伊勢の参道街道沿いにある創業200年を超える老舗の和菓子店「へんばや」。 こちらのへんば餅も古くから愛される定番のお土産のひとつです。 伊勢の宮川のほとりにあった茶店のへんばや。 伊勢神宮に訪れた人達が、こちらで荷物を降ろし一息つき、ここから馬を返し参拝していたことから、 「へんば(返馬)餅」と呼ばれるようになったそうです。

赤福もいいけど他にもたくさん♪ 三重県のおいしい”和”のお土産

伊勢の参道街道沿いにある創業200年を超える老舗の和菓子店「へんばや」。 こちらのへんば餅も古くから愛される定番のお土産のひとつです。 伊勢の宮川のほとりにあった茶店のへんばや。 伊勢神宮に訪れた人達が、こちらで荷物を降ろし一息つき、ここから馬を返し参拝していたことから、 「へんば(返馬)餅」と呼ばれるようになったそうです。

へんば餅「今を去る二百余年前、安永四年(1775年)に七代前の先祖が参宮街道宮川のほとりに茶店を設け餅を商い初めました。当時駕籠や三宝荒神(馬上に三つの鞍を置いたもの)で参宮する人達がこの店に憩われて、ここから馬を返し参宮されたため何時しかへんば(返馬)餅と名づけられ今日に及びました」

へんば餅「今を去る二百余年前、安永四年(1775年)に七代前の先祖が参宮街道宮川のほとりに茶店を設け餅を商い初めました。当時駕籠や三宝荒神(馬上に三つの鞍を置いたもの)で参宮する人達がこの店に憩われて、ここから馬を返し参宮されたため何時しかへんば(返馬)餅と名づけられ今日に及びました」

赤福餅、へんば餅、太閤出世餅。三重県には古くから伝わる「名物餅」が多いことをご存じですか?これは昔、伊勢神宮をめざして歩いた旅人たちの疲れと空腹をいやすために、お餅が好んで食べられたからだといいます。伊勢神宮、内宮の門前町である「おはらい町」では、そんな三重県の名物餅を食べ歩きできるところがたくさんあります。参拝帰りに、ほっこりと甘いお餅で疲れをいやしてみませんか?

伊勢神宮の後に立ち寄りたい!おはらい町で食べ歩く、三重の名物餅

赤福餅、へんば餅、太閤出世餅。三重県には古くから伝わる「名物餅」が多いことをご存じですか?これは昔、伊勢神宮をめざして歩いた旅人たちの疲れと空腹をいやすために、お餅が好んで食べられたからだといいます。伊勢神宮、内宮の門前町である「おはらい町」では、そんな三重県の名物餅を食べ歩きできるところがたくさんあります。参拝帰りに、ほっこりと甘いお餅で疲れをいやしてみませんか?

創業以来変わらぬ味のへんば餅。 素朴な包み紙が、昔ながらの趣です。

赤福もいいけど他にもたくさん♪ 三重県のおいしい”和”のお土産

創業以来変わらぬ味のへんば餅。 素朴な包み紙が、昔ながらの趣です。

さわ餅へんば餅

さわ餅へんば餅

名物へんば餅

名物へんば餅

さわ餅へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

さわ餅へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

黒砂糖餅へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

黒砂糖餅へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

赤飯へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

赤飯へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

昆布へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

昆布へんば餅 三重県伊勢市小俣町明野

Pinterest
検索