真一 宮北

真一 宮北

「そんな訳で、ムーミン屋敷は,いつでも満員でした。そこでは、誰でも好きなことをやって、明日のことなんか、ちっとも気に掛けません。ちょいちょい、思いがけない困ったことが起こりましたが、誰もそんなことは気にしないのです。これは、いつだって、良いことですよね。」