ricoさんの他のアイデア

Castello di Sammezzano :: Leccio, close to Florence, Italy 声 こだまするやろなぁ 西田理一郎

Someone in Naantali, Finland lives in a Moomin house. ムーミンハウス

Someone in Naantali, Finland lives in a Moomin house. ムーミンハウス

Laser cut screen. The delicate skin of the lodge is perforated with a pattern inspired by self-replicating botanical cells and the design picks up a number of other key references to the architecture of the college – from the stuccoed white ceilings and timber bookcases of the library to the secret walled gardens at the west of the college.

Laser cut screen. The delicate skin of the lodge is perforated with a pattern inspired by self-replicating botanical cells and the design picks up a number of other key references to the architecture of the college – from the stuccoed white ceilings and timber bookcases of the library to the secret walled gardens at the west of the college.

曲がり

曲がり

外観事例:外観(中野の家)

外観事例:外観(中野の家)

朝露の水分を吸うと、花びらが透明になる美しい花、「山荷葉(サンカヨウ)」を知っていますか?花言葉は「親愛の情」。 メギ科サンカヨウ属の多年草で、直径2cmほどの白い花を数個つけるそうです。実はこの花、日本でも見ることができるそうで、本州中部以降北から北海道の山奥の湿地などに自生しているそうですよ。

朝露の水分を吸うと、花びらが透明になる美しい花、「山荷葉(サンカヨウ)」を知っていますか?花言葉は「親愛の情」。 メギ科サンカヨウ属の多年草で、直径2cmほどの白い花を数個つけるそうです。実はこの花、日本でも見ることができるそうで、本州中部以降北から北海道の山奥の湿地などに自生しているそうですよ。

bouquet

bouquet

岐阜県根道神社の「名もなき池」

岐阜県根道神社の「名もなき池」

マヨルカにやってきた。すでに旅行記があるように、初めてではない。1回目は何度も何度もラブコールを受けて、仕事を手伝いに行ったはずだったが、蓋を開けてみるとなんの準備もできておらず、1カ月プール付きの家を用意されて出動を毎日、いまか、今かと待っていた。 時間はたっぷりあったが、なんせまだ仕事をしていなかったので、入ってくるものはなく、ただ出ていくばかりなのでどこにも訪れていなかった。 仕事がいよいよ始まるか、って時に捻挫をし、足を引きずり、カテドラルを睨みつけながら船でBCNに敗戦を強いられた。<br /><br />あれから3年の月日が流れ。さて、今回の目的は、ジュジョールが活躍したカテドラルの仕事、モデルニズムの建築。そしてマヨルカに降る雪を見たいと。 おりしも日本列島、冬景色だった折。私もカルソッツ祭でねぎを食べたその日に風邪をひき、よくなりかけて今度は熱まで出して、寝込み、またもや中耳炎か? 飛行機は無理かなと思われたが、ここは根性。普段飲まない薬を飲んでなんとか歩ける体制にもっていった。歩けるなら行こう、ガウディ組が待っている、ゆかねばなるまい

マヨルカにやってきた。すでに旅行記があるように、初めてではない。1回目は何度も何度もラブコールを受けて、仕事を手伝いに行ったはずだったが、蓋を開けてみるとなんの準備もできておらず、1カ月プール付きの家を用意されて出動を毎日、いまか、今かと待っていた。 時間はたっぷりあったが、なんせまだ仕事をしていなかったので、入ってくるものはなく、ただ出ていくばかりなのでどこにも訪れていなかった。 仕事がいよいよ始まるか、って時に捻挫をし、足を引きずり、カテドラルを睨みつけながら船でBCNに敗戦を強いられた。<br /><br />あれから3年の月日が流れ。さて、今回の目的は、ジュジョールが活躍したカテドラルの仕事、モデルニズムの建築。そしてマヨルカに降る雪を見たいと。 おりしも日本列島、冬景色だった折。私もカルソッツ祭でねぎを食べたその日に風邪をひき、よくなりかけて今度は熱まで出して、寝込み、またもや中耳炎か? 飛行機は無理かなと思われたが、ここは根性。普段飲まない薬を飲んでなんとか歩ける体制にもっていった。歩けるなら行こう、ガウディ組が待っている、ゆかねばなるまい

http://japan.digitaldj-network.com/articles/32732.html イランのモスク「シャー・チェラーグ廟 (Shah Cheragh)」 Shah-Cheragh-03.jpg (via. Seewhy Double U)

http://japan.digitaldj-network.com/articles/32732.html イランのモスク「シャー・チェラーグ廟 (Shah Cheragh)」 Shah-Cheragh-03.jpg (via. Seewhy Double U)