Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

「はらぺこあおむし」作者エリック・カールの展覧会が世田谷美術館で開催

ベストセラーの絵本「はらぺこあおむし」の作者として知られるアメリカ人の絵本作家エリック・カールの展覧「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」(以下、エリック・カール展)が、世田谷美術館で開催される。会期は2017年4月22日から7月2日まで。

pin 1

カラフル

カラフル もっと見る

pin 3

「出版不況と言うのは、出版社がサボっているだけ」。そう語るのは大ベストセラー『えんとつ町のプペル』を生んだ、芸人にして絵本作家のキングコング・西野亮廣。彼は、時代によって変わるモノの売り方をどう読んでいるのか? いま、本を売るために必要なこととは?

pin 3

評決のとき

アメリカのベストセラー作家ジョン・グリシャムのデビュー作をもとにした法廷サスペンス。ミシシッピー州の街カントンで10歳の黒人少女が二人の白人青年に暴行を受けるという事件が起った。

17歳の肖像

イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と成長を描く。

pin 6

下克上が世の常だった戦国時代には、自らの才能を武器に「大出世」を実現した英雄は数多い。 その中でも、「半農の下級武士」という低い身分から最終的に「天下人」まで上り詰めた豊臣秀吉は稀有な例であり、「日本史上、最も大出世を遂げた人物」のひとりと言っても過言ではない。 大出世を可能にしたのは、「人たらし」の異名を持つ天才的な人心掌握術が一因だが、それだけが原因とは考えにくい。秀吉の出世の裏には「他の要因」も存在していた。 「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計17万部のベストセラーになっている。 本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「秀吉の大出世」を解説する。 戦国時代、最も出世した人物は誰?…

ベストセラー『明治維新という過ち』の異色作家が放つ新境地!文明を最も動かす「人口と経済」で読み解く江戸250年~明治維新の誰も教えてくれなかった真実!いま、なぜ世界は江戸に向かうのか?

喫煙よりも寿命を縮める!? デスクワークは死亡リスク1.4倍! 全米ベストセラー作家の健康長寿の新常識「座らない!」 | デイリー新潮

インスタで小説連載ベストセラー作家の新たな試み

ピース又吉直樹、樹木希林を“新相方”に抜擢!? 「綾部よりやりやすい

又吉直樹/「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」舞台挨拶

pin 1