Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

「光琳文様」銹絵染付梅花散文蓋物 尾形乾山 江戸時代 18世紀 光琳や乾山など、琳派の作家達による、動植物や自然を大胆にデザイン化した文様は、総称して光琳文様と呼ばれる。梅は古くから日本人に愛好され、文様として様々な場面で使用されるが、これは型紙を使って、梅花のシルエットのみを大胆に表現している。白、紺、茶の三色で表された梅花が重なりあうように配されて、日本的情緒あふれる意匠である。

pin 1

Sanuki Handmade balls

pin 1

Ogata Kenzan (box) Miho Museum

Wajima Shikki, Japanese Lacquerwares|輪島漆器

尾形乾山

Natsume tea container with design of samurai helmet and iris, which are a homonym for "victory"

雲棚 もっと見る もっと見る

Kagami Mochi, Japanese Rice Cake for both Eaten and Displayed through the New Year’s Holiday Period in Japan|鏡餅

OGATA kenzan - for susheee