海外文学の翻訳本を数多く手がける老舗出版社・白水社が、サッカーにまつわる良質なノンフィクション本をいくつも出していることは、あまり知られていないかもしれない。デニス・ジョンソンをはじめ、現代の海外文学の翻訳本を編集しながら、サッカー本を送り出してきた編集者、藤波健にとってのサッカーを聞いた。藤波が編集した、チャック・コール、マービン・クローズ著『サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』(実川元子訳)は南アフリカW杯前の必読書。

海外文学の翻訳本を数多く手がける老舗出版社・白水社が、サッカーにまつわる良質なノンフィクション本をいくつも出していることは、あまり知られていないかもしれない。デニス・ジョンソンをはじめ、現代の海外文学の翻訳本を編集しながら、サッカー本を送り出してきた編集者、藤波健にとってのサッカーを聞いた。藤波が編集した、チャック・コール、マービン・クローズ著『サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち』(実川元子訳)は南アフリカW杯前の必読書。

徹底した日常語の使用、ダンス的な所作で国内外から高い評価を得る劇団、チェルフィッチュ。チェルフィッチュで役者として中心的な活動をしながら、ミュージシャン・批評家の大谷能生とのユニット、ライン京急としても積極的にパフォーマンスを行っている山縣太一。日常的で不安定なメリハリのある演技やダンスをする山縣は、小さい頃から愛してやまないサッカーからどんなことを得てきたのだろうか。

徹底した日常語の使用、ダンス的な所作で国内外から高い評価を得る劇団、チェルフィッチュ。チェルフィッチュで役者として中心的な活動をしながら、ミュージシャン・批評家の大谷能生とのユニット、ライン京急としても積極的にパフォーマンスを行っている山縣太一。日常的で不安定なメリハリのある演技やダンスをする山縣は、小さい頃から愛してやまないサッカーからどんなことを得てきたのだろうか。

特殊翻訳家として、ウィリアム・バロウズやJ・G・バラード、ジョン・ウォーターズなど、肩書きに違わぬ特殊な人々の作品群の翻訳で活躍している柳下毅一郎。そして、自身サッカーオタクであり、世のサッカー好きにはサッカー・ジャーナリスト、サイモン・クーパーの翻訳家としても知られている。映画評論家でもある柳下に、サッカー映画ベストイレブンとともに聞いたサッカーオタクの観戦学。

特殊翻訳家として、ウィリアム・バロウズやJ・G・バラード、ジョン・ウォーターズなど、肩書きに違わぬ特殊な人々の作品群の翻訳で活躍している柳下毅一郎。そして、自身サッカーオタクであり、世のサッカー好きにはサッカー・ジャーナリスト、サイモン・クーパーの翻訳家としても知られている。映画評論家でもある柳下に、サッカー映画ベストイレブンとともに聞いたサッカーオタクの観戦学。

映画『Sweet Rain死神の精度』やドラマ「ロス:タイム:ライフ」で、2008年最も活躍した監督の一人に数えられる筧昌也。中でもドラマ作品にサッカー特有のロスタイムという概念を導入し、人の“死”というドラマ性と、実況やテロップなどサッカー中継の要素とを軽やかに融合させた「ロス:タイム:ライフ」は、画期的なドラマとして話題をさらった。 監督筧昌也は、現実のサッカーに対し、どんなドラマを見ているだろうか。

映画『Sweet Rain死神の精度』やドラマ「ロス:タイム:ライフ」で、2008年最も活躍した監督の一人に数えられる筧昌也。中でもドラマ作品にサッカー特有のロスタイムという概念を導入し、人の“死”というドラマ性と、実況やテロップなどサッカー中継の要素とを軽やかに融合させた「ロス:タイム:ライフ」は、画期的なドラマとして話題をさらった。 監督筧昌也は、現実のサッカーに対し、どんなドラマを見ているだろうか。

2003年から07年までロンドンに留学し、写真を勉強していた写真家keiko kurita。96年のイギリス初訪問から、マンチェスター・ユナイテッドファンへの扉は開かれていました。サッカーと国旗の関係、写真作品との関係とは。マンUから始まりマンUに終わる、イングランドサッカーストーリー。

2003年から07年までロンドンに留学し、写真を勉強していた写真家keiko kurita。96年のイギリス初訪問から、マンチェスター・ユナイテッドファンへの扉は開かれていました。サッカーと国旗の関係、写真作品との関係とは。マンUから始まりマンUに終わる、イングランドサッカーストーリー。

文化人類学者、今福龍太2冊目のサッカー批評書『ブラジルのホモ・ルーデンス』(月曜社)は、われわれが頑なに信じている“勝利”への欲望が、決してサッカーの本質ではないということを徹底して熱く語りつづける。では、真のサッカーとは一体何なのだろうか。サッカーが本来持つ美と快楽に再び眼を向けてみよう。

文化人類学者、今福龍太2冊目のサッカー批評書『ブラジルのホモ・ルーデンス』(月曜社)は、われわれが頑なに信じている“勝利”への欲望が、決してサッカーの本質ではないということを徹底して熱く語りつづける。では、真のサッカーとは一体何なのだろうか。サッカーが本来持つ美と快楽に再び眼を向けてみよう。

セクシャリティをテーマとした作品を作り続ける写真家、鷹野隆大。彼は、野球少年だった子供から、サッカーを通して外部の視点を得て、本当の意味での大人になったという。視ることのスペシャリストは、サッカーを観ることにおいて、どんなことを思うのだろうか。

セクシャリティをテーマとした作品を作り続ける写真家、鷹野隆大。彼は、野球少年だった子供から、サッカーを通して外部の視点を得て、本当の意味での大人になったという。視ることのスペシャリストは、サッカーを観ることにおいて、どんなことを思うのだろうか。

「セントラルパーク」という名のデザイン事務所を主宰する山田信男。「サッカーは一番クリエイティブなスポーツ」と断言する山田は、サッカーからどんな刺激を受けデザイナーになったのだろうか。公園を目の前にした事務所で聞いた、サッカーの思い出。

「セントラルパーク」という名のデザイン事務所を主宰する山田信男。「サッカーは一番クリエイティブなスポーツ」と断言する山田は、サッカーからどんな刺激を受けデザイナーになったのだろうか。公園を目の前にした事務所で聞いた、サッカーの思い出。

サッカーのある場所ならば世界中どこへでも旅してまわる、スポーツライター杉山茂樹。サッカーにまつわる多くの著書があることでも有名だ。海外滞在日数は年間200日以上という彼だからこそ語れる、サッカーの面白さとは。

サッカーのある場所ならば世界中どこへでも旅してまわる、スポーツライター杉山茂樹。サッカーにまつわる多くの著書があることでも有名だ。海外滞在日数は年間200日以上という彼だからこそ語れる、サッカーの面白さとは。

メキシコのカルチャー誌「BabyBabyBaby」最新号にフォトストーリーが掲載されるなど、ガーリーな世界観がイギリス、日本のみならず国際的に注目を集めているフォトグラファー関根綾。現在はロンドンを拠点に活躍している彼女に、フォトグラファーが見たサッカーの母国を語ってもらった。

メキシコのカルチャー誌「BabyBabyBaby」最新号にフォトストーリーが掲載されるなど、ガーリーな世界観がイギリス、日本のみならず国際的に注目を集めているフォトグラファー関根綾。現在はロンドンを拠点に活躍している彼女に、フォトグラファーが見たサッカーの母国を語ってもらった。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search