ハリール・ジブラーン

関連トピックを見てみる

ハリール・ジブラーン「苦しみについて」より抜粋   あなたの苦しみはあなたの心の中の 英知をとじこめている外皮(から)を破るもの。 果物の核(たね)が割れると中身が陽を浴びるように あなたも苦しみを知らなくてはならない。 あなたの生命(いのち)に日々起る奇跡 その奇跡に驚きの心を抱きつづけられるならば あなたの苦しみはよろこびと同じく おどろくべきものに見えてくるだろう。 そしてあなたの心のいろいろな季節を そのまま受け入れられるだろう。 ちょうど野の上に過ぎゆく各季節を 受け入れてきたように。 あなたの悲しみの冬の日々をも 静かな心で眺められることだろう。  -神谷美恵子 著『ハリール・ジブラーンの詩』より-

ハリール・ジブラーン「苦しみについて」より抜粋 あなたの苦しみはあなたの心の中の 英知をとじこめている外皮(から)を破るもの。 果物の核(たね)が割れると中身が陽を浴びるように あなたも苦しみを知らなくてはならない。 あなたの生命(いのち)に日々起る奇跡 その奇跡に驚きの心を抱きつづけられるならば あなたの苦しみはよろこびと同じく おどろくべきものに見えてくるだろう。 そしてあなたの心のいろいろな季節を そのまま受け入れられるだろう。 ちょうど野の上に過ぎゆく各季節を 受け入れてきたように。 あなたの悲しみの冬の日々をも 静かな心で眺められることだろう。 -神谷美恵子 著『ハリール・ジブラーンの詩』より-

子どもについて  ハリール・ジブラーン(カーリル・ギブラン)  赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。 どうぞ子どもたちの話をして下さい。 それで彼は言った。 あなたがたの子どもたちは あなたがたのものではない。 彼らは生命そのものの あこがれの息子や娘である。 彼らはあなたがたを通して生まれてくるくるけれども あなたがたから生じたものではない、 彼らはあなたがたと共にあるけれども あなたがたの所有物ではない。  あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、 あなたがたの考えを与えることはできない、 なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。 あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが 彼らの魂を宿すことはできない、 なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、 あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。 あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、 彼らに自分のようにならせようとしてはならない。 なぜなら生命はうしろへ退くことはなく いつまでも昨日のところに うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。 あなたがたは弓のようなもの、 その弓からあなたがたの子どもたちは…

子どもについて ハリール・ジブラーン(カーリル・ギブラン) 赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。 どうぞ子どもたちの話をして下さい。 それで彼は言った。 あなたがたの子どもたちは あなたがたのものではない。 彼らは生命そのものの あこがれの息子や娘である。 彼らはあなたがたを通して生まれてくるくるけれども あなたがたから生じたものではない、 彼らはあなたがたと共にあるけれども あなたがたの所有物ではない。 あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、 あなたがたの考えを与えることはできない、 なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。 あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが 彼らの魂を宿すことはできない、 なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、 あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。 あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、 彼らに自分のようにならせようとしてはならない。 なぜなら生命はうしろへ退くことはなく いつまでも昨日のところに うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。 あなたがたは弓のようなもの、 その弓からあなたがたの子どもたちは…

ハリール・ジブラーン - Wikipedia

ハリール・ジブラーン - Wikipedia

よそいきの衣をまとうように 自己の徳をまとう者は裸でいるほうがよい。  風も太陽もその皮膚に穴をあけはしまい。  倫理によって自己の行動を決める者は  歌う鳥を籠にとじこめてしまう。  もっとも自由な歌は  牢獄の中からひびいて来はしない。 礼拝をまるで窓のように思い、 開けたり閉めたりする者は  自分の魂の家を訪ねたことのない者だ、  その家の窓は曙から曙へと開かれているのに。  あなたがたの日々の生活こそ  寺院であり、宗教である。  -『『ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)』(神谷 美恵子 著)より)-

よそいきの衣をまとうように 自己の徳をまとう者は裸でいるほうがよい。 風も太陽もその皮膚に穴をあけはしまい。 倫理によって自己の行動を決める者は 歌う鳥を籠にとじこめてしまう。 もっとも自由な歌は 牢獄の中からひびいて来はしない。 礼拝をまるで窓のように思い、 開けたり閉めたりする者は 自分の魂の家を訪ねたことのない者だ、 その家の窓は曙から曙へと開かれているのに。 あなたがたの日々の生活こそ 寺院であり、宗教である。 -『『ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)』(神谷 美恵子 著)より)-

"...el bosque puede llevarse a casa evocando el perfume del enebro, el ronroneo del gato puede convertirse en una dulce nana, el atercipelado tacto de las hojas del bejeque ayuda a relajarse, y la silenciosa caída de la última hoja de un árbol ya desnudo se convierte en un espectáculo minimalista" (Mónica Artigas).

"...el bosque puede llevarse a casa evocando el perfume del enebro, el ronroneo del gato puede convertirse en una dulce nana, el atercipelado tacto de las hojas del bejeque ayuda a relajarse, y la silenciosa caída de la última hoja de un árbol ya desnudo se convierte en un espectáculo minimalista" (Mónica Artigas).

かれは過(あやま)った妄見を以ってみたされ、驕慢(きょうまん)によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、みずからの心のうちでは自分を賢者だと自認している。 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。 -『ブッダのことば スッタニパータ』(中村元 訳)より-

かれは過(あやま)った妄見を以ってみたされ、驕慢(きょうまん)によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、みずからの心のうちでは自分を賢者だと自認している。 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。 -『ブッダのことば スッタニパータ』(中村元 訳)より-

Congaree National Park, South Carolina >>> Another place to add to my US 'must explore' list! #AEC

Congaree National Park, South Carolina >>> Another place to add to my US 'must explore' list! #AEC

「浄土の機縁」 時代を縁として、それに悩むものが機となるー金子大栄ー                  『親鸞の世界』より

「浄土の機縁」 時代を縁として、それに悩むものが機となるー金子大栄ー 『親鸞の世界』より

自然の写真,母なる自然,パス,美しい場所,美しい森,9月,へ,自然,植物

私たちの思いは、自分の生活を自分自身の手で握り、支配し整え、生きたいと願う。 しかし、日々のあり方は業縁のなかを手探りし、惑い、さまよう生活である。 -神戸和磨(『歎異抄に聴く 本願の生活者』より)-

私たちの思いは、自分の生活を自分自身の手で握り、支配し整え、生きたいと願う。 しかし、日々のあり方は業縁のなかを手探りし、惑い、さまよう生活である。 -神戸和磨(『歎異抄に聴く 本願の生活者』より)-

Pinterest
検索