夜の目〈薯蕷製・黒こしあん〉

夜の目〈薯蕷製・黒こしあん〉

長久堂『寿々の韻(すずのおと)』こなし、さくらあん。いつもながら凝った菓銘。香り高いさくらあんなので、中もピンク

長久堂『寿々の韻(すずのおと)』こなし、さくらあん。いつもながら凝った菓銘。香り高いさくらあんなので、中もピンク

<第30候>半夏生(はんげしょうず)半夏(はんげ)はカラスビシャクと呼ばれる植物で、その名の通りひしゃくをおもわせるひょろりと細長い独特の形の葉をつける。千筋を使い、筋をつけてのばしたこなしで粒餡を包んだ。最後に緑の羊羹を結んだカラスビシャクをのせ涼しげな姿に仕上げた

<第30候>半夏生(はんげしょうず)半夏(はんげ)はカラスビシャクと呼ばれる植物で、その名の通りひしゃくをおもわせるひょろりと細長い独特の形の葉をつける。千筋を使い、筋をつけてのばしたこなしで粒餡を包んだ。最後に緑の羊羹を結んだカラスビシャクをのせ涼しげな姿に仕上げた

<第22候>蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 桑の葉を食べて成長する蚕は、青々とした餌の色からは想像もできない純白の繭に身を包む。白焼きにした緑の餅皮を桑の葉の形に抜き、さらに蚕の食べ跡を切り欠いて餡を包んだ。こなしと黒ごまで作ったてんとう虫を一匹添え、菓子の全体像を締めた

<第22候>蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 桑の葉を食べて成長する蚕は、青々とした餌の色からは想像もできない純白の繭に身を包む。白焼きにした緑の餅皮を桑の葉の形に抜き、さらに蚕の食べ跡を切り欠いて餡を包んだ。こなしと黒ごまで作ったてんとう虫を一匹添え、菓子の全体像を締めた

<第43候>草露白(くさのつゆしろし)秋が進むと、気温の差によって朝の草木に露が降りる。露草は光る朝露と共にかれんな紫の花を咲かせるが、花は昼には閉じてしまう。秋の草花の3色、紫白緑のこなしであんを包み、米粉の露を散らし露草の焼き印を空押しする。こなしを使うことで秋草らしい淡くはかなげな色を作り出した

<第43候>草露白(くさのつゆしろし)秋が進むと、気温の差によって朝の草木に露が降りる。露草は光る朝露と共にかれんな紫の花を咲かせるが、花は昼には閉じてしまう。秋の草花の3色、紫白緑のこなしであんを包み、米粉の露を散らし露草の焼き印を空押しする。こなしを使うことで秋草らしい淡くはかなげな色を作り出した

<第31候>温風至(あつかぜいたる)吹く風さえなまぬるい暑さの中、風鈴は涼しげな音と共に揺れる/こし餡を包んだこなしを風鈴の木型で抜き、風に揺れる風鈴の短冊とそこに描かれた金魚をのせた。風鈴をつるす蔓(つる)をつけることで風に揺れる動きが強調される

<第31候>温風至(あつかぜいたる)吹く風さえなまぬるい暑さの中、風鈴は涼しげな音と共に揺れる/こし餡を包んだこなしを風鈴の木型で抜き、風に揺れる風鈴の短冊とそこに描かれた金魚をのせた。風鈴をつるす蔓(つる)をつけることで風に揺れる動きが強調される

ワークショップのおしらせ : 日菓のあれこれ

ワークショップのおしらせ : 日菓のあれこれ

wagashi

wagashi

【桐箱入りおいり(中川政七商店)】/おいりとは、香川県に伝わるお嫁入りのお菓子です。 餅米を使ったまんまるのおいりは、ふんわりほのかな甘味です。桐箱には、水引き(白のあわじ結び)がかかっています。 #package #weddinggift #gifts

【博多限定】ぽち菓子 福岡【お手頃価格】

【桐箱入りおいり(中川政七商店)】/おいりとは、香川県に伝わるお嫁入りのお菓子です。 餅米を使ったまんまるのおいりは、ふんわりほのかな甘味です。桐箱には、水引き(白のあわじ結び)がかかっています。 #package #weddinggift #gifts

wagashi Japanese sweets--make sure to have some nice bitter green tea to go with

wagashi Japanese sweets--make sure to have some nice bitter green tea to go with

Pinterest
検索