Giichi SUZUKI

鈴木義一
16 ピン58 フォロワー
マン島TT

マン島TT

スパ - ソフィア - リェージュ・ラリー(Marathon Spa-Sophia-Liege Rally)に2台のスポーツ500が参加

スパ - ソフィア - リェージュ・ラリー(Marathon Spa-Sophia-Liege Rally)に2台のスポーツ500が参加

第2回の浅間火山レース(1957年)では、350ccクラスに優勝した。車はホンダC-75Z 305cc―このレースでベールをぬいだ。OHCツインのエンジンを積んでいた。

第2回の浅間火山レース(1957年)では、350ccクラスに優勝した。車はホンダC-75Z 305cc―このレースでベールをぬいだ。OHCツインのエンジンを積んでいた。

写真:55年浅間高原レース終了後のライダー達 前列左より 大村美樹夫、本田宗一郎、工藤義人(技術部部長)、中村武夫、谷口尚己の各氏 後列左より 鈴木義一、佐藤市郎、鈴木淳三、高橋邦良の各氏 このうち、スピードクラブのライダーとなったのは義一さん、淳三さん、谷口さんの3名でした。

写真:55年浅間高原レース終了後のライダー達 前列左より 大村美樹夫、本田宗一郎、工藤義人(技術部部長)、中村武夫、谷口尚己の各氏 後列左より 鈴木義一、佐藤市郎、鈴木淳三、高橋邦良の各氏 このうち、スピードクラブのライダーとなったのは義一さん、淳三さん、谷口さんの3名でした。

The 1959 Isle Of Man TT | Motorcyclist

The 1959 Isle Of Man TT | Motorcyclist

最後の浅間レース(1959年)終了後の記念撮影。後列右から二人目が鈴木選手である。この年のレースには、マン島帰りの125ccと、ようやく完成した250cc4気筒マシンを出場させて、両クラスに圧勝した。

最後の浅間レース(1959年)終了後の記念撮影。後列右から二人目が鈴木選手である。この年のレースには、マン島帰りの125ccと、ようやく完成した250cc4気筒マシンを出場させて、両クラスに圧勝した。

写真:59年浅間火山レースライトクラス表彰式 左より 田中健二郎(2位)、島崎貞夫(優勝)、鈴木義一(3位)の各氏

写真:59年浅間火山レースライトクラス表彰式 左より 田中健二郎(2位)、島崎貞夫(優勝)、鈴木義一(3位)の各氏

8月30日、AP電。「日本のレーシング・ドライバー鈴木義一は、8月27日、古我信生と共にスパ・ソフィア・リエージュマラソン・ラリーに出場した。翌日鈴木義一は、ユーゴスラビア国内を走行中に死亡した」。写真は、スパをスタート直前、愛車ホンダ・スポーツ500の前で撮影したものである。

8月30日、AP電。「日本のレーシング・ドライバー鈴木義一は、8月27日、古我信生と共にスパ・ソフィア・リエージュマラソン・ラリーに出場した。翌日鈴木義一は、ユーゴスラビア国内を走行中に死亡した」。写真は、スパをスタート直前、愛車ホンダ・スポーツ500の前で撮影したものである。

TTレース 125ccスタート前のひととき。練習中に右手を負傷し出場を危ぶまれたが、友人とかコミッション・ドクターのOKをとり走った。レース結果は7位であったが、6位の谷口尚己、鈴木淳三(11位)と共にチーム優勝を遂げた。

TTレース 125ccスタート前のひととき。練習中に右手を負傷し出場を危ぶまれたが、友人とかコミッション・ドクターのOKをとり走った。レース結果は7位であったが、6位の谷口尚己、鈴木淳三(11位)と共にチーム優勝を遂げた。

翌1960年もホンダ・チームはマン島に遠征し、彼もそのチーム・ライダーの一員であった。

翌1960年もホンダ・チームはマン島に遠征し、彼もそのチーム・ライダーの一員であった。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索