暖簾(のれん) - 店主のだらだら草子 shop entrance -Japan

暖簾(のれん) - 店主のだらだら草子 shop entrance -Japan

215 暖簾 | Flickr - Photo Sharing!

215 暖簾 | Flickr - Photo Sharing!

Ginzan Onsen Fujiya (2006) | Yamagata, Japan • Kengo Kuma + Associates.

Ginzan Onsen Fujiya (2006) | Yamagata, Japan • Kengo Kuma + Associates.

Garden in the 11th day after the summer solstice (Kennin-ji minor Zen temple and in of both feet): Floral scenic-K.W.C. PhotoBlog

Garden in the 11th day after the summer solstice (Kennin-ji minor Zen temple and in of both feet): Floral scenic-K.W.C. PhotoBlog

Japanese garden

Japanese garden

イメージ 7

イメージ 7

雪見障子:冨田秀雄の設計日記 | ホテルオークラ 障子の美しさ

雪見障子:冨田秀雄の設計日記 | ホテルオークラ 障子の美しさ

オーストラリア出身・北海道ニセコ在住のショウヤさんが、日本へわたったのは17年前。元々日本には興味があった。しかし首都東京ではなく、北海道を訪れたのには理由がある。「オーストラリアの学校で勉強するより、その国に行った方が言葉を覚えられる。その点、東京のような大きな街だと英語が話せる人が多いかもしれな…

ショウヤ・グリッグさん

オーストラリア出身・北海道ニセコ在住のショウヤさんが、日本へわたったのは17年前。元々日本には興味があった。しかし首都東京ではなく、北海道を訪れたのには理由がある。「オーストラリアの学校で勉強するより、その国に行った方が言葉を覚えられる。その点、東京のような大きな街だと英語が話せる人が多いかもしれな…

八勝館御幸の間 1950年竣工。設計:堀口捨己。1925年創業の料理旅館(現在は料亭として営業)。北大路魯山人ゆかりの宿としても知られ、その作品が数多く残る。〈御幸の間〉は50年の愛知国体に際し、昭和天皇皇后両陛下の宿泊施設として増築された数寄屋建築。16畳の本間、10畳の次の間、16畳の入側から成る。設計にあたり、堀口が範としたのは桂離宮。細く華奢な柱に支えられた高床や、庭に張り出した月見台、三連の丸い下地窓などにそれが見て取れる。一方、独自の表現も随所に見られる。間口4間(約7.3m)と破格の大きさの中に数々の実験的な取り組みが施された床の間、天井の中央に帯のように埋め込まれた照明、南方渡来の古代裂を用いた襖など。この伝統と革新の融合こそ、〈御幸の間〉を数寄屋でありながら、近代建築とするゆえんでもある。

八勝館御幸の間

八勝館御幸の間 1950年竣工。設計:堀口捨己。1925年創業の料理旅館(現在は料亭として営業)。北大路魯山人ゆかりの宿としても知られ、その作品が数多く残る。〈御幸の間〉は50年の愛知国体に際し、昭和天皇皇后両陛下の宿泊施設として増築された数寄屋建築。16畳の本間、10畳の次の間、16畳の入側から成る。設計にあたり、堀口が範としたのは桂離宮。細く華奢な柱に支えられた高床や、庭に張り出した月見台、三連の丸い下地窓などにそれが見て取れる。一方、独自の表現も随所に見られる。間口4間(約7.3m)と破格の大きさの中に数々の実験的な取り組みが施された床の間、天井の中央に帯のように埋め込まれた照明、南方渡来の古代裂を用いた襖など。この伝統と革新の融合こそ、〈御幸の間〉を数寄屋でありながら、近代建築とするゆえんでもある。

「瓦 庭」の画像検索結果

「瓦 庭」の画像検索結果

Pinterest
検索