Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

16世紀ルネサンス貴族女性。イタリア。スペイン。 Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 「petticoat renaissance」の画像検索結果

pin 1

16~17世紀ルネサンス・バロック男性貴族。Ruff(ラフ)=付け襟。元々は衣服をあまり着替えないため、汚れやすい襟だけを交換するために付けられた。ルネサンス時代のラフは後世ほど派手な形ではない。元首の礼装ともなれば、動きやすさより威厳が大事。 Ruffs became a characteristic style during the 16th century. The accessory was placed around the neck and was commonly made of lace or starch.

pin 1

16世紀ルネサンス貴族女性。イタリア。スペイン Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 A-Line Petticoat - Renaissance medieval Clothing, Costumes

16~17世紀ルネサンス・バロック男性貴族。Ruff(ラフ)=付け襟。元々は衣服をあまり着替えないため、汚れやすい襟だけを交換するために付けられた。ルネサンス時代のラフは後世ほど派手な形ではない。元首の礼装ともなれば、動きやすさより威厳が大事。An excellent reproduction of the clothing worn by a well dressed Elizabethan gentleman.

pin 2

reproduction Gown Tudor black siver brocade エリザベス朝期だとすればシェイクスピアの時代のドレスにあたるので、これも19世紀Gigot sleeves gownsの原型でしょうか…。

pin 2

16~17世紀ルネサンス・バロック男性貴族。Ruff(ラフ)=付け襟。元々は衣服をあまり着替えないため、汚れやすい襟だけを交換するために付けられた。ルネサンス時代のラフは後世ほど派手な形ではない。元首の礼装ともなれば、動きやすさより威厳が大事。Ruffs!

16世紀ルネサンス貴族女性。イングランド。 Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 Mode générale - Le costume historique

pin 1

16世紀ルネサンス貴族女性。イタリア。スペイン Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 A-Line Petticoat - Renaissance medieval Clothing, Costumes

16世紀ルネサンス貴族女性。イングランド。 Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 Mode générale - Le costume historique

pin 1

16世紀ルネサンス貴族女性。イングランド。 Petticoat(ペティコート)=スカートの下に着る下着。時代毎にその素材や構成、使い道は異なる。ルネサンス期のペティコートはファージンゲールとも呼ばれ、鯨骨などで枠を作ってスカートを大きく膨らませる機能がある。素材は滑りを良くするため、絹が好まれた。 イタリアやスペインでは円錐形を作るペティコートが多いが、イギリスではタイヤ型の腰を使ってドラム形のスカートにする。 The first great period of the corset: corset_history