まんばを頂いたので 一晩アク抜きして 使いました - 33件のもぐもぐ - まんばのけんちゃん 豆腐入り by yukiemourihnF

まんばのけんちゃん 豆腐入り

まんばを頂いたので 一晩アク抜きして 使いました - 33件のもぐもぐ - まんばのけんちゃん 豆腐入り by yukiemourihnF

郷土料理 まんばのけんちゃん けんちゃんとは「けんちん」のことで、油で炒めた野菜をくずした豆腐と一緒に煮たもののことまた、まんばのことを西讃では「ひゃっか」といい、くずした豆腐を雪に見立てて「ひゃっかの雪花」と呼んでいますまんば 5枚程度 ・豆腐 ( もめん ) 半丁 ・油揚げ 1枚 ・醤油 大さじ4 ・みりん 大さじ2 ・だし汁カップ1

郷土料理 まんばのけんちゃん けんちゃんとは「けんちん」のことで、油で炒めた野菜をくずした豆腐と一緒に煮たもののことまた、まんばのことを西讃では「ひゃっか」といい、くずした豆腐を雪に見立てて「ひゃっかの雪花」と呼んでいますまんば 5枚程度 ・豆腐 ( もめん ) 半丁 ・油揚げ 1枚 ・醤油 大さじ4 ・みりん 大さじ2 ・だし汁カップ1

多肉性のたかな類に属し、赤大葉たかなと同類と考えられている。起源は江戸時代に作られていた「讃岐たかな」だが、現在では福岡の三池たかなが多く栽培されている。葉は幅広く、偏平、肉厚で柔らかく多収。移植にも強いので、育苗栽培が多く、主に自家用に各家庭で作られる。霜にあたると独特の紫色になり、柔らかく甘みが増す。これは凍結防止のために葉の中の糖度が上がり、アントシアンが増えるため。 四国遍路の接待として、うどんといっしょに調理されていた。塩分を気にするための漬けもの離れ、また野菜の多様化が進んだことなどで、栽培面積は減少している。 葉をしょうゆいためにしたり、「お雪花(せっか)」、「まんばのけんちゃん」と呼ばれる豆腐を入れたいため煮、おひたしなどにして食べる。食べきれないときは、ゆでてアクを抜き、干して貯蔵する。

多肉性のたかな類に属し、赤大葉たかなと同類と考えられている。起源は江戸時代に作られていた「讃岐たかな」だが、現在では福岡の三池たかなが多く栽培されている。葉は幅広く、偏平、肉厚で柔らかく多収。移植にも強いので、育苗栽培が多く、主に自家用に各家庭で作られる。霜にあたると独特の紫色になり、柔らかく甘みが増す。これは凍結防止のために葉の中の糖度が上がり、アントシアンが増えるため。 四国遍路の接待として、うどんといっしょに調理されていた。塩分を気にするための漬けもの離れ、また野菜の多様化が進んだことなどで、栽培面積は減少している。 葉をしょうゆいためにしたり、「お雪花(せっか)」、「まんばのけんちゃん」と呼ばれる豆腐を入れたいため煮、おひたしなどにして食べる。食べきれないときは、ゆでてアクを抜き、干して貯蔵する。

香川県産地フル活用♪地のサワラの塩焼*まんばのけんちゃん*善通寺産さぬきキウイゴールド☆H26*11*14☆

香川県産地フル活用♪地のサワラの塩焼*まんばのけんちゃん*善通寺産さぬきキウイゴールド☆H26*11*14☆

ハタハタ一夜干し、焼きしいたけと丹波しめじ、だし巻き、まんばのけんちゃん、大根おろし、じゃこめし 16/2/2013

ハタハタ一夜干し、焼きしいたけと丹波しめじ、だし巻き、まんばのけんちゃん、大根おろし、じゃこめし 16/2/2013

Pinterest
検索