上昌己(シンガーソングライター) 中学時代から数々の楽曲コンクールに出場し受賞多数。 1988年、トーラスレコード主催、「第1回スーパーボーカリスト新人オーディション」に合格。1989年、トーラスレコードより「メリーローランの島」でデビュー。 その端整な顔立ちに、甘く切ない歌声は、当時ガールポップムーブメントの中心として 存在感を表す。1989年「YELL!-16番目の夏」が TV 熱闘甲子園挿入歌として発表され人気を博す。 1993年「恋が素敵な理由」がカシオ CM ソングとして話題をよび人気急増。2000年、自らのレーベルを立ち上げ、独自の表現を貫きながら、誰もが経験した暖かくも切ない恋愛風景を詞と曲に込める。 2012年から2013年にかけて発表された3部作全ての作品がテレビ局とのタイアップを獲得。この年、ワーナーミュージックから90年代シンガーのカバーアルバムも発表。 2014年にはデビュー25周年を迎え、記念ミニアルバムも発表。 http://www.shokoland.net/index.php

上昌己(シンガーソングライター) 中学時代から数々の楽曲コンクールに出場し受賞多数。 1988年、トーラスレコード主催、「第1回スーパーボーカリスト新人オーディション」に合格。1989年、トーラスレコードより「メリーローランの島」でデビュー。 その端整な顔立ちに、甘く切ない歌声は、当時ガールポップムーブメントの中心として 存在感を表す。1989年「YELL!-16番目の夏」が TV 熱闘甲子園挿入歌として発表され人気を博す。 1993年「恋が素敵な理由」がカシオ CM ソングとして話題をよび人気急増。2000年、自らのレーベルを立ち上げ、独自の表現を貫きながら、誰もが経験した暖かくも切ない恋愛風景を詞と曲に込める。 2012年から2013年にかけて発表された3部作全ての作品がテレビ局とのタイアップを獲得。この年、ワーナーミュージックから90年代シンガーのカバーアルバムも発表。 2014年にはデビュー25周年を迎え、記念ミニアルバムも発表。 http://www.shokoland.net/index.php

Nice

Nice

ゲスト 舞音さん Mao(タップダンサー) 2歳からクラシックバレエを始め、3歳でジャズダンス、5歳でタップダンスに出会う。7歳から東京・海外へタップの勉強に行きながらステージに立つ。8歳より弟・響とコンビを組み、天才タップダンサー姉弟としてTVやショーに多数出演。音楽高校時代からミュージカルの振付等も行い、現在は講師・振付師としても注目されている。愛知県岡崎市でダンス&ミュージックスクール「Studio Hearts」を主宰。ダンスのみならず、ピアノ、エレクトーン、ドラムもこなす。2008年12月「IDO世界タップダンス選手権大会」で女性ソロの部8位。2009年12月 同大会 女性ソロの部 6位入賞。2010年12月同大会女性ソロの部 5位入賞。2012年12月 同大会女性ソロの部 5位入賞。http://mao-hibiki.com

ゲスト 舞音さん Mao(タップダンサー) 2歳からクラシックバレエを始め、3歳でジャズダンス、5歳でタップダンスに出会う。7歳から東京・海外へタップの勉強に行きながらステージに立つ。8歳より弟・響とコンビを組み、天才タップダンサー姉弟としてTVやショーに多数出演。音楽高校時代からミュージカルの振付等も行い、現在は講師・振付師としても注目されている。愛知県岡崎市でダンス&ミュージックスクール「Studio Hearts」を主宰。ダンスのみならず、ピアノ、エレクトーン、ドラムもこなす。2008年12月「IDO世界タップダンス選手権大会」で女性ソロの部8位。2009年12月 同大会 女性ソロの部 6位入賞。2010年12月同大会女性ソロの部 5位入賞。2012年12月 同大会女性ソロの部 5位入賞。http://mao-hibiki.com

ゲスト◇macaroom(エレクトロニカ・ユニット) emaru(ボーカル)/アサヒ(作詞・作曲・アレンジ・キーボード・ボーカル)歌詞の音響的機能を研究し取り入れたポップな楽曲を制作、演奏。2010年より活動、1stアルバム『room-103』リリース。2012年、フランスの情報サイト「KoChiPan」にインタビュー記事が掲載される。2013年mora公式ハイレゾ試聴音源を配信。フランスの「Social Alienation」からリリースされたコンピレーションアルバム『asian sounds : volume one』に参加。2014年に2ndアルバム『homephone TE』リリース。2015年2ndアルバムより「tsuiraku」が、NHKラジオ「すっぴん!」で放送。同曲をmona records主催の『モナレコ・コンピ〜かけだしてく〜』に収録。 ライブではサウンドデザインに秋山 《ボブ》大知氏を迎え、また、木石南によるアートディレクション、映像制作、本人のMV出演など、様々な人間がmacaroomのプロジェクトに関わっている。http://macaroom.net

ゲスト◇macaroom(エレクトロニカ・ユニット) emaru(ボーカル)/アサヒ(作詞・作曲・アレンジ・キーボード・ボーカル)歌詞の音響的機能を研究し取り入れたポップな楽曲を制作、演奏。2010年より活動、1stアルバム『room-103』リリース。2012年、フランスの情報サイト「KoChiPan」にインタビュー記事が掲載される。2013年mora公式ハイレゾ試聴音源を配信。フランスの「Social Alienation」からリリースされたコンピレーションアルバム『asian sounds : volume one』に参加。2014年に2ndアルバム『homephone TE』リリース。2015年2ndアルバムより「tsuiraku」が、NHKラジオ「すっぴん!」で放送。同曲をmona records主催の『モナレコ・コンピ〜かけだしてく〜』に収録。 ライブではサウンドデザインに秋山 《ボブ》大知氏を迎え、また、木石南によるアートディレクション、映像制作、本人のMV出演など、様々な人間がmacaroomのプロジェクトに関わっている。http://macaroom.net

いとうかなこの『歌声喫茶 ラルゴ』(2017/03/13 更新)◇第73回『イケてるハーツ 宇咲美まどかさん、橘莉衣さん!今夜の『歌声喫茶ラルゴ』は、3月29日(水)に4thシングル「罪証のルシファー」をリリースするイケてるハーツの宇咲美まどかさんと橘莉衣さんをお迎えします。今回は、NEWシングル『罪証のルシファー』のMVの好きな振り付けや楽曲を聞いた時の印象、イケてるハーツ初の科学ADVシリーズの楽曲に参加できたことなど…様々なお話を伺いました。また『夜のヒットステージ!』では、いとうさんへのリクエストをかけてジャンケン勝負!!勝った方の楽曲を歌います♪どうぞ、お楽しみに!

いとうかなこの『歌声喫茶 ラルゴ』(2017/03/13 更新)◇第73回『イケてるハーツ 宇咲美まどかさん、橘莉衣さん!今夜の『歌声喫茶ラルゴ』は、3月29日(水)に4thシングル「罪証のルシファー」をリリースするイケてるハーツの宇咲美まどかさんと橘莉衣さんをお迎えします。今回は、NEWシングル『罪証のルシファー』のMVの好きな振り付けや楽曲を聞いた時の印象、イケてるハーツ初の科学ADVシリーズの楽曲に参加できたことなど…様々なお話を伺いました。また『夜のヒットステージ!』では、いとうさんへのリクエストをかけてジャンケン勝負!!勝った方の楽曲を歌います♪どうぞ、お楽しみに!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/03/02 更新)二松學舎大学・文学部国文学科 教授 山口直孝さん◇今夜のお客様は、二松學舎大学・文学部国文学科教授の山口直孝さんをお迎えします。今回は、昨年3月に二松學舍大学九段キャンパスで開催されたイベント『楽しい漱石』のお話から「坊っちゃん事典」についてお話をお聞きしました。また、今話題の「漱石アンドロイド」についても様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

源川瑠々子の『星空の歌』(2017/03/02 更新)二松學舎大学・文学部国文学科 教授 山口直孝さん◇今夜のお客様は、二松學舎大学・文学部国文学科教授の山口直孝さんをお迎えします。今回は、昨年3月に二松學舍大学九段キャンパスで開催されたイベント『楽しい漱石』のお話から「坊っちゃん事典」についてお話をお聞きしました。また、今話題の「漱石アンドロイド」についても様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!

大島花子 (歌手) 東洋英和女学院大学入学と同時にミュージカル「大草原の小さな家」で初舞台。役ではなく自分の言葉で表現したいと歌手を志し作詞作曲を開始。2010年からはショーロクラブの笹子重治氏(ギター)とのデュオを中心にライブ活動を定期的に行っており様々な楽器を独自の世界観で表現し好評を得ている。また、坂本九の遺した楽曲の継承者としての役割を日本各地で果たすべく歌を歌い伝える。2013年NHK「歌謡コンサート」出演。2014年秋東京での初のホールコンサートはチケット完売。 12月にファーストアルバム「柿の木坂」を発売。 http://www.hanakooshima.com/da_dao_hua_ziofisharusaito/top.html

大島花子 (歌手) 東洋英和女学院大学入学と同時にミュージカル「大草原の小さな家」で初舞台。役ではなく自分の言葉で表現したいと歌手を志し作詞作曲を開始。2010年からはショーロクラブの笹子重治氏(ギター)とのデュオを中心にライブ活動を定期的に行っており様々な楽器を独自の世界観で表現し好評を得ている。また、坂本九の遺した楽曲の継承者としての役割を日本各地で果たすべく歌を歌い伝える。2013年NHK「歌謡コンサート」出演。2014年秋東京での初のホールコンサートはチケット完売。 12月にファーストアルバム「柿の木坂」を発売。 http://www.hanakooshima.com/da_dao_hua_ziofisharusaito/top.html

榊原 大(ピアニスト、作・編曲家)東京芸術大学在学中にG-CLEFを結成。解散後も、その力強いピアノタッチとジャンル不問の卓越したセンスは、葉加瀬太郎、ゴスペラーズ、中島美嘉、松田聖子、大友康平等数々のアーティストのステージサポートやアレンジワークで発揮される。2001年から本格的にソロ活動に取り組み、現在までに7枚のオリジナルアルバムをリリース。また、映像音楽も数多く手掛けており、05年にはNHK連続テレビ小説「ファイト」の音楽を担当、日本テレビドラマ「ブルドクター」(11年)やテレビ朝日系列「ANNニュース」テーマなどで楽曲を提供している。14年5月、初のクラシックカバーアルバム「Dear Classix」をキングレコードより発表。ライブや音楽制作と精力的に活動している。http://www.sakakibaradai.com/

榊原 大(ピアニスト、作・編曲家)東京芸術大学在学中にG-CLEFを結成。解散後も、その力強いピアノタッチとジャンル不問の卓越したセンスは、葉加瀬太郎、ゴスペラーズ、中島美嘉、松田聖子、大友康平等数々のアーティストのステージサポートやアレンジワークで発揮される。2001年から本格的にソロ活動に取り組み、現在までに7枚のオリジナルアルバムをリリース。また、映像音楽も数多く手掛けており、05年にはNHK連続テレビ小説「ファイト」の音楽を担当、日本テレビドラマ「ブルドクター」(11年)やテレビ朝日系列「ANNニュース」テーマなどで楽曲を提供している。14年5月、初のクラシックカバーアルバム「Dear Classix」をキングレコードより発表。ライブや音楽制作と精力的に活動している。http://www.sakakibaradai.com/

ゲスト◇泉見洋平(俳優・歌手)1986年TV番組「アイドル花組おとこ組」で1万5千人の中からスカウトされレギュラー出演。‘90年映画「ストロベリータイムス4~如月三姉妹の逆襲~」の主人公で俳優デビュー。TVドラマ「ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ3」や「世にも奇妙な物語ー城ー」など数々のTVドラマ・映画に出演。‘97年人気アニメ「グラビテーション2」の主題歌でCDデビュー。‘00年にはシングル「ONE MORE CHANCE」でソロアーティストとして始動。現在までに、シングル「あした」「愛が止まらないように」「愛の輪舞曲」「シアワセはありますか」「ナミダ」「うつつの夢」等、アルバム「Beginning」「DREAM COWBOY」等をリリース。また、大型ミュージカルのメインキャストとして活躍中。CDリリース、舞台公演と並行して、コンサート・ディナーショー等ライブ活動にも意欲的に取り組んでおり、オリジナルの他に和洋スタンダード、ミュージカルナンバーまで幅広いレパートリーのステージは、世代を超えた多くの観客を魅了している。 http://www.izumiyohei.net/

ゲスト◇泉見洋平(俳優・歌手)1986年TV番組「アイドル花組おとこ組」で1万5千人の中からスカウトされレギュラー出演。‘90年映画「ストロベリータイムス4~如月三姉妹の逆襲~」の主人公で俳優デビュー。TVドラマ「ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ3」や「世にも奇妙な物語ー城ー」など数々のTVドラマ・映画に出演。‘97年人気アニメ「グラビテーション2」の主題歌でCDデビュー。‘00年にはシングル「ONE MORE CHANCE」でソロアーティストとして始動。現在までに、シングル「あした」「愛が止まらないように」「愛の輪舞曲」「シアワセはありますか」「ナミダ」「うつつの夢」等、アルバム「Beginning」「DREAM COWBOY」等をリリース。また、大型ミュージカルのメインキャストとして活躍中。CDリリース、舞台公演と並行して、コンサート・ディナーショー等ライブ活動にも意欲的に取り組んでおり、オリジナルの他に和洋スタンダード、ミュージカルナンバーまで幅広いレパートリーのステージは、世代を超えた多くの観客を魅了している。 http://www.izumiyohei.net/

ゲスト◇白石尚悟(ギタリスト)様々なアーティストのバックを務める傍ら、2014年から、自身によるソロプロジェクト「Shogo Shiraishi & The System Theory」を開始する。叙情あるギターワークに、キーボード、ホーンなども取り入れた壮大なインストサウンドで独自の音世界を展開する。 ロック、ジャズ、ブルース、シンフォニックなど、あらゆる音楽の要素を吸収し、緻密に構成された幻想的でドラマティックな楽曲が持ち味。 その独特のアンサンブルや物語性から、プログレッシヴ・ロックと評される。 2014年11月、プロジェクト名をタイトルにした1stアルバム「Shogo Shiraishi & The System Theory」をリリース。 2015年春からライブ活動を展開する。

ゲスト◇白石尚悟(ギタリスト)様々なアーティストのバックを務める傍ら、2014年から、自身によるソロプロジェクト「Shogo Shiraishi & The System Theory」を開始する。叙情あるギターワークに、キーボード、ホーンなども取り入れた壮大なインストサウンドで独自の音世界を展開する。 ロック、ジャズ、ブルース、シンフォニックなど、あらゆる音楽の要素を吸収し、緻密に構成された幻想的でドラマティックな楽曲が持ち味。 その独特のアンサンブルや物語性から、プログレッシヴ・ロックと評される。 2014年11月、プロジェクト名をタイトルにした1stアルバム「Shogo Shiraishi & The System Theory」をリリース。 2015年春からライブ活動を展開する。

Pinterest
検索