている。だから、「ゆりかご体操」で、お腹を縮める腹直筋とお尻の大殿筋を同時に鍛えましょう。背中が床につきそうになる直前でこらえ、足の裏が床につきそうになる直前でこらえる。このときに、腹直筋と大殿筋が一気に刺激される。非常にきつい体操です。だからこそ、お腹やお尻のシェイプアップ効果も高いですよ。  【腹直筋と大殿筋を一気に鍛える】  ゆりかご体操   「体育座り」をして両手をひざの上に置く。体全体を後ろ側に倒し、肩甲骨(けんこうこつ)が床に着きそうになる手前で戻り、今度は足裏が床に着きそうになる直前で戻り、前後に揺れる。ゆっくりと5回往復する。

腰が反っている人は、腹筋がとても弱く、お腹がぽこっと出ているのも特徴です。本来であれば、骨盤を正しいニュートラルな傾きにセットするために使われる、お尻の筋肉もなまけている。だから、「ゆりかご体操」で、お腹を縮める腹直筋とお尻の大殿筋を同時に鍛えましょう。背中が床につきそうになる直前でこらえ、足の裏が床につきそうになる直前でこらえる。このときに、腹直筋と大殿筋が一気に刺激される。非常にきつい体操です。だからこそ、お腹やお尻のシェイプアップ効果も高いですよ。 【腹直筋と大殿筋を一気に鍛える】 ゆりかご体操 「体育座り」をして両手をひざの上に置く。体全体を後ろ側に倒し、肩甲骨(けんこうこつ)が床に着きそうになる手前で戻り、今度は足裏が床に着きそうになる直前で戻り、前後に揺れる。ゆっくりと5回往復する。

反り腰の人は、骨盤まわりの深層筋も硬くなっています。特に硬直が強く、きれいな立ち方をしようとするときにつっかい棒のように邪魔をしているのが、腸腰筋。背骨から骨盤を通り、太ももの骨までを結ぶ、「姿勢の影の立役者」のような筋肉です。反り腰の場合、腸腰筋は常に不自然に引っ張られ、がちがちに硬くなっています。そこで、「脚の付け根伸ばしストレッチング」で腸腰筋をしっかり伸ばしましょう。普段はほとんど行わない動作なので、腸腰筋が硬い人ほど「伸びにくい」と感じるはずです。  【腸腰筋を伸ばす】  脚の付け根伸ばしストレッチング   両ひじを伸ばし、両手を床につける。右のひざを曲げ、左のひざは真っすぐ後ろに伸ばす。左のひざを伸ばしたまま、体重を前にかける。この状態で20~30秒ストレッチする。左右交互に、合計3セット行う。

反り腰の人は、骨盤まわりの深層筋も硬くなっています。特に硬直が強く、きれいな立ち方をしようとするときにつっかい棒のように邪魔をしているのが、腸腰筋。背骨から骨盤を通り、太ももの骨までを結ぶ、「姿勢の影の立役者」のような筋肉です。反り腰の場合、腸腰筋は常に不自然に引っ張られ、がちがちに硬くなっています。そこで、「脚の付け根伸ばしストレッチング」で腸腰筋をしっかり伸ばしましょう。普段はほとんど行わない動作なので、腸腰筋が硬い人ほど「伸びにくい」と感じるはずです。 【腸腰筋を伸ばす】 脚の付け根伸ばしストレッチング 両ひじを伸ばし、両手を床につける。右のひざを曲げ、左のひざは真っすぐ後ろに伸ばす。左のひざを伸ばしたまま、体重を前にかける。この状態で20~30秒ストレッチする。左右交互に、合計3セット行う。

正しい姿勢のつもりでも「反り腰」になっている女性が増えています。ぽっこりお腹やデカ尻、太ももの張り出しに繋がってしまうので、クセになっている方は早めに改善したいもの。ここでは反り腰を改善する簡単なストレッチをご紹介します。

デカ尻の原因は“反り腰”!簡単ストレッチで下半身痩せの美ボディに♡

正しい姿勢のつもりでも「反り腰」になっている女性が増えています。ぽっこりお腹やデカ尻、太ももの張り出しに繋がってしまうので、クセになっている方は早めに改善したいもの。ここでは反り腰を改善する簡単なストレッチをご紹介します。

反り腰解消に役立つネコのヨガポーズ

反り腰解消に役立つネコのヨガポーズ

最後の仕上げはうつぶせに寝た状態で行う「もも上げ体操」。あらかじめ腸腰筋をストレッチしてあるから股関節がスムーズに動き、お尻の大殿筋が効果的に鍛えられます。     腰が反らないよう、お腹の下に枕を入れて、お尻の力だけを使ってももを真上に持ち上げる! これもきついけれど、ヒップアップ効果抜群ですよ。  【大殿筋を鍛える】  もも上げ体操   うつぶせになり、お腹の下に枕やクッションを入れる。ひざを曲げ、左のお尻の力だけを使って、左もも全体を真上に持ち上げて5秒キープする。左右ともに5回ずつ行う。

最後の仕上げはうつぶせに寝た状態で行う「もも上げ体操」。あらかじめ腸腰筋をストレッチしてあるから股関節がスムーズに動き、お尻の大殿筋が効果的に鍛えられます。 腰が反らないよう、お腹の下に枕を入れて、お尻の力だけを使ってももを真上に持ち上げる! これもきついけれど、ヒップアップ効果抜群ですよ。 【大殿筋を鍛える】 もも上げ体操 うつぶせになり、お腹の下に枕やクッションを入れる。ひざを曲げ、左のお尻の力だけを使って、左もも全体を真上に持ち上げて5秒キープする。左右ともに5回ずつ行う。

骨盤前傾型                                                                                                                                                                                 もっと見る

骨盤前傾型 もっと見る

ヨガ:合蹠(がっせき)前屈のポーズ(バッダコーナアサナ)

ヨガ:合蹠(がっせき)前屈のポーズ(バッダコーナアサナ)

ぽっこり腹や腰痛の原因にも 「反り腰」を改善 ゆがみリセット学…|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

ぽっこり腹や腰痛の原因にも 「反り腰」を改善 ゆがみリセット学…|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

Pinterest
検索