higuchiyuko:ヒグチユウコ2012きのこ展出品

higuchiyuko:ヒグチユウコ2012きのこ展出品

落合芳幾 真写月花乃姿絵

落合芳幾 真写月花乃姿絵

十一月十五日火性の人うけニ入 落合芳幾 1859~1873年頃 “大津画かへうた もろなをがかほよへおくる文・ふり袖すがたの力弥に小なみ・ふたりがゑんやの御けらいで・ふッと手に入る縞のさいふ・ふかあミ笠の侍ふたり・風にふかれてゐるわいな・ふじの根ちかく親子の道行・深手にくッせぬ加古川本蔵・さすが・ぶし・ふびんハ娘小なミぞな・ぶしも及ばぬ儀兵衛の男気天川や・雪のふる夜に・目出度本望とげまする 山々亭有...

十一月十五日火性の人うけニ入 落合芳幾 1859~1873年頃 “大津画かへうた もろなをがかほよへおくる文・ふり袖すがたの力弥に小なみ・ふたりがゑんやの御けらいで・ふッと手に入る縞のさいふ・ふかあミ笠の侍ふたり・風にふかれてゐるわいな・ふじの根ちかく親子の道行・深手にくッせぬ加古川本蔵・さすが・ぶし・ふびんハ娘小なミぞな・ぶしも及ばぬ儀兵衛の男気天川や・雪のふる夜に・目出度本望とげまする 山々亭有...

落合芳幾:<象図>

落合芳幾:<象図>

Fish Market at Nihonbashi (Nihonbashi uo-ichi), from the series Souvenirs of Edo (Edo miyage no uchi) / Yoshiiku 江戸みやげの内 日本ばし魚市 落合芳幾 1861年1月

Fish Market at Nihonbashi (Nihonbashi uo-ichi), from the series Souvenirs of Edo (Edo miyage no uchi) / Yoshiiku 江戸みやげの内 日本ばし魚市 落合芳幾 1861年1月

続・動物の浮世絵画像を貼ってみる : 風流荘風雅屋

続・動物の浮世絵画像を貼ってみる : 風流荘風雅屋

yajifun:  soshi mon’yoshu 草紙文様集(草子絵文様集)の貼込帖 西垣武一...

yajifun: soshi mon’yoshu 草紙文様集(草子絵文様集)の貼込帖 西垣武一...

こちらは芳年の兄弟子である落合芳幾による「太平記英勇傳:真柄十郎左衛門直澄」(慶応3年刊行)時期的には1年しか違いませんが、前者と違い こちらは本名での掲載。構図上の制約はあるものの太郎太刀の長さを より強調した描写となっています

一魁斎正敏@浮世絵スキー&狼の護符マニア on

こちらは芳年の兄弟子である落合芳幾による「太平記英勇傳:真柄十郎左衛門直澄」(慶応3年刊行)時期的には1年しか違いませんが、前者と違い こちらは本名での掲載。構図上の制約はあるものの太郎太刀の長さを より強調した描写となっています

felidae catching cheese [] 浮世絵の猫 [] by Tsukioka Yoshitoshi 月岡芳年 [] [30 April 1839 – 9 June 1892] [] widely recognized as the last great master of the UKIYO E genre of woodblock printing n' painting [] [] [] 月岡 芳年(つきおか よしとし、1839年4月30日(天保10年3月17日) - 1892年(明治25年)6月9日)は、日本の画家。幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師である。姓は吉岡(よしおか)、のちに月岡。河鍋暁斎、落合芳幾、歌川芳藤らは歌川国芳に師事した兄弟弟子の関係にあり、特に落合芳幾は競作もした好敵手であった。また、多くの浮世絵師や日本画家とその他の画家が、芳年門下もしくは彼の画系に名を連ねている。

felidae catching cheese [] 浮世絵の猫 [] by Tsukioka Yoshitoshi 月岡芳年 [] [30 April 1839 – 9 June 1892] [] widely recognized as the last great master of the UKIYO E genre of woodblock printing n' painting [] [] [] 月岡 芳年(つきおか よしとし、1839年4月30日(天保10年3月17日) - 1892年(明治25年)6月9日)は、日本の画家。幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師である。姓は吉岡(よしおか)、のちに月岡。河鍋暁斎、落合芳幾、歌川芳藤らは歌川国芳に師事した兄弟弟子の関係にあり、特に落合芳幾は競作もした好敵手であった。また、多くの浮世絵師や日本画家とその他の画家が、芳年門下もしくは彼の画系に名を連ねている。

『英名二十八衆句』は全部で28枚あり、月岡芳年と落合芳幾はその半分の14枚ずつを描いた。

『英名二十八衆句』は全部で28枚あり、月岡芳年と落合芳幾はその半分の14枚ずつを描いた。

Pinterest
検索