インディペンデント映画

関連トピックを見てみる

インディペンデントのゲイ映画『おかまの葬式(仮)』が、映画制作の資金を求め、クラウドファンディング「キャンプファイヤー」にチャレンジ中だ。 映画『おかまの葬式(仮)』は、ゲイカップルの死別をテーマにした映画。 ストーリーは、ゲイの主人公・翔太と、同棲中の恋人・陸の話。 ある日突然、陸の死を告げられた翔太は悲しみに打ちひしがれている。そして陸の”友人”を装い、葬式に参列することを決意するのだった──。 以下、予告編。 監督の金栗氏は、本作についてこう語る。 「本作はセクシャルマイノリティのカップルの死別に伴う困難、葛藤を描いた話です。同性愛を隠しながら現実の中を生きている人々がかけがえのない人を失った時、どういった別れ方をするのか。そう考えた時にきっと大切なメッセージを持った作品に仕上がると感じました。」 「この世に生を受けて幸せを追求する点で、そして、かけがえのない人とのこの世での思い出を完結するという行為を全うしたいという誰もが抱く気持ちに、性差や、愛の対象の違いで困難になるということがあっていいのでしょうか。重いテー...

現在、世界の賞レースを席巻しているゲイ映画『ムーンライト』を知っているだろうか? (C)2016 Dos Hermanas, LLC. All Rights Reserved. 同映画は、黒人ゲイの主人公を描いた、インディペンデントのゲイテーマ作品。 低予算で製作された作品ながら、先日開催された「第74回ゴールデン・グローブ賞」にて6部門ノミネートにして見事作品賞を受賞。2月26日に開催される「第89回アカデミー賞」では作品賞を含む8部門にノミネートされており、今年のオスカー最有力候補なのだ。 ゲイ、いじめ、ドラッグ、人種問題など、複雑なテーマが絡み合う人間ドラマ 『ムーンライト』は、米マイアミの貧困地区で生まれた黒人男性シャロンの物語。 学校では“チビ”というあだ名でいじめられ、麻薬常習者の母親のポーラからは育児放棄をされている。内気な性格の男の子だ。 生活の中で行き場を失ったシャロンだったが、彼にとっての唯一の救いは、自分の親代わりになってくれる、近所に住む麻薬のディーラーの男・ホアンとその妻、そしてたった一人の男友達のケビンだった。 …

pin 1

映画制作ハンドブック インディペンデント映画のつくりかた (玄光社MOOK) 林 和哉, http://www.amazon.co.jp/dp/4768304613/ref=cm_sw_r_pi_dp_6IpSsb02KY4N0

Went to a screening for Captain Fantastic a witty and simply just frickin awesome movie that's scheduled to be in theaters throughout Japan from 4/1 . 4/1から日本でも上映されるウィットに富んだマジ最高な映画はじまりへの旅の業務用試写会に行って来ました . #captainfantastic #viggomortensen #movies #independentfilm #screening #noamchomsky #はじまりへの旅 #映画 #インディペンデントフィルム #試写会 #onairpersonality #partymc #hulagirl #selfdiscoveryjourney #sapporo #hokkaido #hawaii #aloha #ハワイ #アロハ #札幌 #北海道 #ラジオdj #司会者 #マッサージセラピスト #鍼灸師 #通訳 #ライター#フラガール #ロコガール

インディペンデント映画史上、類をみないスピリットと手法で人々の共感を獲得し、日本の青春映画の金字塔となった群像シリーズ最新作『SR3 サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』がいよいよ先週末、渋谷シネクイントにて先行公開された。

OKAYAMA - Uno Film Screening Event 2015年8月7日〜10日の4日間、野外シアターで国際インディペンデント映画を観よう!第5回宇野港芸術映画座 - クラウドファンディングのMotionGallery

「被写体は常に無防備で、撮影者はそこに付け入っているという感覚を忘れてはならない」|インディペンデント映画をどう撮るか─『選挙2』想田和弘監督×『タリウム少女の毒殺日記』土屋豊監督対談 - 骰子の眼 - webDICE

pin 1

中国インディペンデント映画祭『ホメられないかも』

Melissa Benoist

pin 147
heart 44

ラヴ・ストリームス【ニュープリント版】 LOVE STREAMS 1984年/アメリカ/141分/カラー/ヴィスタ/35mm ©MCMLXXXIV Cannon Films, Inc. ベルリン国際映画祭金熊賞受賞 出演:ジーナ・ローランズ、ジョン・カサヴェテス、ダイアン・アボット、ジェイコブ・ショウ、シーモア・カッセル、マーガレット・アボット、ミシェル・コンウェイ 脚本:ジョン・カサヴェテス 原作・共同脚本:テッド・アレン 撮影:アル・ルーバン 編集:ジョージ・ヴィラセノール 音楽:ボー・ハーウッド 製作:メナヘム・ゴーラン、ヨーラム・グローバス 他人を愛することに不器用ながらも、愛や孤独をテーマにした小説を書く弟と、その深い愛ゆえに狂気に陥っていく姉の内面の荒廃を描く。「愛、孤独、家族」を主題にしたカサヴェテス映画の集大成ともいうべき傑作。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search