a quick desktop makeover....use your favorite  pics & glass or plexi

a quick desktop makeover....use your favorite pics & glass or plexi

inspiration board

inspiration board

Escritorio.

Escritorio.

我們看到了。我們是生活@家。: 來到洛杉磯平面設計師Eva Black的家&工作室,美好的自然光!

Aurelie Lecuyer

Aurelie Lecuyer

Workspace

Workspace

moodboard

moodboard

都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」した、庭のある夫婦二人のための住宅です。 東京都新宿区の古くからの住宅地。親の代からの持ち家である築50年程の住宅にくっついて築40年程のアパートが増築された木造2階建ての建築に、若いご夫婦が住んでいました。「古い住宅と増築されたアパートをリフォームして、家族二人と猫二匹が住みやすい家にしたい。」とのご希望をかなえるため、現地を拝見し案を練りました。 考えた末、DKとして使われていた味はあるが大分痛んできてもいた古い部分を思い切って「減築」し、そこに緑を沢山植えて庭とし、築40年程の主にアパートだった部分をリフォームすることにしました。 1階を土間、2階を板間として、階段と吹抜けでつなぎ家全体を一体の空間としました。構造上のバランスを考えて一部の窓を塞ぎ壁にしましたが、残した窓を取り換える事はせず、古い健全な柱や梁は極力残し表に見せました。 古い柱に沢山残る「貫穴」を埋めて白く塗り、もともとの建物の壁や開口部の位置の「記憶」を保ちました。書籍を沢山持たれているご夫婦のために、壁にはぐるりと固定の厚い棚板を開口部の位置とは無頓着に回しました。 古い部分を作った昔の職人達に敬意を持ち、彼等との共作のようにして作り上げた住宅の内部空間には過去の温もりが伝えられることとなりました。 専門家:荒木毅が手掛けた戸建リフォーム・リノベーション事例:『矢来の家(減築)』過去の記憶や温もりを残す減築リフォームのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

Office

Office

Tumblrで見つけた画像。 モノを全然置かないで部屋をすっきり見せるのは簡単ですが、そういう部屋は殺風景で個人的にあまり好きではないです。 この部屋はモノがたくさん置いてありますが、モノに統一感があり、置き方やバランスも見事。 世間では「断捨離」とかいう個人的に好きになれない文化が浸透してきていますが、自分は愛着のあるモノ達に囲まれて、こんな感じの雰囲気の部屋でずっと暮らしていきたい。 これは仕事部屋ですかね?かっこいいな~。

Pinterest
検索