Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

(:o

24 ピン3 フォロワー

CPUTON 演出メモ on

【難題!広く捉えて狭く描く】 狭い部屋の全体を写すためには広角レンズが必要だが、意図せず広い部屋に写ってしまう。しばし映像ではここに生じる難題に取り組まねばならない。つまり写す範囲は広く、部屋は狭く見せるというレイアウトだ。

2

CPUTON 演出メモ on

“【結構まるーく収まるレイアウト術】 人の視野は円形に近い。物事を円形のフレームに収めるのは自然で理に適っている。 適当な楕円フレームにレイアウトを描くことで、絵の焦点も収まるべきところに収まる。後から標準フレームを付け足せばよい。”

2

CPUTON 演出メモ on

“【演出の要求を見極める】 「このカットは狭い場所をうまくレイアウトするだけでなく、狭い場所に喘ぐ少年の苦痛を絵にしてほしい」演出の要求は様々だ。 カットによっては芝居や表情を優先し、それをレイアウトに反映しなくてはならないものもある。”

1

CPUTON 演出メモ on

【レイアウトで微妙な空気感をサポート】 右のテーブルは直線基調の堅苦しい感じ、左のテーブルはやや広角の曲線基調でやわらかな感じ。構図でその場の空気感をサポート。イメージや特別なエフェクトを使わずスマートにドラマの意図をレイアウトする。

1

CPUTON 演出メモ on

“【闇の居場所がある構図】 生まれた瞬間から光で覆われている絵。絵は自然界の描写を支配する「光源と方向」といった法則を無視しても描ける。問題は闇の居場所を作り出すこと。闇が覆う範囲をコントロールすることで絵に初めて絵に光が生まれる。”

1

CPUTON 演出メモ on

CPUTON 演出メモさんはTwitterを使っています: "【絵の密度をまとめる】 絵の密度をコントロールして絵をまとめやすくする。一生懸命描き込んでも乱雑に見えてはせっかくの努力も水の泡。密度をまとめることで絵のポイントが絞られ、見やすくなる。アニメでは背景さんの労力も減らす手段にもなる。 http://t.co/767bjWIIm6"

1

CPUTON 演出メモ on

"【サインはV 速攻レイアウト】 画面に適当にVサインを描き、そこから思い浮かぶレイアウトを速攻で描く。身の周りには絞り込まれたVの字構図が多く存在する。縦横斜め、色んなVの字。単純な形からイメージすることで自分のレイアウトを鍛えよう。 http://t.co/qMqqrQ2FLo"

1

CPUTON 演出メモ on

【ぽっちゃり型、やせ型、お好みの空間はどっち?】 絵の空間は、太らせたりやせさせたりさせることで、自在に意図を変化させることが出来る。変化した空間の性格はキャラクターの芝居にも反映され、狙いを強調した構図を作り出すことが可能だ。 http://t.co/1ftnk4lzeF

CPUTON 演出メモ on

The latest Tweets from CPUTON 演出メモ (@cputon). …とあるアニメ演出家の描いた演出メモ 「絵や映像には絶対にこうしなければという決め事は無いのです。そこにあるのは製作者の伝えたい思い。それを伝えるために絵や映像は時として美しく奏でる詩のようにアレンジされるのです。制作者には皆、それぞれアレンジのルールがあり、この演出メモはその中の小さな一つ」. TOKYO

CPUTON 演出メモ on

"【結構まるーく収まるレイアウト術】 人の視野は円形に近い。物事を円形のフレームに収めるのは自然で理に適っている。 適当な楕円フレームにレイアウトを描くことで、絵の焦点も収まるべきところに収まる。後から標準フレームを付け足せばよい。 http://t.co/vsY43xy3E4"

1