ドロシア・ラング - Wikipedia

ドロシア・ラング - Wikipedia

ドロシア・ラング Dorothea Lange

ドロシア・ラング Dorothea Lange

ドロシア・ラング - Wikipedia1942年7月2日。マンザナー強制収容所において撮影。日系人の祖父と孫

ドロシア・ラング - Wikipedia1942年7月2日。マンザナー強制収容所において撮影。日系人の祖父と孫

日系アメリカ人の強制収容所、アンセル・アダムスが撮影した「不屈の精神」  ドロシア・ラング「日系アメリカ人の若い避難者が鞄の検閲を待つ=カリフォルニア州ターロック(1942年)」提供:Photographic Traveling Exhibitions

日系アメリカ人の強制収容所、アンセル・アダムスが撮影した「不屈の精神」 ドロシア・ラング「日系アメリカ人の若い避難者が鞄の検閲を待つ=カリフォルニア州ターロック(1942年)」提供:Photographic Traveling Exhibitions

日系アメリカ人の強制収容所、アンセル・アダムスが撮影した「不屈の精神」  アンセル・アダムス「防御用の塔から見るマンザナ(1943年)」提供:Photographic Traveling Exhibitions    アダムスは目標を持ってマンザナに行った。「彼は、当時あった反日のイメージと人種差別の感情とは対照的に、力強さや不屈の精神を見せたかったのです」。スカーボール・カルチャーセンターの学芸員助手リンデ・レーティネンはそう話す。「彼は日系アメリカ人がアメリカ市民であるということを見せたかったのです。すさまじい不当な仕打ちを受けながらも、コミュニティを作っている彼らが」。  全米日系人博物館には、ドロシア・ラングや宮武東洋など、アダムス以外にも数人の写真家の作品がある。その他、遺品など、マンザナでの生活を思い起こさせるものが展示されている。マンザナは、アメリカ西部とアーカンソー州に10件あった「移住センター」のうちの1つだった。

日系アメリカ人の強制収容所、アンセル・アダムスが撮影した「不屈の精神」 アンセル・アダムス「防御用の塔から見るマンザナ(1943年)」提供:Photographic Traveling Exhibitions アダムスは目標を持ってマンザナに行った。「彼は、当時あった反日のイメージと人種差別の感情とは対照的に、力強さや不屈の精神を見せたかったのです」。スカーボール・カルチャーセンターの学芸員助手リンデ・レーティネンはそう話す。「彼は日系アメリカ人がアメリカ市民であるということを見せたかったのです。すさまじい不当な仕打ちを受けながらも、コミュニティを作っている彼らが」。 全米日系人博物館には、ドロシア・ラングや宮武東洋など、アダムス以外にも数人の写真家の作品がある。その他、遺品など、マンザナでの生活を思い起こさせるものが展示されている。マンザナは、アメリカ西部とアーカンソー州に10件あった「移住センター」のうちの1つだった。

dorothea lange | dorothea lange recommended books dorothea lange the crucial years the ...

dorothea lange | dorothea lange recommended books dorothea lange the crucial years the ...

ドロシア・ラング

ドロシア・ラング

ドロシア・ラング - Wikipedia

ドロシア・ラング - Wikipedia

godhateskittens: Dorothea Lange : A Life Beyond... - Scraaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaap

godhateskittens: Dorothea Lange : A Life Beyond... - Scraaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaap

Dorothea Lange / ドロシア・ラング The History Place - Dorothea Lange Photo Gallery: Waiting for Work: Professional Migratory Laborer

Dorothea Lange / ドロシア・ラング The History Place - Dorothea Lange Photo Gallery: Waiting for Work: Professional Migratory Laborer

Pinterest
検索