海外文学の翻訳本を数多く手がける老舗出版社・白水社が、サッカーにまつわる良質なノンフィクション本をいくつも出していることは、あまり知られていないかもしれない。デニス・ジョンソンをはじめ、現代の海外文学の翻訳本を編集しながら、サッカー本を送り出してきた編集者、藤波健にとってのサッカーを聞いた。藤波が編集した、チャック・コール、マービン・クローズ著『サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』(実川元子訳)は南アフリカW杯前の必読書。

海外文学の翻訳本を数多く手がける老舗出版社・白水社が、サッカーにまつわる良質なノンフィクション本をいくつも出していることは、あまり知られていないかもしれない。デニス・ジョンソンをはじめ、現代の海外文学の翻訳本を編集しながら、サッカー本を送り出してきた編集者、藤波健にとってのサッカーを聞いた。藤波が編集した、チャック・コール、マービン・クローズ著『サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』(実川元子訳)は南アフリカW杯前の必読書。

文化人類学者、今福龍太2冊目のサッカー批評書『ブラジルのホモ・ルーデンス』(月曜社)は、われわれが頑なに信じている“勝利”への欲望が、決してサッカーの本質ではないということを徹底して熱く語りつづける。では、真のサッカーとは一体何なのだろうか。サッカーが本来持つ美と快楽に再び眼を向けてみよう。

文化人類学者、今福龍太2冊目のサッカー批評書『ブラジルのホモ・ルーデンス』(月曜社)は、われわれが頑なに信じている“勝利”への欲望が、決してサッカーの本質ではないということを徹底して熱く語りつづける。では、真のサッカーとは一体何なのだろうか。サッカーが本来持つ美と快楽に再び眼を向けてみよう。

屋敷豪太自身の名前は知らなくても、彼が関わった音楽を耳にしたことのない人はおそらくいないだろう。ミュートビート、メロン、SOUL ・ SOUL、シンプリーレッドなど数々の伝説的バンドに参加しながら、名古屋グランパスのテーマ曲をも手掛ける懐の深さ。20年近い年月を過した、サッカー王国イングランドで得たサッカーへの想い。

屋敷豪太自身の名前は知らなくても、彼が関わった音楽を耳にしたことのない人はおそらくいないだろう。ミュートビート、メロン、SOUL ・ SOUL、シンプリーレッドなど数々の伝説的バンドに参加しながら、名古屋グランパスのテーマ曲をも手掛ける懐の深さ。20年近い年月を過した、サッカー王国イングランドで得たサッカーへの想い。

少女漫画家なかはら・ももたは、フットサルマンガ「あかねSAL☆」や「ミーハーサッカー〈2006〉」などサッカーを題材にしたマンガも多く手掛ける。Jリーグ開幕以来のミーハーサッカーファンを自称する彼女に、サッカーの魅力を聞いた。

少女漫画家なかはら・ももたは、フットサルマンガ「あかねSAL☆」や「ミーハーサッカー〈2006〉」などサッカーを題材にしたマンガも多く手掛ける。Jリーグ開幕以来のミーハーサッカーファンを自称する彼女に、サッカーの魅力を聞いた。

コーチとしての指導経験を生かして、ピッチ上のディテールを追い求めながら、愛情豊かにサッカー文化を語るサッカージャーナリスト。スペイン・バレンシアで活動を開始し、5年を経て日本に帰国した小澤一郎が、自身のサッカーライフを語ってくれた。

コーチとしての指導経験を生かして、ピッチ上のディテールを追い求めながら、愛情豊かにサッカー文化を語るサッカージャーナリスト。スペイン・バレンシアで活動を開始し、5年を経て日本に帰国した小澤一郎が、自身のサッカーライフを語ってくれた。

お笑い芸人キングオブコメディは、今野浩喜が演じる奇妙なテンションとキャラクター設定に、高橋健一が言葉少なく冷静にツッコミを入れるというスタイルのコントで人気のコンビだ。最近では、特異な風貌と役のキャラクター性を活かし、今野は役者としても舞台や映画などに活躍の場を広げている。W杯中もサッカー芸人がもてはやされるなか、そこに並んではいない今野も、実は毎週「週刊サッカーマガジン」買うほどのサッカーマニアなのだ。

お笑い芸人キングオブコメディは、今野浩喜が演じる奇妙なテンションとキャラクター設定に、高橋健一が言葉少なく冷静にツッコミを入れるというスタイルのコントで人気のコンビだ。最近では、特異な風貌と役のキャラクター性を活かし、今野は役者としても舞台や映画などに活躍の場を広げている。W杯中もサッカー芸人がもてはやされるなか、そこに並んではいない今野も、実は毎週「週刊サッカーマガジン」買うほどのサッカーマニアなのだ。

徹底した日常語の使用、ダンス的な所作で国内外から高い評価を得る劇団、チェルフィッチュ。チェルフィッチュで役者として中心的な活動をしながら、ミュージシャン・批評家の大谷能生とのユニット、ライン京急としても積極的にパフォーマンスを行っている山縣太一。日常的で不安定なメリハリのある演技やダンスをする山縣は、小さい頃から愛してやまないサッカーからどんなことを得てきたのだろうか。

徹底した日常語の使用、ダンス的な所作で国内外から高い評価を得る劇団、チェルフィッチュ。チェルフィッチュで役者として中心的な活動をしながら、ミュージシャン・批評家の大谷能生とのユニット、ライン京急としても積極的にパフォーマンスを行っている山縣太一。日常的で不安定なメリハリのある演技やダンスをする山縣は、小さい頃から愛してやまないサッカーからどんなことを得てきたのだろうか。

一度は新聞社に入社しながらも、幼少の頃から好きなサッカーを見るために、日本を離れてブラジルに移住した経歴を持つフットボールジャーナリスト、下薗昌記。ブラジルやアルゼンチンといった、世界の強豪がひしめく南米サッカーを熟知した日本人だからこそ見えている日本サッカーの未来とは。

一度は新聞社に入社しながらも、幼少の頃から好きなサッカーを見るために、日本を離れてブラジルに移住した経歴を持つフットボールジャーナリスト、下薗昌記。ブラジルやアルゼンチンといった、世界の強豪がひしめく南米サッカーを熟知した日本人だからこそ見えている日本サッカーの未来とは。

福田健二が日本を飛び出してからすでに4年半(2008年当時)が過ぎようとしている。ピッチではフォワードとしてゴールへの飽くなき執着心を剥き出しにする福田だが、スパイクを脱いだ彼の素顔は驚くほど純朴で穏やかだ。

福田健二が日本を飛び出してからすでに4年半(2008年当時)が過ぎようとしている。ピッチではフォワードとしてゴールへの飽くなき執着心を剥き出しにする福田だが、スパイクを脱いだ彼の素顔は驚くほど純朴で穏やかだ。

メキシコのカルチャー誌「BabyBabyBaby」最新号にフォトストーリーが掲載されるなど、ガーリーな世界観がイギリス、日本のみならず国際的に注目を集めているフォトグラファー関根綾。現在はロンドンを拠点に活躍している彼女に、フォトグラファーが見たサッカーの母国を語ってもらった。

メキシコのカルチャー誌「BabyBabyBaby」最新号にフォトストーリーが掲載されるなど、ガーリーな世界観がイギリス、日本のみならず国際的に注目を集めているフォトグラファー関根綾。現在はロンドンを拠点に活躍している彼女に、フォトグラファーが見たサッカーの母国を語ってもらった。

Pinterest
検索