ぐい呑の棚(37ページ目)

ぐい呑の棚(37ページ目)

抹茶茶碗やぐい呑みなどでよく見られる器の形の名称が Japanese Tea Bowl Shapes という記事にまとめられていました。まとめてみると色々な形が存在するのですね。和食をいただく際、居酒屋で食事をする際などに器の形を知っている…

抹茶茶碗やぐい呑みなどでよく見られる器の形の名称が Japanese Tea Bowl Shapes という記事にまとめられていました。まとめてみると色々な形が存在するのですね。和食をいただく際、居酒屋で食事をする際などに器の形を知っている…

盃・杯・おちょこ・ぐい呑み・工芸店ようび

盃・杯・おちょこ・ぐい呑み・工芸店ようび

Japanese tableware / 江戸切子(edo kiriko)

Japanese tableware / 江戸切子(edo kiriko)

【haku硝子】homura 焔

haku硝子が描く江戸切子

【haku硝子】homura 焔

ぐい呑み sake cups

ぐい呑み sake cups

HARICOぐい呑み(白) & 日本酒『二人舞台』 純米吟醸酒(金箔入) 180ml

HARICOぐい呑み(白) & 日本酒『二人舞台』 純米吟醸酒(金箔入) 180ml

抹茶茶碗やぐい呑みなどでよく見られる器の形の名称が Japanese Tea Bowl Shapes という記事にまとめられていました。まとめてみると色々な形が存在するのですね。和食をいただく際、居酒屋で食事をする際などに器の形を知っている…

抹茶茶碗やぐい呑みなどでよく見られる器の形の名称が Japanese Tea Bowl Shapes という記事にまとめられていました。まとめてみると色々な形が存在するのですね。和食をいただく際、居酒屋で食事をする際などに器の形を知っている…

★佐藤和次作/黄瀬戸ぐい呑み s-436落ち着いた黄肌色に焼かれた佐藤氏の黄瀬戸ぐい呑み。 粗めの陶土により長石の小粒が表面に浮き出し、たっぷりと総掛けした黄瀬戸釉と自然灰により落ち着いた黄肌色に焼かれました。釘彫りで胴紐に草文を二本描きタンパンを掛けた、光沢のないマット風の仕上がりのぐい呑みです。高台や内側などに見られる「こげ」の景色も魅力の一品です。正面の口縁には呑み易く斜めの切り込みを施しています。 ■サイズ:外口径6.3cm 高台径3.2cm 厚み約4mm 高さ4.9cm ■重さ:90g ■窯元:多

★佐藤和次作/黄瀬戸ぐい呑み s-436落ち着いた黄肌色に焼かれた佐藤氏の黄瀬戸ぐい呑み。 粗めの陶土により長石の小粒が表面に浮き出し、たっぷりと総掛けした黄瀬戸釉と自然灰により落ち着いた黄肌色に焼かれました。釘彫りで胴紐に草文を二本描きタンパンを掛けた、光沢のないマット風の仕上がりのぐい呑みです。高台や内側などに見られる「こげ」の景色も魅力の一品です。正面の口縁には呑み易く斜めの切り込みを施しています。 ■サイズ:外口径6.3cm 高台径3.2cm 厚み約4mm 高さ4.9cm ■重さ:90g ■窯元:多

Modern Edo kiriko glassware by Toru Horiguchi, Japan (Edo Kiriko is a Japanese traditional glassware and its origin dates back to 1834 in the Edo period, used emery powder to produce glassware engraved with patterns) 江戸切子

Modern Edo kiriko glassware by Toru Horiguchi, Japan (Edo Kiriko is a Japanese traditional glassware and its origin dates back to 1834 in the Edo period, used emery powder to produce glassware engraved with patterns) 江戸切子

Pinterest
検索