もう “9” なの??? - M's web Blog

pin 17
heart 1

ランボルギーニ トロン

pin 43
heart 4

LFA

pin 21
heart 15

De Tomaso Mangusta - Brilliant design by Giorgetto Giugiaro at Carrozzeria Ghia.デ・トマソ・マングスタ - カロッツェリア・ギアでのジョルジェット・ジウジアーロによってブリリアントなデザイン。

pin 65
heart 6

うっし! 次は…、いよいよ、古城巡りも、最後。 眠れる森の美女の、舞台になった、Château d'Ussé ユッセ城へ行くゼ! ん? 眠れる森の美女って、どんなハナシだった? 王子様のキスで、目覚めるんじゃなかった? がばっ! ちょっ……んーっ。 キスだけでいいのかァ?(ニヤニヤ。悪) アイコも、早く目覚めて、おれと結婚しなさい。 もうっ。。。。 (おにさんの、ばかばか。。。)

pin 6
heart 3

超希少なランボルギーニ「ミウラSVJ」、通称「イオタ」がRMオークションに出品! - Autoblog 日本版

pin 15

ランボルギーニ・アヴェンタドールJ

pin 1

McLaren P1 by Levon フェラーリの魅力が、端的にいうと、乗る人の気分をいきなり昂揚させてくれるところにあるとしたら、マクラーレンはクールだ。けれん味のないスタイリングから想像されるとおりで、印象としては“静か”という言葉が似合う感じだ。しかしメチャクチャ速くて、ハンドリングは正確そのもの。97km/hまでの加速が3秒フラットという650Sよりは数値的にアンダーパワーだし、サーキットでの性能も劣るかもしれないが、それはあくまで“上”と比較した話。インテアリアの質感の高さといい、じわじわと好きになっていくのは間違いない。 これみよがしの派手さがない。それをよしとすることができるなら、持つ人に喜びと誇りを与えてくれるスポーツカーだ。しかもGTとして遠出しても疲れないだろう(未体験)、乗り心地のよさがある。最近のマクラーレン・オートモーティブは(ポルシェ商法のように)高性能モデルを追加しはじめている。570Sは“このあたりで十分だ”と割り切れるところも魅力といえる。日本人の好みに合うスポーツカーなのだ。

pin 11
heart 3

2010年のジュネーブモーターショーでポルシェは革新的なスーパースポーツ「918スパイダー」を発表した。このクルマが従来のスーパーカーと違っていたのは、フロントとリヤに2つの電気モーターを搭載したプラグインハイブリッドシステムを備えていたことである。そのシステム合計出力は887PS。0-100km/h加速2.6秒と、異次元のパフォーマンスをスーパーカーの世界にもたらした。

Zenvo ST1

pin 7
heart 1
Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search