Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

全身のエクササイズ

6 ピン52 フォロワー
全身を使うシェイプアップ

■筋トレ+有酸素運動 「もうこなったら筋トレも 有酸素運動もやってやる!」 という人は脂肪をバンバン燃やす チャンス! 「そんなにキツいのは無理」 という人も、筋トレと有酸素運動、 それぞれを無理のないレベルで やればOKです。 この2つの組み合わせで、 脂肪がバンバン燃やすためには 2つのルールがあります。 ■脂肪燃焼ルール 1.筋トレを先にやる 2.筋トレを20分やったら 有酸素運動をスタート! この2つのルールを守ることで、 脂肪をバンバン燃やすことができます。 ■メカニズム 筋トレは開始直後から ノルアドレナリンという ホルモンが分泌されます。 このホルモンは脂肪分解酵素を 活性化し、脂肪を燃えやすく していきます。 筋トレ開始20分後に 有酸素運動を開始すると 最初から脂肪をエネルギーとして 使うことができるため、 脂肪がバンバン燃えていくというわけです。 有酸素運動→筋トレの順番では ノルアドレナリンの分泌が 少ないため、脂肪燃焼量は 激減してしまうので注意が必要です。

pin 3

【全裸ダイエット】 ■やり方 やり方は簡単!とにかく自身の「全裸」と向かうことです。 ・お風呂あがりに全身鏡で スタイルチェック ・寝室、リビングなどに全身鏡を 置いてとにかく全裸をチャック! 同居している人が居る方は なかなか難しいと思いますが、 1日1回は全裸の自分のスタイルを 鏡でチェックし、気になる部位と 向き合ってみましょう! ■体重計に乗るより効果あり!? 「えっ!いつの間にか太ってる!」 久しぶりに体重を測ったときに、 このような経験があると思います。 毎日体重を測ることによって この落ち込みは回避できますが、 毎日全身(裸)をチェックする だけでも十分なスタイルチェック になります! ハリウッドスターの中には 「もう体重計は要らない!」 と豪語する人が出てくるほど 効果がある「全裸ダイエット」 恥ずかしがらずに自分だけの 空間で実践してみると、きっと 驚きの効果が得られますよ♫

pin 2

■やり方 ※画像参照 1.床に四つん這いになります。 ※画像①参照 2.息を吐きながら背中を 反っていき、肩甲骨を 天井に向かって突き上げる ように寄せていきます。 ※画像②参照 3.肩甲骨をしっかりと寄せた 状態で10数えたら、 リラックスして四つん這いに 戻ります。 これを10回やりましょう。 ■POINT 両腕をつっぱり、肩甲骨を しっかりと寄せましょう。

pin 2

【V字ツイストで全身痩せ!】 お腹を中心に、全身しっかりと シェイプアップできる エクササイズをご紹介! ■やり方 ※画像参照 1.床に座り、両足を揃えて ひざを曲げ、背筋を伸ばします。 2.カラダをゆっくり後ろに倒し、 両足も一緒に床から離します。 3.両腕は、両手の平を合わせて まっすぐ真上に伸ばします。 ※画像①参照 4.体をV字にキープしたままで、 ゆっくりと息を吐きながら 上半身をねじっていき、 同時に両腕を開いていきます。 ※画像②参照 これを左右交互に、10回やりましょう。 ■POINT 1.ツライ時ほど呼吸をするように意識しましょう。 2.上半身全体をしっかりとねじるようにしましょう。 一見お腹だけのエクササイズに見えて、全身にしっかりと効果があります! 是非毎日やってみましょう。

pin 1

【バランスエクササイズ】 ■やり方 ※画像参照 1.背筋を伸ばし、正面を向いて立ちます。※画像①参照 2.左足先から頭が一直線になるように保ち、右足は軽く曲げて画像②のように上半身を前傾していきます。 ※画像参照 3.画像②の体勢で息を吐きながら10秒キープし、ゆっくり元に戻ります。 4.直立の姿勢に戻ったら、次に反対(右足)側を上げながら同様の動作をしましょう。 これを合計10回(各5回)やりましょう♫ ■POINT 1.常に背筋を伸ばして行いましょう。 2.体を前傾したときは両手を前に出してバランスをとりましょう。 3.軸足がグラグラしないように、お尻、お腹にしっかりと力を入れましょう。 全身の細かな筋肉まで刺激できるエクササイズです! 全身一気にシェイプアップしたい人は是非チャレンジしてみましょう♫

■やり方 ※画像参照 1.床にうつ伏せになり、両手両足は伸ばします。 2.両手両足はピンと伸ばし、 全身もまっすぐな状態を 保つようにします。 3.両脚は閉じて、伸ばした手は 手の平を床に向けます。 ※手は肩幅に開いて伸ばします。 4.両脚を天井に向かって上げ、 両手は床に着く直前まで下げます。 ※画像参照 5.下腹を中心にして、ゆりかごのように 脚を上げる、手を上げるというように 動作します。 ※画像参照 これを20秒〜30秒×3セット行いましょう。