27〜50ミリメートル排気マフラーで移動ブローダウンサイレンサーミュートフィットバイクオートバイ黒排気管マフラーマフラーサイレンサーウォッシュプラグ

27〜50ミリメートル排気マフラーで移動ブローダウンサイレンサーミュートフィットバイクオートバイ黒排気管マフラーマフラーサイレンサーウォッシュプラグ

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) SLIP-ON LINE GPスタイル チタン | マフラー スリップオンサイレンサー(二輪)パーツの通販なら | Croooober(クルーバー)

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) SLIP-ON LINE GPスタイル チタン | マフラー スリップオンサイレンサー(二輪)パーツの通販なら | Croooober(クルーバー)

BEAMS  【  汎用サイレンサー  】  バイクマフラー・バイクパーツ製造販売メーカー ビームス BEAMS BMS-R ビーエムエスアールオフィシャルホームページ

BEAMS 【 汎用サイレンサー 】 バイクマフラー・バイクパーツ製造販売メーカー ビームス BEAMS BMS-R ビーエムエスアールオフィシャルホームページ

ドラッグスター400 ドラッグパイプマフラー インナーサイレンサーインプレッション

ドラッグスター400 ドラッグパイプマフラー インナーサイレンサーインプレッション

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_写真のものが全てとなります。

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_写真のものが全てとなります。

NOエンジンスワップで、四輪ホイールを履くことに成功したリアまわり。気になった人は同店までCALLプリーズ! マフラーは2本出しと見せかけて外側がサイレンサー、内側がエアサスのギミックもポイント。

スズキ ジェンマ プロが造るカスタム

NOエンジンスワップで、四輪ホイールを履くことに成功したリアまわり。気になった人は同店までCALLプリーズ! マフラーは2本出しと見せかけて外側がサイレンサー、内側がエアサスのギミックもポイント。

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_画像3

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_画像3

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_画像2

中古 社外 バイク 部品 ビューエルX1ライトニング サイレンサー マフラー 激レア_画像2

可変式のステップはナイトロレーシング製。アルミ削り出しのスプロケットカバーはアグラス製。マフラーはアサヒナ製チタンEXにナイトロレーシングのコニカルチタンVer.2サイレンサーを組み合わせた、非常に凝った仕様

スズキ GSX1100S KATANA プロが造るカスタム

可変式のステップはナイトロレーシング製。アルミ削り出しのスプロケットカバーはアグラス製。マフラーはアサヒナ製チタンEXにナイトロレーシングのコニカルチタンVer.2サイレンサーを組み合わせた、非常に凝った仕様

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

Pinterest
検索