レッジョ・エミリア

関連トピックを見てみる

【ミラン公式PHOTO】TIMトロフィーに向けてレッジョ・エミリアへ移動のミラン――本田&長友、列車内での邂逅 | サッカーダイジェストWeb

【ミラン公式PHOTO】TIMトロフィーに向けてレッジョ・エミリアへ移動のミラン――本田&長友、列車内での邂逅 | サッカーダイジェストWeb

【ミラン公式PHOTO】TIMトロフィーに向けてレッジョ・エミリアへ移動のミラン――本田&長友、列車内での邂逅 | サッカーダイジェストWeb

【ミラン公式PHOTO】TIMトロフィーに向けてレッジョ・エミリアへ移動のミラン――本田&長友、列車内での邂逅 | サッカーダイジェストWeb

『子どもたちの100の言葉(日東書院)』の舞台、それはイタリア北部の小さな町、レッジョ・エミリア。

『子どもたちの100の言葉(日東書院)』の舞台、それはイタリア北部の小さな町、レッジョ・エミリア。

第8回(前編) NY:レッジョ・エミリア ・アプローチ — 深い思考と豊かな表現力を育む教育 —  |  AGROSPACIA

第8回(前編) NY:レッジョ・エミリア ・アプローチ — 深い思考と豊かな表現力を育む教育 — | AGROSPACIA

世界が注目、イタリアの小さな町「レッジョ・エミリア」の驚くべき幼児教育 | roomie(ルーミー)

世界が注目、イタリアの小さな町「レッジョ・エミリア」の驚くべき幼児教育

世界が注目、イタリアの小さな町「レッジョ・エミリア」の驚くべき幼児教育 | roomie(ルーミー)

『子どもたちの100の言葉』:イタリア、レッジョ・エミリアの幼児教育ブック。北イタリアの小さな町の試み。子どもたちの驚き、発見に耳を傾ける。本書は、子どもたちと一緒に体験する冒険物語です。 それはイタリア北部に小さな町、レッジョ・エミリアで第二次世界大戦直後、近くの村の人たちが率先して幼い子どもたちの学校を造ろうとしたことに始まりました。そして創設者の一人であるローリス・マラグッツイは、ここで積み重ねられた子どもたちの言葉や経験に素晴らしい方向性とインスピレーションを与え続けました。…

『子どもたちの100の言葉』:イタリア、レッジョ・エミリアの幼児教育ブック。北イタリアの小さな町の試み。子どもたちの驚き、発見に耳を傾ける。本書は、子どもたちと一緒に体験する冒険物語です。 それはイタリア北部に小さな町、レッジョ・エミリアで第二次世界大戦直後、近くの村の人たちが率先して幼い子どもたちの学校を造ろうとしたことに始まりました。そして創設者の一人であるローリス・マラグッツイは、ここで積み重ねられた子どもたちの言葉や経験に素晴らしい方向性とインスピレーションを与え続けました。…

memo:レッジョ・エミリア「驚くべき学びの世界展」に行ってきた。 (2065)

memo:レッジョ・エミリア「驚くべき学びの世界展」に行ってきた。 (2065)

今話題!レッジョ・エミリア・アプローチの"個"を活かす幼児教育法 | 保育のお仕事レポート

今話題!レッジョ・エミリア・アプローチの"個"を活かす幼児教育法 | 保育のお仕事レポート

レッジョ・エミリアの教育アプローチの視点は、わたしの育児に最も影響を与えていたかもしれません。

世界が注目、イタリアの小さな町「レッジョ・エミリア」の驚くべき幼児教育

レッジョ・エミリアの教育アプローチの視点は、わたしの育児に最も影響を与えていたかもしれません。

ポートランドのNPOシティ・リペアによる交差点ペインティング。子どもの遊び場も。   社会全体で子どもの育ちを見守る文化を育むために。「世界と日本、子どものとなりで」は、子どもを中心とした社会づくりに取り組む方々の声を聞く連載企画。greenz people(グリーンズ会員)からの寄付により展開しています。   ここでは、子どもは一人ひとりの ”市民”として扱われ、歓迎されています。  幼児教育の分野で世界的に有名な北イタリアのまちレッジョ・エミリア。この言葉は、私が昨年3月に参加したスタディツアーの場で、ベテラン教育者から語られた一言です。  実践を元にしたパッションあふれるレクチャーにたびたび心打たれ、ハッとさせられっぱなし。彼女たちから紡がれる言葉には、いつも子どもたちへのリスペクトが存在していました。  「子どもは半人前で、未熟な存在で、だから護ってあげなきゃいけなくて…」という認識でいる社会と、「子どもはたとえ赤ちゃんでも独立した個人で、その人にしかない個性を持っていて、しかもどこまでも自由で豊かな発想力を持っている」と考える社会。…

ポートランドのNPOシティ・リペアによる交差点ペインティング。子どもの遊び場も。 社会全体で子どもの育ちを見守る文化を育むために。「世界と日本、子どものとなりで」は、子どもを中心とした社会づくりに取り組む方々の声を聞く連載企画。greenz people(グリーンズ会員)からの寄付により展開しています。 ここでは、子どもは一人ひとりの ”市民”として扱われ、歓迎されています。 幼児教育の分野で世界的に有名な北イタリアのまちレッジョ・エミリア。この言葉は、私が昨年3月に参加したスタディツアーの場で、ベテラン教育者から語られた一言です。 実践を元にしたパッションあふれるレクチャーにたびたび心打たれ、ハッとさせられっぱなし。彼女たちから紡がれる言葉には、いつも子どもたちへのリスペクトが存在していました。 「子どもは半人前で、未熟な存在で、だから護ってあげなきゃいけなくて…」という認識でいる社会と、「子どもはたとえ赤ちゃんでも独立した個人で、その人にしかない個性を持っていて、しかもどこまでも自由で豊かな発想力を持っている」と考える社会。…

Pinterest
検索