Sauber C31
ザウバーの2012年F1マシン「C31」。フェラーリ製のエンジンとギアボックスを搭載するザウバー C31は、リアサスペンションにプルロッド式を導入。リアのボディワークは低く絞り込まれた。また、かなり激しい”段差ノーズ”も特徴的だ。 

ザウバー C31はこれまでとは異なるカラーリングを採用。これまで主にサイドポンツーンに使用されていたグラファイトカラーがフロントとリアに配色された。

ザウバー C31 【 F1-Gate.com 】

Sauber C31 ザウバーの2012年F1マシン「C31」。フェラーリ製のエンジンとギアボックスを搭載するザウバー C31は、リアサスペンションにプルロッド式を導入。リアのボディワークは低く絞り込まれた。また、かなり激しい”段差ノーズ”も特徴的だ。 ザウバー C31はこれまでとは異なるカラーリングを採用。これまで主にサイドポンツーンに使用されていたグラファイトカラーがフロントとリアに配色された。

ウィリアムズ FW34
ウィリアムズの2012年F1マシン「FW34」は、15年ぶりにルノー製エンジンを搭載。新テクニカルディレクターのマイク・コフランのも新しいデザイン哲学が注入されたFW34は、昨年マシンからのキャリーオーバーは5%以下となっている。

ウィリアムズ FW34 【 F1-Gate.com 】

ウィリアムズ FW34 ウィリアムズの2012年F1マシン「FW34」は、15年ぶりにルノー製エンジンを搭載。新テクニカルディレクターのマイク・コフランのも新しいデザイン哲学が注入されたFW34は、昨年マシンからのキャリーオーバーは5%以下となっている。


Red Bull RB8
レッドブルの2012年F1マシン「RB8」は、2009年マシンRB5の流れをくむ4代目のマシン。2012年のF1レギュレーションに対応した段差ノーズには、その段差部分にエアインテークらしき穴を確認できる。プルロッドを復活させたエイドリアン・ニューウェイのデザインらしく、RB8のリアは相変わらず低くタイト。全体的に丸みを帯びたボディーワークも特徴だ。

レッドブル RB8 【 F1-Gate.com 】

Red Bull RB8 レッドブルの2012年F1マシン「RB8」は、2009年マシンRB5の流れをくむ4代目のマシン。2012年のF1レギュレーションに対応した段差ノーズには、その段差部分にエアインテークらしき穴を確認できる。プルロッドを復活させたエイドリアン・ニューウェイのデザインらしく、RB8のリアは相変わらず低くタイト。全体的に丸みを帯びたボディーワークも特徴だ。

「そうだね。フェラーリを辞めた頃は考えた。完全に違った人生を考えていたし、モトクロスか何かをやろうと思っていた。でも、長くは続かなかったよ。再びマシンに戻るときが来た」

キミ・ライコネンは、1月23~24日の2日間、バレンシアで2年落ちのルノーR30でテストを行った。テストはライコネンにとって2年ぶりのF1マシンでの走行だった。

「家に帰ってきたようだったよ」とキミ・ライコネンはテストを振り返った。

2年ぶりのF1マシンでの走行だったが、体力的に再び適応するのは難しくなかったとライコネンは述べた。

「まぁ、首は痛いけど、数年前に冬休みを終えてドライビングを再開したときほどではなかった。もっと痛かったと思う」

キミ・ライコネン 「フェラーリ離脱後にレース引退も考えた」 【 F1-Gate.com 】

「そうだね。フェラーリを辞めた頃は考えた。完全に違った人生を考えていたし、モトクロスか何かをやろうと思っていた。でも、長くは続かなかったよ。再びマシンに戻るときが来た」 キミ・ライコネンは、1月23~24日の2日間、バレンシアで2年落ちのルノーR30でテストを行った。テストはライコネンにとって2年ぶりのF1マシンでの走行だった。 「家に帰ってきたようだったよ」とキミ・ライコネンはテストを振り返った。 2年ぶりのF1マシンでの走行だったが、体力的に再び適応するのは難しくなかったとライコネンは述べた。 「まぁ、首は痛いけど、数年前に冬休みを終えてドライビングを再開したときほどではなかった。もっと痛かったと思う」

FIAは、安全性を理由に2012年マシンのコックピット前から150mmのノーズの最大高を基準面から550mmに制限。だが、モノコック前端の最大高は625mmのままであり、フロントのバルヘッドの厚みは最低275mmに定められている。

F1チームは、少しでも多くの空気をマシン下に流したい。だが、前述の制限によりモノコック下に確保できる空間の高さは決まってきてしまい、そこにノーズ高制限を合わせるとマシン上部には75mmの段差が生まれてきてしまう。

マシン上部に段差がないにこしたことはないが、その部分の空気抵抗よりもマシン下のダウンフォースを優先した結果が段差ノーズだといえる。

2012年F1マシン、なぜ段差ノーズがトレンドに? 【 F1-Gate.com 】

FIAは、安全性を理由に2012年マシンのコックピット前から150mmのノーズの最大高を基準面から550mmに制限。だが、モノコック前端の最大高は625mmのままであり、フロントのバルヘッドの厚みは最低275mmに定められている。 F1チームは、少しでも多くの空気をマシン下に流したい。だが、前述の制限によりモノコック下に確保できる空間の高さは決まってきてしまい、そこにノーズ高制限を合わせるとマシン上部には75mmの段差が生まれてきてしまう。 マシン上部に段差がないにこしたことはないが、その部分の空気抵抗よりもマシン下のダウンフォースを優先した結果が段差ノーズだといえる。

ウィリアムズは、ヘレステスト初日となる7日(火)の朝、ガレージ前で新車FW34を発表。新しいデザインのレーシングスーツに身を包んだドライバーのパストール・マルドナドとブルーノ・セナがFW34のアンベイルを行った。 

ウィリアムズ FW34は、ウィリアムズにとって15年ぶりにルノーエンジンを搭載するマシン。また今季マシンですでにお馴染みとなっている段差ノーズはFW34にも装着されている。

この後行われるテストでは、パストール・マルドナドがFW34での初テストを担当する。

ウィリアムズ、FW34を発表 【 F1-Gate.com 】

ウィリアムズは、ヘレステスト初日となる7日(火)の朝、ガレージ前で新車FW34を発表。新しいデザインのレーシングスーツに身を包んだドライバーのパストール・マルドナドとブルーノ・セナがFW34のアンベイルを行った。 ウィリアムズ FW34は、ウィリアムズにとって15年ぶりにルノーエンジンを搭載するマシン。また今季マシンですでにお馴染みとなっている段差ノーズはFW34にも装着されている。 この後行われるテストでは、パストール・マルドナドがFW34での初テストを担当する。

レッドブル RB8がついに発表された。

【動画】 レッドブル RB8 【 F1-Gate.com 】

レッドブル RB8がついに発表された。

「プロモーションのための1日ですし、デモタイヤでのみの走行なので、もちろんマシンを真剣にジャッジすることはできません」と小林可夢偉はコメント。 

「それでも、すべてがスムーズに予定通りに運んだので、良いシーズンのスタートと言えます。実際に完璧に時間通りだったことは、スイスだけでなく、非常に日本的でもありますね」

「マシン、そしてチームと一緒に戻ることができてとても嬉しい気持ちになりましたし、これからきちんとしたテストをするのを楽しみにしています」

小林可夢偉、ザウバーC31をシェイクダウン 【 F1-Gate.com 】

「プロモーションのための1日ですし、デモタイヤでのみの走行なので、もちろんマシンを真剣にジャッジすることはできません」と小林可夢偉はコメント。 「それでも、すべてがスムーズに予定通りに運んだので、良いシーズンのスタートと言えます。実際に完璧に時間通りだったことは、スイスだけでなく、非常に日本的でもありますね」 「マシン、そしてチームと一緒に戻ることができてとても嬉しい気持ちになりましたし、これからきちんとしたテストをするのを楽しみにしています」

ザウバーは6日(月)、スペインのヘレス・サーキットでC31の発表会を開催。レースドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスが新車C31のアンベイルを行った。

ザウバー、C31を発表 【 F1-Gate.com 】

ザウバーは6日(月)、スペインのヘレス・サーキットでC31の発表会を開催。レースドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスが新車C31のアンベイルを行った。

フェルナンド・アロンソは、平凡ではないデザインに興奮したと述べ、フェラーリがアプローチをとったことを嬉しく思っていると述べた。

「最初から新車の第一印象はとても良かったよ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「好きなシェイプだし、このマシンで見られる独創的なカタチは好きだ。初めてマシンを見て驚いたと思うし、それは常にポジティブなことだ。このマシンをかなり気に入っている。速いことを願っているよ」

またフェルナンド・アロンソは、F2012の美学を擁護した。

「僕は革新的なアイデアを持ったマシンが好きだ」

「全てのフェラーリが美しいマシンだと思う。醜いフェラーリや好きになれないフェラーリなど覚えていない。各マシンの赤いカラーとパッションは、マシンを美しくする」

フェルナンド・アロンソ、F2012の大胆なアプローチに満足 【 F1-Gate.com 】

フェルナンド・アロンソは、平凡ではないデザインに興奮したと述べ、フェラーリがアプローチをとったことを嬉しく思っていると述べた。 「最初から新車の第一印象はとても良かったよ」とフェルナンド・アロンソはコメント。 「好きなシェイプだし、このマシンで見られる独創的なカタチは好きだ。初めてマシンを見て驚いたと思うし、それは常にポジティブなことだ。このマシンをかなり気に入っている。速いことを願っているよ」 またフェルナンド・アロンソは、F2012の美学を擁護した。 「僕は革新的なアイデアを持ったマシンが好きだ」 「全てのフェラーリが美しいマシンだと思う。醜いフェラーリや好きになれないフェラーリなど覚えていない。各マシンの赤いカラーとパッションは、マシンを美しくする」

Pinterest
検索