地味になりがちな秋冬のコーディネートに白を一つ 入れる。見た目の印象も、自分自身の心も華やぎます。たとえば、ホワイトデニムで!足元はレオパード柄のオペラシューズでパンチを少しプラスしました。寒い日にはH&Mでこの前買った黒いニットのレッグウォーマーをくしゅくしゅっとプラスしてよく着ています。黒・白・ベージュの王道配色だから、クリーンにまとめ過ぎないことがポイント。

地味になりがちな秋冬のコーディネートに白を一つ 入れる。見た目の印象も、自分自身の心も華やぎます。たとえば、ホワイトデニムで!足元はレオパード柄のオペラシューズでパンチを少しプラスしました。寒い日にはH&Mでこの前買った黒いニットのレッグウォーマーをくしゅくしゅっとプラスしてよく着ています。黒・白・ベージュの王道配色だから、クリーンにまとめ過ぎないことがポイント。

王道配色のバージョン 黒、白、ベージュ。 いつも着るとホッとする 自分らしい配色のひとつ。 私のワードローブに欠かせない ホワイトデニム。そこへボーダーを着て、 トレンチをはおって。 ストールをぐるんと巻いて小物で黒を効かす。 今の気分をちょっぴり盛り込むと 新しい気持ちになって いつもの配色が、また好きになる。

王道配色のバージョン 黒、白、ベージュ。 いつも着るとホッとする 自分らしい配色のひとつ。 私のワードローブに欠かせない ホワイトデニム。そこへボーダーを着て、 トレンチをはおって。 ストールをぐるんと巻いて小物で黒を効かす。 今の気分をちょっぴり盛り込むと 新しい気持ちになって いつもの配色が、また好きになる。

赤色が映える正統派トラッドスタイル

赤色が映える正統派トラッドスタイル

圧倒的なセンスの良さでカリスマ的ファッションが魅力な”オリヴィア・パレルモ”特集!

圧倒的なセンスの良さでカリスマ的ファッションが魅力な”オリヴィア・パレルモ”特集!

Celine-Luggage-Sizes

Celine-Luggage-Sizes

コーディネート詳細(タイトスカートをキュートに着る)| Kyoko Kikuchi's Closet|菊池京子のクローゼット

コーディネート詳細(タイトスカートをキュートに着る)| Kyoko Kikuchi's Closet|菊池京子のクローゼット

20150113.jpg

20150113.jpg

季節と季節を繋ぐスタイル

季節と季節を繋ぐスタイル

あなたのファッションにも取り入れられそうなコーディネートは見つかったでしょうか?パリジェンヌから学ぶモノトーンコーデを参考にぜひ素敵な春を過ごしてくださいね。

あなたのファッションにも取り入れられそうなコーディネートは見つかったでしょうか?パリジェンヌから学ぶモノトーンコーデを参考にぜひ素敵な春を過ごしてくださいね。

強めのアイメイクで着たいワンピのスタイル

強めのアイメイクで着たいワンピのスタイル

Pinterest
検索