Cy Twombly  Still Life

Cy Twombly Still Life

サイ・トゥオンブリー

サイ・トゥオンブリー

サイ・トゥオンブリー   「孤高の詩人」とも呼ばれた

サイ・トゥオンブリー 「孤高の詩人」とも呼ばれた

『Petals of Fire(炎の花弁)』1989年 144×128cm  アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation

サイ・トゥオンブリーの大規模個展が原美術館で開催、約70点の「紙の作品」一挙展示

『Petals of Fire(炎の花弁)』1989年 144×128cm アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation

アメリカ抽象表現主義の第2世代の作家として位置づけられてきたサイ・トゥオンブリーは、即興的な線や絵具、数字やアルファベットを組み合わせた絵画や彫刻作品を多く残している。その一方で、画業と並行し未発表のまま写真制作を続けていた。そんなトゥオンブリーの写真が一堂に集結する展覧会「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」展がDIC川村記念美術館(千葉)で開催されている。輪郭がおぼつかないほど光にあふれた写真からわかるトゥオンブリーが眺めていた景色とは? トゥオンブリーの写真制作の裏側や本展の見どころとともに、トゥオンブリーの表現手法について本展担当学芸員の前田希世子に聞いた。

アメリカ抽象表現主義の第2世代の作家として位置づけられてきたサイ・トゥオンブリーは、即興的な線や絵具、数字やアルファベットを組み合わせた絵画や彫刻作品を多く残している。その一方で、画業と並行し未発表のまま写真制作を続けていた。そんなトゥオンブリーの写真が一堂に集結する展覧会「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」展がDIC川村記念美術館(千葉)で開催されている。輪郭がおぼつかないほど光にあふれた写真からわかるトゥオンブリーが眺めていた景色とは? トゥオンブリーの写真制作の裏側や本展の見どころとともに、トゥオンブリーの表現手法について本展担当学芸員の前田希世子に聞いた。

サイ・トゥオンブリー    エレガンスとダンディズムに溢れている

サイ・トゥオンブリー エレガンスとダンディズムに溢れている

アメリカ抽象表現主義の第2世代の作家として位置づけられてきたサイ・トゥオンブリーは、即興的な線や絵具、数字やアルファベットを組み合わせた絵画や彫刻作品を多く残している。その一方で、画業と並行し未発表のまま写真制作を続けていた。そんなトゥオンブリーの写真が一堂に集結する展覧会「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」展がDIC川村記念美術館(千葉)で開催されている。輪郭がおぼつかないほど光にあふれた写真からわかるトゥオンブリーが眺めていた景色とは? トゥオンブリーの写真制作の裏側や本展の見どころとともに、トゥオンブリーの表現手法について本展担当学芸員の前田希世子に聞いた。

アメリカ抽象表現主義の第2世代の作家として位置づけられてきたサイ・トゥオンブリーは、即興的な線や絵具、数字やアルファベットを組み合わせた絵画や彫刻作品を多く残している。その一方で、画業と並行し未発表のまま写真制作を続けていた。そんなトゥオンブリーの写真が一堂に集結する展覧会「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」展がDIC川村記念美術館(千葉)で開催されている。輪郭がおぼつかないほど光にあふれた写真からわかるトゥオンブリーが眺めていた景色とは? トゥオンブリーの写真制作の裏側や本展の見どころとともに、トゥオンブリーの表現手法について本展担当学芸員の前田希世子に聞いた。

サイ・トゥオンブリー

サイ・トゥオンブリー

【写真】サイ・トゥオンブリー 「2015 - Gagosian Gallery New York」

【写真】サイ・トゥオンブリー 「2015 - Gagosian Gallery New York」

サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム- 会期 2016年4月23日(土)-8月28日(日)   DIC川村記念美術館

サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム- 会期 2016年4月23日(土)-8月28日(日) DIC川村記念美術館

Pinterest
検索