Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Stationery

8 ピン108 フォロワー

広めのメモにはA4サイズの「ニーモシネ ノートパッド」を使用しています。マインドマップを書いたり、アイデア出しをしたりするには、やはり広めの紙が重要。細かな方眼が書かれていますが、スキャンの時には消えてしまう作りです。また、カンタンに切り取れるのでスキャンも楽々。パッドのケースにはfilofaxの物を使用しています。

2

母から譲り受けた大切な宝物の一つ。ペリカンの万年筆「スーベレーン」です。私が緑を好きになったキッカケも、この万年筆です。少し太めなので、なかなか使い所がなくて困っているのですが。それでも機会を作っては使うようにしているものです。

2

両親から誕生日のプレゼントにもらった、モンブランのボールペンとシャープペンです。「ノブレス オブリージュ」ってシリーズみたいですね。コレも、思い出と共に手に入れた大切な宝物の一つですね。白色ってのがまた、普通じゃない感じで大好きです。

普段使い用の万年筆「セーラーのプロフェッショナルギア」です。ペン先のサイズは、細めのEFだったかな。国産品ということで、価格も非常に良心的。コストパフォーマンスから言うとセーラーのものはホントオススメできます。

愛用している手帳は「ほぼ日手帳カズン」。デイリーページの大きさや、用途の自由さ、そして何より堅苦しい形式にとらわれないで使える所が気に入っています。”ちょっとチープな感じ”って言うのが、”書く”という行為のハードルを下げてくれているような気がします。

1

Jetstreamの4&1。普段使いのラフな用途で使います。書き味がやっぱりいいですね。ボールペンとは思えない滑らかな書き味と、書き始めのインクの出が良いのが嬉しい。また、ゲルインクよりもリフィルが安価だという点も見逃せません。

伊東屋のメモパッドとケースです。大きすぎず、小さすぎず、サッとメモをするのに丁度いい大きさです。私は「今日のToDo」を書きだすのに使っています。

万年筆のインクはコレ一択。ペリカンのブルーブラックです。初めて万年筆を買ったのその日から愛用し続けているものです。