「ラクサ」というスープ麺をご存知だろうか。日本でもアジア料理店のメニューでよく見かけるようになった。マレーシアを始め、シンガポール、インドネシアなどで広く食べられているスープ麺だ。日本で見かけるラクサはたいがいがココナツカレー味だが、実はラクサは地方によってかなり味も麺も違う。地方というレベルを超え、マレーシアとシンガポールでは、どちらもラクサを自国の美食と言って譲らないらしい。そのくらい広く愛されているスープ麺なのだ。

「ラクサ」というスープ麺をご存知だろうか。日本でもアジア料理店のメニューでよく見かけるようになった。マレーシアを始め、シンガポール、インドネシアなどで広く食べられているスープ麺だ。日本で見かけるラクサはたいがいがココナツカレー味だが、実はラクサは地方によってかなり味も麺も違う。地方というレベルを超え、マレーシアとシンガポールでは、どちらもラクサを自国の美食と言って譲らないらしい。そのくらい広く愛されているスープ麺なのだ。

バミコロッケ Bami(バミ)は、麺のこと!  オランダでは、かつて植民地だったインドネシア料理がポピュラー。  バミゴレン(焼きそば)や、ナシゴレン(焼き飯)は、 家庭でも作られるし、クロケットの中にも入っているんです。

バミコロッケ Bami(バミ)は、麺のこと! オランダでは、かつて植民地だったインドネシア料理がポピュラー。 バミゴレン(焼きそば)や、ナシゴレン(焼き飯)は、 家庭でも作られるし、クロケットの中にも入っているんです。

■ナシゴレン インドネシア料理を代表するピリ辛焼き飯。目玉焼きやサラダをのせて、カフェ風ワンプレートでどうぞ!ちなみに、ご飯ではなく麺を炒めると「ミーゴレン」になります。

「エスニック」ってタイなの?ベトナムなの?国別・東南アジア料理案内

■ナシゴレン インドネシア料理を代表するピリ辛焼き飯。目玉焼きやサラダをのせて、カフェ風ワンプレートでどうぞ!ちなみに、ご飯ではなく麺を炒めると「ミーゴレン」になります。

インドネシア語で、ミーは「麺」、ゴレンは「揚げる」の意味。 スパイシーなエスニック焼きそばです♪ - 179件のもぐもぐ - ミーゴレン(インドネシア風焼きそば) by ayako1015

ミーゴレン インドネシア風焼きそば/亜矢子

インドネシア語で、ミーは「麺」、ゴレンは「揚げる」の意味。 スパイシーなエスニック焼きそばです♪ - 179件のもぐもぐ - ミーゴレン(インドネシア風焼きそば) by ayako1015

ミーゴレン(インドネシア語でMi goreng) は、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどの焼きそば料理。調味料にケチャップマニスを使用するので日本のソース焼きそばに近い外見になる。ケチャップマニス(マニスは「甘い」の意味)を使うため甘口ではあるが、ニンニク、トウガラシ、魚醤などを使用するので日本人にとっては「スパイシーなエスニック風焼きそば」と受け止められている。現地では人気の定番麺料理であるが、戒律の厳しいイスラムが多い多宗教地域であり、外食産業で作られるミーゴレンは鶏肉とエビなどが使われることが多く、豚肉は使われないことがほとんどである。

ミーゴレン(インドネシア語でMi goreng) は、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどの焼きそば料理。調味料にケチャップマニスを使用するので日本のソース焼きそばに近い外見になる。ケチャップマニス(マニスは「甘い」の意味)を使うため甘口ではあるが、ニンニク、トウガラシ、魚醤などを使用するので日本人にとっては「スパイシーなエスニック風焼きそば」と受け止められている。現地では人気の定番麺料理であるが、戒律の厳しいイスラムが多い多宗教地域であり、外食産業で作られるミーゴレンは鶏肉とエビなどが使われることが多く、豚肉は使われないことがほとんどである。

Pinterest
検索