ニュージーランドのタトゥー

ピンクの薔薇(ニュージーランド)  / Free Stock Photos

ピンクの薔薇(ニュージーランド) / Free Stock Photos

pin 16
heart 2
練習場でのソニー・ビル・ウィリアムズ

練習場でのソニー・ビル・ウィリアムズ

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

pin 1
地球は、部族のものだ。この作品群であなたは『もう1つの地球』を目の当たりにする。 - ViRATES [バイレーツ]

地球は、部族のものだ。この作品群であなたは『もう1つの地球』を目の当たりにする。 - ViRATES [バイレーツ]

pin 2
1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。

pin 1
雪山獅子旗

雪山獅子旗

pin 2
写真家ジミー・ネルソンが地球を一周し、31の少数民族の文化を記録した壮大なプロジェクト「彼らが消えて行く前に」|はや速

写真家ジミー・ネルソンが地球を一周し、31の少数民族の文化を記録した壮大なプロジェクト「彼らが消えて行く前に」|はや速

pin 2
heart 1
ジョージ英王子がNZ到着、初の外遊開始 国際ニュース:AFPBB News    ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)で行われた歓迎式典で、先住民族マオリ(Maori)の戦士とあいさつする英国のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge、2014年4月7日撮影)。(c)AFP/MARTY MELVILLE

ジョージ英王子がNZ到着、初の外遊開始 国際ニュース:AFPBB News ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)で行われた歓迎式典で、先住民族マオリ(Maori)の戦士とあいさつする英国のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge、2014年4月7日撮影)。(c)AFP/MARTY MELVILLE

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search