『ルード・ボーイ』 ルード・ボーイ〜ザ・クラッシュの熱いガレージサウンドと心に響く「Stay Free」

『ルード・ボーイ』 ルード・ボーイ〜ザ・クラッシュの熱いガレージサウンドと心に響く「Stay Free」

joe.jpg

joe.jpg

ザ・クラッシュ / CLASH, THE - ロンドン・コーリング / london calling - 35.3P-175-6

ザ・クラッシュ / CLASH, THE - ロンドン・コーリング / london calling - 35.3P-175-6

ザ・クラッシュ の画像

ザ・クラッシュ の画像

ザ・クラッシュ London Calling|おしゃれなタイポグラフィーポスター by Williams Prints

ザ・クラッシュ London Calling|おしゃれなタイポグラフィーポスター by Williams Prints

ルード・ボーイ〜ザ・クラッシュの熱いガレージサウンドと心に響く「Stay Free」

ルード・ボーイ〜ザ・クラッシュの熱いガレージサウンドと心に響く「Stay Free」

こちらはアメリカの4人組パンクバンドのラモーンズの「ラモーンズの激情」や誰もが知るビートルズの「アビイ・ロード」、ザ・ビーチ・ボーイズの「サーファーガール」などの名盤を元にしたデジタルワークです。 バンドメンバーがモデルとなった名盤ジャッケットですが、これまでに亡くなった方がデジタル処理で消されています。確かにそうなんだけど・・・分かってるんだけど・・・とても複雑になるデジタルワークです。これからもっと居なくなってしまうのかと思うとさらに切ないですね。       「地獄のハイウェイ」AC/DC  「グレース」 ジェフ・バックリー  「ザ・クラッシュ」ザ・クラッシュ  「ラモーンズの激情」ラモーンズ  「ダブル・ファンタジー」ジョン・レノン&オノ・ヨーコ

こちらはアメリカの4人組パンクバンドのラモーンズの「ラモーンズの激情」や誰もが知るビートルズの「アビイ・ロード」、ザ・ビーチ・ボーイズの「サーファーガール」などの名盤を元にしたデジタルワークです。 バンドメンバーがモデルとなった名盤ジャッケットですが、これまでに亡くなった方がデジタル処理で消されています。確かにそうなんだけど・・・分かってるんだけど・・・とても複雑になるデジタルワークです。これからもっと居なくなってしまうのかと思うとさらに切ないですね。 「地獄のハイウェイ」AC/DC 「グレース」 ジェフ・バックリー 「ザ・クラッシュ」ザ・クラッシュ 「ラモーンズの激情」ラモーンズ 「ダブル・ファンタジー」ジョン・レノン&オノ・ヨーコ

ザ・クラッシュのJ・ストラマー、知られざるスペイン放浪記

ザ・クラッシュのJ・ストラマー、知られざるスペイン放浪記

レコードショップ芽瑠璃堂| <雑誌>ストレンジ・デイズ No.167 2013年10月号【特集】ザ・クラッシュ:ミック・ジョーンズ・インタヴュー/アルトロック・プロダクション パート2 他 8月20日発売!

レコードショップ芽瑠璃堂| <雑誌>ストレンジ・デイズ No.167 2013年10月号【特集】ザ・クラッシュ:ミック・ジョーンズ・インタヴュー/アルトロック・プロダクション パート2 他 8月20日発売!

ジョーとの時間がどれほど楽しいものだったのか、言葉では伝えきれない。 エンジニアでプロデューサーのグリン・ジョンズが自身の回顧録「サウンド・マン」で、ジョー・ストラマーについて語った言葉である。 ジョンズは1960年代から70年代にかけてザ・ローリング・ストーンズとの一連の仕事のなかで、『アフターマス』『ベガーズ・バンケット』『レット・イット・ブリード』など、ロック史上に残るアルバムを手がけてきた。 それと同時にスティーブ・ウィンウッドが在籍したスペンサー・デイヴィス・グループ、スモール・フェイセズ、トラフィック、ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリン、レオン・ラッセル、エリック・クラプトンといったアーティストのレコード制作にも携わって、ロックの発展に貢献してきた人物だ。 ザ・クラッシュの5枚目のアルバム、オリジナルメンバーによる最後の作品となった『コンバット・ロック(Combat Rock)』の完成にジョンズが手を貸したのは1982年のことだ。…

ジョーとの時間がどれほど楽しいものだったのか、言葉では伝えきれない。 エンジニアでプロデューサーのグリン・ジョンズが自身の回顧録「サウンド・マン」で、ジョー・ストラマーについて語った言葉である。 ジョンズは1960年代から70年代にかけてザ・ローリング・ストーンズとの一連の仕事のなかで、『アフターマス』『ベガーズ・バンケット』『レット・イット・ブリード』など、ロック史上に残るアルバムを手がけてきた。 それと同時にスティーブ・ウィンウッドが在籍したスペンサー・デイヴィス・グループ、スモール・フェイセズ、トラフィック、ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリン、レオン・ラッセル、エリック・クラプトンといったアーティストのレコード制作にも携わって、ロックの発展に貢献してきた人物だ。 ザ・クラッシュの5枚目のアルバム、オリジナルメンバーによる最後の作品となった『コンバット・ロック(Combat Rock)』の完成にジョンズが手を貸したのは1982年のことだ。…

Pinterest
検索