minn
minnさんの他のアイデア
枠に細かなレリーフが施されたクラシックなミラートレイ。 トレイ部分がミラーになるので、ガラス小物やジュエリーを置くと雰囲気がよりアップします。 お気に入りの香水ボトルやジュエリーを並べて、 ドレッサーの上の小さなお気に入りスペースに。  サイズW350×D240×H40mm

枠に細かなレリーフが施されたクラシックなミラートレイ。 トレイ部分がミラーになるので、ガラス小物やジュエリーを置くと雰囲気がよりアップします。 お気に入りの香水ボトルやジュエリーを並べて、 ドレッサーの上の小さなお気に入りスペースに。 サイズW350×D240×H40mm

ただのスリッポン? いえいえ、実は目に見えないすごい秘密が。まずは、こちらの動画をご覧ください(※音声は流れません)。そう、このスリッポン、水を綺麗に弾いてしまうんです!従来のキャンバス素材のスリッポンだと水が浸みたり、汚れやすかったりしていました。SAMUE(サミュー)のスリッポンは、水分を一切受け付けない素材。つまり、醤油やコーヒーをこぼしたりしても弾いてしまう。汚れないので、洗う必要がほとんどない。旅行、アウトドア、BBQでおでかけが多い方、雨でもスリッポンを履いておしゃれを楽しみたい方、スニーカーの汚れが気になっていた方にぜひおすすめの一足です。超撥水なのに、通気性そのままでムレないSAMUE のスリッポンのすごい点は、超撥水のキャンバス生地。キャンバス生地でコットン100%にも関わらず、水を弾きます。汚れやすい環境で避けられなかった土や泥水、思わずこぼしてしまったコーヒーや醤油、そしてワイン。すべて弾いてしまうので、シミをつくりません。その秘密は、SAMUE…

ただのスリッポン? いえいえ、実は目に見えないすごい秘密が。まずは、こちらの動画をご覧ください(※音声は流れません)。そう、このスリッポン、水を綺麗に弾いてしまうんです!従来のキャンバス素材のスリッポンだと水が浸みたり、汚れやすかったりしていました。SAMUE(サミュー)のスリッポンは、水分を一切受け付けない素材。つまり、醤油やコーヒーをこぼしたりしても弾いてしまう。汚れないので、洗う必要がほとんどない。旅行、アウトドア、BBQでおでかけが多い方、雨でもスリッポンを履いておしゃれを楽しみたい方、スニーカーの汚れが気になっていた方にぜひおすすめの一足です。超撥水なのに、通気性そのままでムレないSAMUE のスリッポンのすごい点は、超撥水のキャンバス生地。キャンバス生地でコットン100%にも関わらず、水を弾きます。汚れやすい環境で避けられなかった土や泥水、思わずこぼしてしまったコーヒーや醤油、そしてワイン。すべて弾いてしまうので、シミをつくりません。その秘密は、SAMUE…

アメリカの地図メーカー、REPLOGLE製の12インチ地球儀です。 海底山脈や陸の山脈が立体的に表現されています。 自然の美しさや世界の広さを実感できる美しい地球儀は、 1970年代頃のものとなり、ビンテージらしい雰囲気も魅力です。   サイズ:W295×D295×H395mm  球のサイズ:12inch

アメリカの地図メーカー、REPLOGLE製の12インチ地球儀です。 海底山脈や陸の山脈が立体的に表現されています。 自然の美しさや世界の広さを実感できる美しい地球儀は、 1970年代頃のものとなり、ビンテージらしい雰囲気も魅力です。 サイズ:W295×D295×H395mm 球のサイズ:12inch

1滴1滴じっくりとコーヒーの香りとまろやかな味わいを引き出すスロードリップ式のコールドブリューコーヒー。その美味しさにほれ込んだ、ゲイブとアンディは、家庭でもその味わいを楽しめないかとマシンを探す。しかし、市販品は家庭用には高額だったり、大きすぎるものが多く、またドリップレートが調節できなかったり、プラスチック部品を使用している、シンプルなデザインのものがない、などのデメリットが多いことに気付く。“これまで”のコーヒー・急冷式コーヒー:ホットコーヒーを水や氷で冷やすため、 香りやコクが飛び、水っぽさが残る。・ホットドリップコーヒー:熱湯により苦味や雑味が出やすい。 酸化も早いため、長期保存が不可。・従来の水出し用コーヒー器具:ドリップ式は複雑な構造で高価格、 サイズも大きく収納が大変。 紙パックやプレス式は雑味や微粉が気になる。そこで、プロダクトデザインを学んだ経験を生かし、「自分達で納得のいくものを作ろう!」と決意。3年に渡る試行錯誤を重ねてついに2014年にクラウドファンディングサイト、…

1滴1滴じっくりとコーヒーの香りとまろやかな味わいを引き出すスロードリップ式のコールドブリューコーヒー。その美味しさにほれ込んだ、ゲイブとアンディは、家庭でもその味わいを楽しめないかとマシンを探す。しかし、市販品は家庭用には高額だったり、大きすぎるものが多く、またドリップレートが調節できなかったり、プラスチック部品を使用している、シンプルなデザインのものがない、などのデメリットが多いことに気付く。“これまで”のコーヒー・急冷式コーヒー:ホットコーヒーを水や氷で冷やすため、 香りやコクが飛び、水っぽさが残る。・ホットドリップコーヒー:熱湯により苦味や雑味が出やすい。 酸化も早いため、長期保存が不可。・従来の水出し用コーヒー器具:ドリップ式は複雑な構造で高価格、 サイズも大きく収納が大変。 紙パックやプレス式は雑味や微粉が気になる。そこで、プロダクトデザインを学んだ経験を生かし、「自分達で納得のいくものを作ろう!」と決意。3年に渡る試行錯誤を重ねてついに2014年にクラウドファンディングサイト、…

世界一エレガントなコンゴのお洒落者集団・「SAPEUR」の最新撮り下ろし写真集。世界最貧国・コンゴで、わずか3万円ほどの月収をやりくりしながら高級ブランドのスーツに身を包み、エレガントなステップでストリートを闊歩する世界一お洒落な集団、SAPEUR(サプール)。NHKのドキュメンタリー番組などで取り上げられ、大きな話題になった彼らを沖縄在住のカメラマン・茶野邦雄が現地コンゴに飛び込み命がけで撮り下ろしたのがこの写真集。「ファッションとは自分らしさを表現すること。無駄な争いで服を汚したりしないのさ! 」来日したサプールの一人セヴラン・ムエンゴさんはそう語る。いつまでもこの熱い想いをこの写真集で残しておきたい一冊です。THE SAPEURに関する記事>>世界一お洒落な男たちの「美学」~サプールは、なぜ高級ブランドに身を包むのか~

世界一エレガントなコンゴのお洒落者集団・「SAPEUR」の最新撮り下ろし写真集。世界最貧国・コンゴで、わずか3万円ほどの月収をやりくりしながら高級ブランドのスーツに身を包み、エレガントなステップでストリートを闊歩する世界一お洒落な集団、SAPEUR(サプール)。NHKのドキュメンタリー番組などで取り上げられ、大きな話題になった彼らを沖縄在住のカメラマン・茶野邦雄が現地コンゴに飛び込み命がけで撮り下ろしたのがこの写真集。「ファッションとは自分らしさを表現すること。無駄な争いで服を汚したりしないのさ! 」来日したサプールの一人セヴラン・ムエンゴさんはそう語る。いつまでもこの熱い想いをこの写真集で残しておきたい一冊です。THE SAPEURに関する記事>>世界一お洒落な男たちの「美学」~サプールは、なぜ高級ブランドに身を包むのか~

いつも時間に追われている感覚。朝起きても寝れた感じがしない。スマホからは通知の山。現代人は、気が休まらない。そこでMONOCO編集部がおすすめしたいのが、間接照明。照明ほどの明るさはないけど、リラックス効果と熟睡のために必要な「光」を与えてくれる。理想は暗め、そして赤色に近い電球色。快眠の必須ポイントである「メラトニン」の分泌を増やす効果がある。実用的で美しいデザインの間接照明といえば、不朽の名作、BLOCK…

いつも時間に追われている感覚。朝起きても寝れた感じがしない。スマホからは通知の山。現代人は、気が休まらない。そこでMONOCO編集部がおすすめしたいのが、間接照明。照明ほどの明るさはないけど、リラックス効果と熟睡のために必要な「光」を与えてくれる。理想は暗め、そして赤色に近い電球色。快眠の必須ポイントである「メラトニン」の分泌を増やす効果がある。実用的で美しいデザインの間接照明といえば、不朽の名作、BLOCK…

室町時代から続く日本の伝統工芸品「提灯」。SUZUMO CHOCHIN の生みの親「鈴木茂兵衛商店」は、江戸時代/慶応元年/1865年から続く水府提灯の老舗です。水府提灯の製造は、江戸時代に水戸藩の実質石高が大幅に下回り窮乏化した際、下級士族が自らの生活を支える手段として内職に取り入れたのが始まりと伝えられます。水戸藩領内には西ノ内と呼ばれる丈夫な和紙の産地があり、水府提灯はこの紙を使用した丈夫な提灯として人気を呼びました。「鈴木茂兵衛商店」は、水府提灯の伝統的な技術を現代に伝える数少ない提灯製造問屋です。「提灯」はたたむことの出来る照明器具をいい、必要なときに取り出し、それ以外は小さくしまえて持ち運びが簡単です。昔の人は、今の懐中電灯のように、外出時には提灯を懐に入れて出掛けていました。提灯は、日本人の伝統文化から生まれた、自然に寄り添う明かりです。SUZUMO…

室町時代から続く日本の伝統工芸品「提灯」。SUZUMO CHOCHIN の生みの親「鈴木茂兵衛商店」は、江戸時代/慶応元年/1865年から続く水府提灯の老舗です。水府提灯の製造は、江戸時代に水戸藩の実質石高が大幅に下回り窮乏化した際、下級士族が自らの生活を支える手段として内職に取り入れたのが始まりと伝えられます。水戸藩領内には西ノ内と呼ばれる丈夫な和紙の産地があり、水府提灯はこの紙を使用した丈夫な提灯として人気を呼びました。「鈴木茂兵衛商店」は、水府提灯の伝統的な技術を現代に伝える数少ない提灯製造問屋です。「提灯」はたたむことの出来る照明器具をいい、必要なときに取り出し、それ以外は小さくしまえて持ち運びが簡単です。昔の人は、今の懐中電灯のように、外出時には提灯を懐に入れて出掛けていました。提灯は、日本人の伝統文化から生まれた、自然に寄り添う明かりです。SUZUMO…

ただのスリッポン? いえいえ、実は目に見えないすごい秘密が。まずは、こちらの動画をご覧ください(※音声は流れません)。そう、このスリッポン、水を綺麗に弾いてしまうんです!従来のキャンバス素材のスリッポンだと水が浸みたり、汚れやすかったりしていました。SAMUE(サミュー)のスリッポンは、水分を一切受け付けない素材。つまり、醤油やコーヒーをこぼしたりしても弾いてしまう。汚れないので、洗う必要がほとんどない。旅行、アウトドア、BBQでおでかけが多い方、雨でもスリッポンを履いておしゃれを楽しみたい方、スニーカーの汚れが気になっていた方にぜひおすすめの一足です。超撥水なのに、通気性そのままでムレないSAMUE のスリッポンのすごい点は、超撥水のキャンバス生地。キャンバス生地でコットン100%にも関わらず、水を弾きます。汚れやすい環境で避けられなかった土や泥水、思わずこぼしてしまったコーヒーや醤油、そしてワイン。すべて弾いてしまうので、シミをつくりません。その秘密は、SAMUE…

ただのスリッポン? いえいえ、実は目に見えないすごい秘密が。まずは、こちらの動画をご覧ください(※音声は流れません)。そう、このスリッポン、水を綺麗に弾いてしまうんです!従来のキャンバス素材のスリッポンだと水が浸みたり、汚れやすかったりしていました。SAMUE(サミュー)のスリッポンは、水分を一切受け付けない素材。つまり、醤油やコーヒーをこぼしたりしても弾いてしまう。汚れないので、洗う必要がほとんどない。旅行、アウトドア、BBQでおでかけが多い方、雨でもスリッポンを履いておしゃれを楽しみたい方、スニーカーの汚れが気になっていた方にぜひおすすめの一足です。超撥水なのに、通気性そのままでムレないSAMUE のスリッポンのすごい点は、超撥水のキャンバス生地。キャンバス生地でコットン100%にも関わらず、水を弾きます。汚れやすい環境で避けられなかった土や泥水、思わずこぼしてしまったコーヒーや醤油、そしてワイン。すべて弾いてしまうので、シミをつくりません。その秘密は、SAMUE…

誰もが憧れる「フードドライヤー」がある生活。健康的で美容にもよく、いつもの何気ない食卓を彩ってくれて、何よりもエコ。ちょっとお腹が空いたらドライフルーツやドライベジタブルを食べ、サラダやカレーにドライベジタブル(干し野菜)を添えて食べる。ただし、あなたの生活に当たり前にのようにドライフルーツやドライベジタブル(干し野菜)を取り入れるためにはどうしても大きな壁があるはず。そう、「お手軽さ」。そんなあなたの夢の生活を驚くほど簡単に叶えてくれるのが オランダ生まれのデザイン家電ブランド PRINCESS 社の「FOOD DRYER(フードドライヤー)」。ボタンひとつで生活に“彩り”をFOOD DRYER の使い方は簡単。①食材を切る②FOOD DRYER…

誰もが憧れる「フードドライヤー」がある生活。健康的で美容にもよく、いつもの何気ない食卓を彩ってくれて、何よりもエコ。ちょっとお腹が空いたらドライフルーツやドライベジタブルを食べ、サラダやカレーにドライベジタブル(干し野菜)を添えて食べる。ただし、あなたの生活に当たり前にのようにドライフルーツやドライベジタブル(干し野菜)を取り入れるためにはどうしても大きな壁があるはず。そう、「お手軽さ」。そんなあなたの夢の生活を驚くほど簡単に叶えてくれるのが オランダ生まれのデザイン家電ブランド PRINCESS 社の「FOOD DRYER(フードドライヤー)」。ボタンひとつで生活に“彩り”をFOOD DRYER の使い方は簡単。①食材を切る②FOOD DRYER…

雨の日は、持ち物がひとつ増える。そう傘だ。傘を持っていることによって、普段何気なくしている動作が難しくなり、濡れた傘が持ち物を濡らす。例えば、書類やパスケース、財布をかばんに入れるとき。そして、これらをかばんから取り出すとき。傘という持ち物が増えたことで、服もかばんも当然のように濡れる。持ち物がかばんに入りきらないときは紙袋が増え、帰り道は食材を買ったビニール袋が増える。濡れた傘のコントロールがより難しくなる。そして、傘をたたむとき。電車が混み合っているので傘をたたもうとすると、必ず手が濡れる。レストランやコンビニの傘置き場に置いておくと、隣の傘の出入りが激しく、自分の傘を手に取ったときはまた手を濡らすことになる。混み入った電車で、周りの人の傘が自分の服に触れて濡れたという経験をした方も多いはず。逆さに開けば、自分が濡れない、周りの人も濡れない『CARRY saKASA』…

雨の日は、持ち物がひとつ増える。そう傘だ。傘を持っていることによって、普段何気なくしている動作が難しくなり、濡れた傘が持ち物を濡らす。例えば、書類やパスケース、財布をかばんに入れるとき。そして、これらをかばんから取り出すとき。傘という持ち物が増えたことで、服もかばんも当然のように濡れる。持ち物がかばんに入りきらないときは紙袋が増え、帰り道は食材を買ったビニール袋が増える。濡れた傘のコントロールがより難しくなる。そして、傘をたたむとき。電車が混み合っているので傘をたたもうとすると、必ず手が濡れる。レストランやコンビニの傘置き場に置いておくと、隣の傘の出入りが激しく、自分の傘を手に取ったときはまた手を濡らすことになる。混み入った電車で、周りの人の傘が自分の服に触れて濡れたという経験をした方も多いはず。逆さに開けば、自分が濡れない、周りの人も濡れない『CARRY saKASA』…