YOUKAI

「何か妖怪?」 あなたのまわりにもいませんか? ひとの話を聞かずに一方的に自分のことだけをしゃべり続けるひと。そんなひとには、きっと「空気知らず」という妖怪が取り憑いているのかも? また、会話の輪には入ってないのにそばでじっと聞き耳を立てるひと。そんなひとには「みみだん坊」という妖怪が取り憑いているのかも知れません。
12 ピン0 フォロワー
空気を読まない妖怪のひとつ。ただいるだけでも邪魔、へそを曲げると大きい岩のようにびくとも動かない。いなくなってくれると助かるのだけどと思わせるのを得意とする妖怪。何かの拍子に場の空気が突然重くなったら「妖怪じゃまん」がそばにいるのかも?

空気を読まない妖怪のひとつ。ただいるだけでも邪魔、へそを曲げると大きい岩のようにびくとも動かない。いなくなってくれると助かるのだけどと思わせるのを得意とする妖怪。何かの拍子に場の空気が突然重くなったら「妖怪じゃまん」がそばにいるのかも?

なにかにつけて他人の話に口出しをする女がいた。その女が亡くなってからでも魂が徘徊する。ひとの話声を耳にすると飛んできて口出しをする。口出ししたいだけなので首から上の姿で飛び回る不気味さがある。口がやや突き出しているのも特徴。

なにかにつけて他人の話に口出しをする女がいた。その女が亡くなってからでも魂が徘徊する。ひとの話声を耳にすると飛んできて口出しをする。口出ししたいだけなので首から上の姿で飛び回る不気味さがある。口がやや突き出しているのも特徴。

場の雰囲気に合わないヤツ、会話の中で微妙な流れをつくるヤツ、そんな時には「妖怪・空気しらず」が近づいているかも? その場の雰囲気が変わったならば、一度まわりを見渡した方がよいかも?「妖怪・空気しらず」は普段は存在感を消しているがいたずら好きなので出てゆくチャンスをそっと伺っている。

場の雰囲気に合わないヤツ、会話の中で微妙な流れをつくるヤツ、そんな時には「妖怪・空気しらず」が近づいているかも? その場の雰囲気が変わったならば、一度まわりを見渡した方がよいかも?「妖怪・空気しらず」は普段は存在感を消しているがいたずら好きなので出てゆくチャンスをそっと伺っている。

なにかにつけて余計なおせっかいをしたがる妖怪。頼みもしないのに出たがる妖怪。ひとが楽しくおしゃべりをしていると横から口を出し、その場の空気を濁らせるのを得意とする。貝のように普段は口を閉じて大人しいが、ひとたび楽しそうな会話や雰囲気を醸し出すと待ってましたとばかりに現れる嫌われ者。

なにかにつけて余計なおせっかいをしたがる妖怪。頼みもしないのに出たがる妖怪。ひとが楽しくおしゃべりをしていると横から口を出し、その場の空気を濁らせるのを得意とする。貝のように普段は口を閉じて大人しいが、ひとたび楽しそうな会話や雰囲気を醸し出すと待ってましたとばかりに現れる嫌われ者。

まだ誰も正面からの顔を見たことがない。決して正面の顔を見てはいけないとも言われる。常に哀愁を漂わせているが、ひとたび気に障る言葉がこの妖怪の耳に入ると、凄まじいほどの口撃をうける。機関銃のようにつづけざまに浴びせられる罵詈雑言、ありったけの悪口が口から飛び出す。常に誰かを待っているようなムードをただよわせ獲物を待ち続ける。

まだ誰も正面からの顔を見たことがない。決して正面の顔を見てはいけないとも言われる。常に哀愁を漂わせているが、ひとたび気に障る言葉がこの妖怪の耳に入ると、凄まじいほどの口撃をうける。機関銃のようにつづけざまに浴びせられる罵詈雑言、ありったけの悪口が口から飛び出す。常に誰かを待っているようなムードをただよわせ獲物を待ち続ける。

何かにつけてかかわりを持とうとして割り込んで来る妖怪。会話に口を挟むのはもちろん、大勢で何かをしようとすると必ず割り込んで邪魔をする。やたらとかみつくクセがあるために全てのことがらが好物といえよう。ひとが集まるところには必ず出現するともいえる。

何かにつけてかかわりを持とうとして割り込んで来る妖怪。会話に口を挟むのはもちろん、大勢で何かをしようとすると必ず割り込んで邪魔をする。やたらとかみつくクセがあるために全てのことがらが好物といえよう。ひとが集まるところには必ず出現するともいえる。

他人の会話に聞き耳をたてる。内緒話をしている時に何かの気配を感じたら「妖怪みみだん坊」が近くいるかも知れない。やたらと大きい耳で大好物の内緒話、秘密のことがらを収集する。また、鼻がゾウのように長いのも特徴。

他人の会話に聞き耳をたてる。内緒話をしている時に何かの気配を感じたら「妖怪みみだん坊」が近くいるかも知れない。やたらと大きい耳で大好物の内緒話、秘密のことがらを収集する。また、鼻がゾウのように長いのも特徴。

空気を読まない妖怪のひとつ。ただいるだけでも邪魔、へそを曲げると大きい岩のようにびくとも動かない。いなくなってくれると助かるのだけどと思わせるのを得意とする妖怪。何かの拍子に場の空気が突然重くなったら「妖怪じゃまん」がそばにいるのかも?

空気を読まない妖怪のひとつ。ただいるだけでも邪魔、へそを曲げると大きい岩のようにびくとも動かない。いなくなってくれると助かるのだけどと思わせるのを得意とする妖怪。何かの拍子に場の空気が突然重くなったら「妖怪じゃまん」がそばにいるのかも?

「殿、ご注進!」とばかりに上司や先生に言いつける人っていますよね。そういう人は「妖怪チクリン」に心をのっとられているかも? 妖怪チクリンは他人の悪口が大好物、少しでも悪意のある言葉を言えば、どこからともなく忍び寄って人の心にチクリン毒を注入する。まるで蚊のように小さい妖怪。でも殺虫剤には効果はない。

「殿、ご注進!」とばかりに上司や先生に言いつける人っていますよね。そういう人は「妖怪チクリン」に心をのっとられているかも? 妖怪チクリンは他人の悪口が大好物、少しでも悪意のある言葉を言えば、どこからともなく忍び寄って人の心にチクリン毒を注入する。まるで蚊のように小さい妖怪。でも殺虫剤には効果はない。

最近では見かけることが少なくなった妖怪。特に男性に対して、このような反応を示す妖怪。本人は意識しないまでも「やだ、もー」と、しなをつくって反応する。かつては同性から「ぶりっこ」などと総称されたこともある。これが自然にできる人と演じる人がいて後者は明らかに傍から見るとホルスタイン種にも見えた。ある種、貴重な存在。

最近では見かけることが少なくなった妖怪。特に男性に対して、このような反応を示す妖怪。本人は意識しないまでも「やだ、もー」と、しなをつくって反応する。かつては同性から「ぶりっこ」などと総称されたこともある。これが自然にできる人と演じる人がいて後者は明らかに傍から見るとホルスタイン種にも見えた。ある種、貴重な存在。

Pinterest
検索