ジョージア大学

関連トピックを見てみる

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(左)とともに退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(中央)と、エモリー大学病院感染症科のブルース・リブナー(Bruce Ribner)科長(右、2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(左)とともに退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(中央)と、エモリー大学病院感染症科のブルース・リブナー(Bruce Ribner)科長(右、2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

TechJect Dragonfly。アメリカ合衆国の州立大学であるジョージア工科大学のチームによって設計された小型のUAV(無人航空機)。四枚の翼を動かして飛行するオーニソプターで偵察などの用途に使用可能とのこと。

TechJect Dragonfly。アメリカ合衆国の州立大学であるジョージア工科大学のチームによって設計された小型のUAV(無人航空機)。四枚の翼を動かして飛行するオーニソプターで偵察などの用途に使用可能とのこと。

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(右)と妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(右)と妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、ケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(左から2人目)の退院を発表するエモリー大学病院感染症科のブルース・リブナー(Bruce Ribner)科長(右)。左はブラントリー医師の妻、アンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、ケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(左から2人目)の退院を発表するエモリー大学病院感染症科のブルース・リブナー(Bruce Ribner)科長(右)。左はブラントリー医師の妻、アンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

【再掲】 “2010年の夏にジョージア工科大学で行われた/スピーチです。/様々な興味深い事実で、常識に隠された嘘を見破り、誰もが健全な心と魂を持てるよう熱心に語りかけます。” 世界で一番重要なスピーチ(ゲイリー・ヨーロフスキー)

【再掲】 “2010年の夏にジョージア工科大学で行われた/スピーチです。/様々な興味深い事実で、常識に隠された嘘を見破り、誰もが健全な心と魂を持てるよう熱心に語りかけます。” 世界で一番重要なスピーチ(ゲイリー・ヨーロフスキー)

GTRI Airborne Unmanned Sensor System。ジョージア工科大学の研究チームによって発表されたセンサー技術のテストベッドの一つ。地上の固定目標だけでなく移動目標を検出できるセンサーの研究を意図する。

GTRI Airborne Unmanned Sensor System。ジョージア工科大学の研究チームによって発表されたセンサー技術のテストベッドの一つ。地上の固定目標だけでなく移動目標を検出できるセンサーの研究を意図する。

ケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師が治療を受けている、ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)にあるエモリー大学病院(Emory University Hospital、2014年8月1日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼4Aug2014AFP|エボラ感染の米国人医師に「回復傾向」、CDC所長 http://www.afpbb.com/articles/-/3022193

ケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師が治療を受けている、ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)にあるエモリー大学病院(Emory University Hospital、2014年8月1日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼4Aug2014AFP|エボラ感染の米国人医師に「回復傾向」、CDC所長 http://www.afpbb.com/articles/-/3022193

shutterstock_255550012

shutterstock_255550012

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(左)とともに退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(中央)(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)のエモリー大学病院(Emory University Hospital)で、妻のアンバー・ブラントリー(Amber Brantly)さん(左)とともに退院の記者会見をするケント・ブラントリー(Kent Brantly)医師(中央)(2014年8月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jessica McGowan ▼22Aug2014AFP|エボラ感染の米国人2人が退院 http://www.afpbb.com/articles/-/3023733

ゲスト◇久野功雄(Isao Kuno) 1974年愛知県生まれ。アメリカジョージア州マーサー大学工学部機械工学科卒業後、1997年大手自動車部品製造メーカーに就職、現場改善や金型設計に従事。2000年久野金属工業入社後、アメリカ企業との新規営業開拓の傍ら、プレス金型技術開発部門に配属。 自社の金型製作手法に納得がいかず、某金型メーカーへ修行に出る。後に自社へ帰り、多数の難加工プレス製品の開発に従事。 職人の感覚に頼る金型制作からの転換を促進し、設計主導の金型制作システム『KICS』を立ち上げた。2009年より自社技術の情報発信をスタート、セミナー講師や論文発表を通じて顧客やメディアへ積極展開する。数々の賞を受賞、新たなシステムの開発に携わるなど、ものづくりで日本を更に発展させたいと、国内での製作にこだわり続け、日々新しいアイデアを提案している。

ゲスト◇久野功雄(Isao Kuno) 1974年愛知県生まれ。アメリカジョージア州マーサー大学工学部機械工学科卒業後、1997年大手自動車部品製造メーカーに就職、現場改善や金型設計に従事。2000年久野金属工業入社後、アメリカ企業との新規営業開拓の傍ら、プレス金型技術開発部門に配属。 自社の金型製作手法に納得がいかず、某金型メーカーへ修行に出る。後に自社へ帰り、多数の難加工プレス製品の開発に従事。 職人の感覚に頼る金型制作からの転換を促進し、設計主導の金型制作システム『KICS』を立ち上げた。2009年より自社技術の情報発信をスタート、セミナー講師や論文発表を通じて顧客やメディアへ積極展開する。数々の賞を受賞、新たなシステムの開発に携わるなど、ものづくりで日本を更に発展させたいと、国内での製作にこだわり続け、日々新しいアイデアを提案している。

Pinterest
検索