ビリー・ホリデイ - 奇妙な果実

ビリー・ホリデイ - 奇妙な果実

週末の夜の色んなビリーホリデイ | 山形県の旬でおいしい情報【んめちゃネット】

週末の夜の色んなビリーホリデイ | 山形県の旬でおいしい情報【んめちゃネット】

【新品LP】JOSE JAMES / Yesterday I Had The Blues: ホセ・ジェイムスのビリー・ホリデイへのオマージュ作品が2LPで登場!

【新品LP】JOSE JAMES / Yesterday I Had The Blues: ホセ・ジェイムスのビリー・ホリデイへのオマージュ作品が2LPで登場!

アマゾン : ビリー・ホリデイ, エディ・ヘイウッド, フランク・ニュートン, ドク・チータム, ジョン・シモンズ, タブ・スミス, レン・デイヴィス, シドニー・カトレット, ケネス・ホロン, ヴィック・ディッケンソン, スタンリー・ペイン : 奇妙な果実 - Amazon.co.jp ミュージック

アマゾン : ビリー・ホリデイ, エディ・ヘイウッド, フランク・ニュートン, ドク・チータム, ジョン・シモンズ, タブ・スミス, レン・デイヴィス, シドニー・カトレット, ケネス・ホロン, ヴィック・ディッケンソン, スタンリー・ペイン : 奇妙な果実 - Amazon.co.jp ミュージック

おはようございます。 今日はリー・モーガンの生まれた日。 リー・モーガンは、クリフォード・ブラウンと並ぶ夭折の天才トランペッター。彼の代表作「The Sidewinder」は8ビートをジャズに取り入れたジャズ・ロックの名曲ですが、今朝の一曲はそれとは対照的なスローバラード系にしましょう。 今朝の一曲は「I'm a Fool To Want You 」 、ビリー・ホリデイのヴォーカル版が有名で、少し前にも流しましたが、リー・モーガンのトランペットもいいですねー。

おはようございます。 今日はリー・モーガンの生まれた日。 リー・モーガンは、クリフォード・ブラウンと並ぶ夭折の天才トランペッター。彼の代表作「The Sidewinder」は8ビートをジャズに取り入れたジャズ・ロックの名曲ですが、今朝の一曲はそれとは対照的なスローバラード系にしましょう。 今朝の一曲は「I'm a Fool To Want You 」 、ビリー・ホリデイのヴォーカル版が有名で、少し前にも流しましたが、リー・モーガンのトランペットもいいですねー。

すいません、見れない人もいると聞いておりますが、雪と雨を僕の描いた絵にモーション加工をしてみました。  昔の僕のオーディオみたいで懐かしいです。 獄道音響道 WE12Aホーンシステムでビリー・ホリデイを聴く http://youtu.be/b-nnIwrvNHE

すいません、見れない人もいると聞いておりますが、雪と雨を僕の描いた絵にモーション加工をしてみました。 昔の僕のオーディオみたいで懐かしいです。 獄道音響道 WE12Aホーンシステムでビリー・ホリデイを聴く http://youtu.be/b-nnIwrvNHE

おはようございます。 今朝の一曲は「恋は愚かと言うけれど」(I'm A Fool To Want You) この曲、ヴォーカル版ではなんといってもビリー・ホリデイのが最高ですが、歌なし版で選ぶとしたらこの演奏ですね。豪華メンバー協演なのですが、なかでもリー・モーガンのトランペットの表現力、哀愁に満ちたミュートプレイが光ります。

おはようございます。 今朝の一曲は「恋は愚かと言うけれど」(I'm A Fool To Want You) この曲、ヴォーカル版ではなんといってもビリー・ホリデイのが最高ですが、歌なし版で選ぶとしたらこの演奏ですね。豪華メンバー協演なのですが、なかでもリー・モーガンのトランペットの表現力、哀愁に満ちたミュートプレイが光ります。

Billie Holiday,album covers

Billie Holiday,album covers

Lady Sings the Blues / ビリー・ホリデイ物語 (1972)

Lady Sings the Blues / ビリー・ホリデイ物語 (1972)

No362 浅川マキの書評 ビリーホリデイ自伝「奇妙な果実」 - 野次馬雑記 - Yahoo!ブログ 浅川マキは歌手ではあるが、2冊の本も出している。彼女が「構造」1971年6月号に寄稿した書評がある。ビリーホリデイ自伝「奇妙な果実」の書評であるが、読み始めると、浅川マキの歌を聞いているような気にさせる文章である。 今回は、その書評を掲載する。

No362 浅川マキの書評 ビリーホリデイ自伝「奇妙な果実」 - 野次馬雑記 - Yahoo!ブログ 浅川マキは歌手ではあるが、2冊の本も出している。彼女が「構造」1971年6月号に寄稿した書評がある。ビリーホリデイ自伝「奇妙な果実」の書評であるが、読み始めると、浅川マキの歌を聞いているような気にさせる文章である。 今回は、その書評を掲載する。

Pinterest
検索